Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『後宮の烏』白川 紺子 




後宮の奥深くには、妃でありながら夜伽をすることのない、特別な妃が住んでいる。
「烏妃」と呼ばれる彼女は、不思議な術を使い、呪殺から失せもの探しまで、女たちの願いを引き受けてくれるという。
時の皇帝・高峻は、ある以来のために、烏妃の元を訪れる。
彼がまみえたのは、他に並び立つ者のないほど美しい少女であった——。


白川紺子さんのオレンジ文庫の新作。
作者さんとしては珍しい(はじめて?)、中華ものファンタジー小説でした。
Web連載も読んでいて好きだったので、書籍化されるのを楽しみにしていました。

まずはとにかく表紙イラストのうるわしさにうっとりため息。
けぶるまつげや結い上げられた髪や装身具、牡丹の花、黒い衣、細やかな描写のそこかしこに抑えられた色気を感じてたまらないです。
黒一色の衣に鮮やかな赤の牡丹が映えますねえ。まとうのがまだあどけなさの残る少女なので全体的に初々しい雰囲気でまとまっているのがまた素敵。
よくよくみてみると背後にヒーローの姿も浮き上がっています。端正なたたずまいです。

Webで読んでいた第一話からはじまる連作短編形式の物語。
この表紙イラストのイメージにたがわない、美しいお話。夜と影の香りがするお話でした。ひっそり静まり返った闇の中をはだしでひたひた歩き回って世界を愛でるような。「夜明宮」という名が良いですね。
独特の世界観や後宮の制度、お花や装身具や各種小物遣いや諸々の描写が細部までゆきとどいていて上品で美しい。うっとりです。
私は中華もの少女小説というと、まずは今野緒雪さんの『夢の宮』シリーズが昔から大好きなのですが、その流れをくむような美しく上品でミステリアスな雰囲気が、たまらない!!読んでいて嬉しくなってきちゃいました。

ヒロインの烏妃・寿雪は、先代ゆずりの古風な話し方をする、まだいとけない美少女。
その生い立ちゆえ他人に気を許すことができずにつんつんしているけれど、困った人が目の前にいれば結局は手を差し伸べずにいられない、お人好しな彼女です。
彼女の不思議の力の描写もお上手です。牡丹の花を媒介とするところが美しいです。
巫女姫のように力を使い女の苦しみを払ってゆく姿は、どこか『下鴨アンティーク』の鹿乃ちゃんに通ずるものもあるな、と。
そして甘いものにはめっぽう弱いところが可愛い。蓮の実の包子がおいしそう。

そんな彼女の元を訪れた、青年皇帝・高峻。
皇帝となる前皇太后に母や友を殺され辛酸をなめて過ごしてきた彼は、静かで端正なたたずまいの影に、また大きな孤独と傷を抱えていて。
寿雪と高峻は、孤独と傷をかかえた似た者同士で、そんな彼らが心通わせ少しずつ絆を育んでゆく様が、心がじわじわ温もるというか、良かったです。
皇太后への復讐を果たした高峻が寿雪を訪れて独白する場面が特に印象的でした。

心通わせても烏妃とは帝の夜伽をしない身分の妃で。ふたりの関係はあくまでそのまま。
物語は、華やかな後宮の影でひそやかに散った悲しい恋人たちの無念をいくつも癒しつつ、「烏妃」の秘密そのものまで、少しずつつながってゆきます。
なるほどねえ。そういう「禁忌」か。
思っていたよりも壮大な王朝の歴史物語を紐解くことになり、ほうっとため息がもれました。
なんというか、態度はつんけんしていても根は優しく、そして過去をけして恨まない寿雪だからこそ、真実がつまびらかにされても、どこか救いが残っているというか。
その真実を受けての高峻の誠実さもまた胸に響きました。
ふたりで見出したふたりの新しい関係、今の段階では、最大限に良いものだと思いました。
今まで寿雪に冷たかった衛青が寿雪を認めたっぽいのが良かった!(笑)

『翡翠の耳飾り』
郭晧に悪く取られたまま訂正しようとしない高峻に、寿雪がそっと助け舟を出した場面が、印象的で良かったなあ。高峻の不器用さに胸がきゅうっとしました。
班鶯女の件はどうしようもない辛い事件だったけれど、後宮に捨て身の覚悟で真実を調べに来た郭晧の誠実さに、救われる思いがしました。
九九が可愛らしくよいこで寿雪といいコンビだったので、彼女の侍女に迎えられて、嬉しかったです。

『花笛』
花嬢素敵な方ですねえ!名前も素敵。高峻の姉のような立ち位置の佳人で、寿雪にも良くしてくれていて。
過去の恋を未だ忘れずそっと抱いて微笑んでいる様も気高く胸が詰まりました。
花笛の場面、じんときました。
寿雪の親族とおぼしきあやしい人物も登場。

『雲雀公主』
「ひばりひめ」という章タイトルからして素敵です!!
忘れられて暮らしていた寂しい公主様とお友達になった侍女のお話。
彼女が命を落とした本当の理由が他人の悪意によるものではなかったとはいえ、切ない。
寿雪が九九との距離感を量りかねて一人悩んでいる様も印象的でした。九九みたいないいこが侍女にきてくれて、良かった。
不器用な寿雪ととっても器用な細工物を作る高峻のやりとりも微笑ましかったです。確かにどこまでも飛んでゆけそう。

『玻璃に祈る』
ラスボス?冰月でしたが、愛する人の未練をぬぐうと同時に救われていて、これは手遅れではなかったということかな。良かったです。
古の伝説交じりの物語になってきて、こういうの好きなので読んでいて楽しかった。
皇太后の呪詛を身体を張って止めていた彼らの存在に、読んでいて涙がこぼれました。
ふたりの無償の強い愛情がひたひたとせまってくるラストでした。

鳥の名前でそろえられたお妃の名前、とりあえず空いたままの寵姫の座、なんとなくそうなるのかも?という流れはありつつ、ふたりには今のままの関係でいてほしいな、という思いもあり。うむむ。
本当にあるかなしかのこの微糖さ加減がたまらないのです~!大好き。
これからどうなるのか分からないけれど、ふたりの幸せを、まずは第一に願いたいです。
どうなっても、彼と彼女と周囲の人達ならば、色々苦労はしても、最終的には大丈夫な気がします。
続きは読めるのかしら。もし読めたらうれしいなあ。

白川紺子さん、来月の『下鴨アンティーク』の最終巻も、再来月の『契約結婚はじめました』も、とっても楽しみにしています♪

関連記事

カテゴリ: オレンジ文庫

タグ: 白川紺子 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1743-ddea700a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)