Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

8月の読書メーターまとめ 

9月ですね。
なんだかこの一週間は過密スケジュールでぐったり気味でした。
ようやく週末だ~!

さて月初めなので先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『カロリーは引いてください!』『十一月の扉』『薬屋のひとりごと』
まんが 『とりかえ・ばや』『マロニエ王国の七人の騎士』

『十一月の扉』は学生時代からずっと気になっていた小説でした!
だいぶ前に読んだ『時計坂の家』も好きでした。カラスだんなのモルト粉入りパンケーキがおいしそう。
『とりかえ・ばや』は毎回はらはらどきどき盛り上がります。沙羅と主上のふたりはなんとか幸せに上手くやってほしい!
岩本ナオさんの新作も深みがあり楽しかったです。
『薬屋のひとりごと』単行本版で読んだきりでしたが続きがあった!ぜひとも読まなければ。

眠いのでこのあたりで……。


先週それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

8月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:3211
ナイス数:241

月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)感想
今回もいたるところで笑って楽しんで読みました。やっぱり最後の堀先輩と鹿島ちゃんでしょうか……村娘のあの子も何気に好き。あと千代ちゃんの混乱した宣言が野崎君にどこまで届いているのか、とか!千代ちゃん好きだしゆかりさんも好きです。いつでもおっとり笑顔のゆかりさんが明らかに要らぬ苦労をしょい込みすぎなのでだれかなんとか対策をたててあげてほしい……。美術部さんの回も好きでした。
読了日:08月27日 著者:椿いづみ
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)感想
昔単行本で読んでいました。イラストが世界観によく合っていて可愛くてきれい。猫猫の淡々としているけど好奇心旺盛で変わり者で知識豊富なところが読んでいて楽しい。彼女なりに後宮でうまく立ち回っているのも良い。壬氏との微妙な距離感も美味しい。壬氏の素顔が出てきた辺りから微笑ましくなってきました。やっぱりこの作品面白いので続きも読みたいです。
読了日:08月24日 著者:日向 夏
薬草園で喫茶店を開きます! (レジーナブックス)薬草園で喫茶店を開きます! (レジーナブックス)感想
菓子職人として働いていた優奈が異世界にトリップして、薬草園の喫茶店をよみがえらせてお菓子を作ったりハーブティーを淹れたりスローライフにいそしむお話。登場人物はみんなのんびりいい人で和むしパンケーキも各種お菓子もハーブティーもおいしそうで読んでいてまったりできました。シュトラエルがユウナのことを一人ずっと苦労してきた孫娘のようにあたたかい愛情を注いでいるのがいいな。本物の孫のトマスさんもいい人だし(笑)。
読了日:08月19日 著者:江本 マシメサ
十一月の扉 (講談社青い鳥文庫)十一月の扉 (講談社青い鳥文庫)感想
中学生の爽子が「十一月荘」で二か月限定で下宿することになるお話。下宿人達と暮らしを共にし打ち解けていくごとに素敵な生活で、昔の少女小説っぽくもあり楽しい。爽子が実在の人をモデルに書き始めた「ドードー森の物語」の出来事が現実世界でも奇妙に一致していく様が面白い。モルト入りの粉で焼いたパンケーキがおいしそう!苑子さんと馥子さんの同級生コンビが好き。口うるさいご婦人が一人娘をなんだかんだ大事にかわいがっているのも好きだなー。爽子と母親の間の気持ちのことも印象的でした。児童書ということですがなかなかに深いです。
読了日:08月17日 著者:高楼 方子,千葉 史子
五徳春秋―時代ロマンシリーズ 4 (プリンセスコミックス)五徳春秋―時代ロマンシリーズ 4 (プリンセスコミックス)感想
舞台は戦国時代、織田信長ゆかりの女性たちのお話しメイン。お市ちゃんと濃姫と信長の三人の関係がなんというか切ない。冬姫のお話が比較的ほのぼのしていて好き。光秀も好きだったんだけどなあ……。
読了日:08月16日 著者:河村 恵利
サトコとナダ 1 (星海社COMICS)サトコとナダ 1 (星海社COMICS)感想
ネットで流れてきた四コマ漫画で知った作品。アメリカでルームシェアしている日本人のサトコとサウジアラビア人のナダの留学生ふたりの日常あれこれ。ナダの暮らしぶりは確かに日本人とは違っているけれど彼女も普通の現代のお洒落で優しい女の子なのだなーとほのぼの。異文化にカルチャーショックを受けつつもおおらかに受け入れてしまうサトコもいい。サトコとナダの友情が読んでいてとても素敵だなあ。この女子会に混ざってみたい!おすしで女子会も楽しそうだしベーグルもじゃがいも料理もマントウもおいしそう!
読了日:08月15日 著者:ユペチカ
長閑の庭(5) (KC KISS)長閑の庭(5) (KC KISS)感想
元子さんと教授の距離感がだいぶ縮んできていて元子さんの初々しい緊張とときめきと喜びが各場面ごとに伝わってきて胸がきゅっとなりました。デートの服装が可愛らしい!榊教授のエスコートのそつのなさ格好良さに惚れ惚れ。舞踏会とかこの二人のイメージに似合いすぎてすごい(笑)。一方の田中さんと樹里ちゃんの方にも動きが。ラブラブカップルになりつつ彼女への想いを捨て切れていないっぽい田中さんと樹里ちゃんの微妙なずれがちくりときます。これからどうなるのか……。
読了日:08月15日 著者:アキヤマ 香
このマンガがすごい! Comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)このマンガがすごい! Comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)感想
原作は未読ですが絵の可愛らしさに手に取ってみる。青春吹奏楽もの導入編みたいな感じでさらっと楽しく読めました。吹奏楽部の内部ってそうそうこんな感じだったよね……と。みんながこれからどこまで到達できるのか楽しみ。
読了日:08月15日 著者:武田 綾乃
夢の雫、黄金の鳥籠 10 (フラワーコミックスアルファ)夢の雫、黄金の鳥籠 10 (フラワーコミックスアルファ)感想
ヒュッレムとイブラヒムの確執のはじまりはそうきますか。これは確かにかみ合わないな……一番かわいそうなのは大人の事情に今後振り回されていくであろうメフメト皇子だなあ。今は仲睦まじい幼い兄弟たちが微笑ましくヒュッレムの出世によりとりあえず平和になった後宮にもほっとしこういう時代が少しでも長く続いてほしいと思ってしまいます。ハディージェとヒュッレムの友情にもできればひびがはいってほしくない、というかイブラヒム夫妻の仲も今後どうなるんだろう。おまけ漫画が良い感じに力が抜けててシリアスな本編の後でほっとします。
読了日:08月14日 著者:篠原 千絵
まるちゃんのはらぺこパンBOOKまるちゃんのはらぺこパンBOOK感想
これはパン好きにはたまらない!イラストがかわいくておいしそうで読んでいて楽しく幸せになれます。冷凍パンの裏技とかトーストのバリエーションとかすぐに真似できそうなアイデアが良い。そして個人的に愛知パン巡りのコーナーがうれしかったです。今度行ってみよう。
読了日:08月11日 著者:まるやま ひとみ
マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
とても好きなファンタジー少女漫画でした。七兄弟の名前が独特で読んでいてもなかなか覚えられなかったけれど(笑)、彼らの名前は一人一人の個性を的確に表していて面白い。クールビューティーなお姫様とリスちゃんのペアがとても可愛くて恋の予感にほんわか。そして長男の眠くないと男勝りの姫君エリーのふたりの距離感がたまらない!です。一行は無事に夜の長い国から戻ってこられるのかどうか。バリバラお母さんのことや過去の事件?や色々明かされていないことも多くこれからどんどん面白くなってゆきそうで楽しみです。
読了日:08月11日 著者:岩本 ナオ
とりかえ・ばや 12 (フラワーコミックスアルファ)とりかえ・ばや 12 (フラワーコミックスアルファ)感想
やっぱりなにより主上と沙羅のロマンスにいちばん盛り上がるのでした!控えめだけれど強く凛とした沙羅の想いもいじましいし大局を冷静に見ている主上の器の大きさと沙羅一人への愛情の深さにぐっとくる。梅壺様はやはり怖いけれど悪人ではないのかなと今回はじめて思いました。睡蓮がたくましく成長しているのもうれしいし彼の想い人ともうまくいってほしい……!吉野君も格好良かったです。大丈夫なのかしら……。そして次が完結とは楽しみですが寂しいです。
読了日:08月11日 著者:さいとうちほ
小説 言の葉の庭 (角川文庫)小説 言の葉の庭 (角川文庫)感想
万葉集の歌がちりばめられた切ない恋の物語。雨や植物や東京の街の描写がすっと染み入るように美しく、人の弱さやどうしようもなさの中にふと光の当たる強さや大切な相手を思うやさしさがまた美しい。「一人でいるということは、あの人がここにはいないと知ること」~孝雄の「孤独」の意味の描写が印象的。なるかみの歌が二つぴったりそろった場面の幸福感たるや。その後が切なくやり切れなかったけれど何か明るい未来も予感できるようなラストでよかったです。雪野さんも孝雄くんも弱さと強さを併せ持っていてどこか同じ雰囲気がありうん、素敵。
読了日:08月11日 著者:新海 誠
鎌倉秘恋北条恋ケ谷 (プリンセスコミックス)鎌倉秘恋北条恋ケ谷 (プリンセスコミックス)感想
明るく元気いっぱいだった少女檜皮姫の秘め恋の相手を思うと切ない。経時と時頼の若き兄弟が難しい政局をふたり必死にこなしている姿が印象的でした。讃岐視点から見た檜皮がまた一層切ない……。
読了日:08月08日 著者:河村 恵利
カロリーは引いてください! ~学食ガールと満腹男子~ (富士見L文庫)カロリーは引いてください! ~学食ガールと満腹男子~ (富士見L文庫)感想
「ハイスペックなデブ」朝生君と学食で働く楓さんの幼馴染ふたりが読んでいてなんとも微笑ましく楽しんで読みました。楓が朝生君に作ってあげているカロリー控えめおいしさに工夫をこらされた数々の料理がなんとも魅力的。ハンバーグも米粉ロールケーキもカレーもみんなおいしそう。作品舞台が大学というのも個人的に親近感がわいてよかったです。朝生家にはなんかまだ事情がありそうですし主役二人の仲も気になるので続き読んでみたいです。
読了日:08月04日 著者:日向夏
かつくら vol.23 2017夏かつくら vol.23 2017夏
読了日:08月03日 著者:

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1693-7dbb6a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)