Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『蘇我の娘の古事記』周防 柳 




大化の改新~壬申の乱の時代。
蘇我氏の元国史の編纂にも携わってきた渡来人の船恵尺の家には、物語を愛する盲目の美しい娘コダマがいた。
彼女と兄のヤマドリは、動乱の時代の波にさらわれ巻き込まれつつも、父や周囲の人々に見守られ成長し絆を育んでゆく——。


『古事記』がいかに形作られ現代まで受け継がれてきたのかを辿る物語。
陰謀はびこる飛鳥時代の宮中を舞台に、作者さんがみずみずしく豊かな物語を広げてゆかれています。

古代史好きで、『古事記』にも親しみがある私としては、ものすごく面白かったです!!
このタイトルにぴんときたひとは、読んで損はないと思います。
コダマというひとりの娘が物語のメインで、彼女の出生の秘密、成長や恋のお話もとても素敵で、わくわくどきどきしました。
コダマとヤマドリの兄妹ふたりの絆と愛情が美しく真摯で泣ける。
そんな子供たちを秘密を抱えて見守る恵尺お父さんもまた良いのです。

この時代の出来事を、蘇我氏サイド、あるいは天智天皇&大友皇子サイドで見ることは私はあまりなかったので、新鮮でした。
この時代を生き抜くのって本当にサバイバルだな。
個人の感情だけで動いて、結果一族全体を危機にさらしてしまったらもう取り返しのつかない。そう考えると怖い……。
優しく穏やかな恵尺の苦労がしのばれました。

一方国史編纂に並々ならぬ情熱をかけて一生の業とする恵尺さん。
大化の改新時に、そうか、蝦夷はそういうことだったのか……とか思いました。
神さまの時代から伝説の大王の時代から各豪族たちの由来から、ある程度創作の物語を編むように作り上げてゆく様が、なんとも興味深く面白かったです。蘇我氏の成り立ちエピソードにそんな裏があったのかもとか想像するとたのしい。
さらに娘のコダマは、歴史の中の人々が、どんな風な性格でどんな風に生きて恋をしていたのか、隙間を埋めるような物語を愛し、興味深い昔語りを聞いては記憶してゆきます。
各章の合間合間に挿入される、古事記の中の各エピソードの元になっていると思われる昔語りも、親しみやすい語りで、語り手の主観も入っていたりして、なんだか新鮮!

兄と妹の恋、確かに印象的なエピソードが多いなと思いました。
確かにいとしいひとを「妹(いも)」と呼びますものね。
サホビコとサホヒメときくと真っ先に氷室冴子さんの『銀の海 金の大地』を思い浮かべてしまう私です。兄と大王の間で苦悩するサホヒメがかなしい。
そしてそれはヤマドリとコダマの兄妹の関係にも重なってゆく。
気持ちを通じ合わせることができたふたりの場面の幸福感に眩暈がするほどでした。
コダマに忠実で頼もしい小熊がいい。

ただし時代はさらにひとつ大きくうねり、コダマを守るため近江朝廷に忠実に尽くすヤマドリの身にも、暗雲が。
天智天皇と大海人皇子の仲はどちらが善悪とかなんか言い切れないけれど、大海人皇子も本当に食えないお人ですね。大友皇子サイドからみると、確かに、ちょっとなんだかなと思ってしまう……。
生まれ落ちた環境が不幸だったとしかいえない大友皇子。絶望的な状況でも客観的にものごとを見られて淡々とたたずんでいる姿は好感が持てました。
最後のヤマドリと大友皇子の会話の場面が泣けました。この人生、妻のために生きなかったことはないのです。というヤマドリのブレのない愛情、格好いい……すごく切ないけれど……。
そういえばかつて中大兄皇子がヤマドリとコダマを見逃したのは、自身と間人皇女のことを重ね合わせたのかしらとか、ちょっと思ったりしました。
そうそう、皇極天皇が抱えていた秘密にも、うなりました。確かにそういうことなら中大兄皇子があの凶行に及んだのも、説得力があります。

里の方で恵尺が受けた制裁のむごたらしさに言葉を失いました。
白萩の恨みもまた十分すぎるほどわかるんだよな……辛いよう。
子供達と忠実な小熊、大野の尼、そして大兄、頼れる人達がコダマにはいて、そしていずれ物語が彼女を生かして、悲しい中でも救われる思いでした。
大兄(道昭)、ヤマドリとはまた違う頼れる愛情たっぷりのお兄ちゃんで、素敵なんですよね!天武天皇に一矢報いた(?)場面は痛快でした。

このお話、主人公達に惨たらしい仕打ちをする人間でも完全な悪人という書かれ方をしている人がほぼいなくて(中臣鎌足の女性関係の悲しさはなんだかちょっと印象的だった)、そういうところも良かったなと。
だからこそ人が人を欺き命を奪っていく展開が、よけいにやるせなくも思えるのですが。

『古事記』の挿入エピソード、私が好きなコノハナサクヤヒメやヤマトタケルノミコトのものもあって、嬉しかったです。
そうそう、コノハナサクヤヒメの旦那さんの大王は勝手すぎるんですよ!!でも自分に自信がなかった人なんだよな~。語り手がバッサリ斬りつつフォローもしていてなんだか面白かった。
ヤマトタケルノミコトは、私にとってのもう一つの彼の物語、荻原規子さんの『白鳥異伝』を読んで、ようやく救われる思いがします。
たくさん出てくる地名の由来や誰々の子孫やそういうのが、むき出しの悲劇性をいくらか薄めているような気は、しますね。個人の主観ですが。

素敵な一冊でした。
作者さんの他作品もまたチェックしてみよう。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 歴史もの

タグ: 周防柳 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1747-267e92ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)