FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

最近のオンライン小説読みの記録(2018年春~秋編) 

日々ちょこちょこ読んでいるオンライン小説の感想メモまとめ記事です。

響空の言祝コトカゼ 青嶺トウコさん
歌鳥の民の少女・ハフリは、内気な性格と音痴ゆえの劣等感に苛まれ日々を過ごしていた。
そんなハフリの前に現れたのは、翼持つ金色の獣を従えた少年・ソラト。彼に導かれてハフリが目にしたのは、今までとは何もかもが違う土地と人の暮らしぶり——。
完結済。
土と風と空の香りが読んでいると感じられるような、歌鳥と山鳥の地、それぞれの土地の描写がやわらかでみずみずしくて印象的。ていねいに重ねられてゆく情景描写が素敵なのですよ。
爽やかな直球ボーイミーツもののお話。
長い前髪に隠れて世界をおそれて縮こまっているハフリの気持ちに共感し、ソラトに連れられて行った山鳥の地でも最初はすんなりなじめずじたばたして、上手くいかないことばかりで、それでもがんばって人とも触れ合って真心を信じて、読んでいて彼女のことめちゃくちゃ応援してしまいました。
不器用にハフリのことを思いやるソラト君も格好いいヒーローです。番外編の彼視点ではそんなことを考えていたとは!とちょっと笑ってしまった。彼もひとりの若者なのだな。
気が強くはじめはハフリにちょっと衝突していたツムギさん、親切で頑張り屋で不器用で、彼女の事も読んでいくごとに好きでした。
彼女にも幸せになってほしい。
作者様とは、小説を読ませていただく以外にもいつもTwitterで仲良くさせていただいていて、ありがたいです。


生協の白井さんと御曹司』爾月吾華さん
大学生協の食堂の職員白井さん、ある日、職場に設置されたご意見箱への返信係を任されて——。
連載中。
社会人の若い女性が主人公の、ゆる~いタッチで楽しめる、お仕事ものラブコメ、かな?最近はなかなかラブが出てきたかな。
ちょっと世間ずれした真面目でお人好しで仕事熱心の白井さん、すごく好きです。
彼女のご意見箱の意見への返信が本当に丁寧でいい感じにずれてて、おかしみを誘うしにじみ出る人柄の良さに癒されます。
名古屋モーニング、生協でできたら、すごい!
感じの悪い御曹司が途中で出てくるのですが、鈍感な白井さんには色々全く気付かれていないのが微笑ましくもどかしい。
菜々さんと白井さんの友情も和みます。
缶詰のお店デート(?)が楽しそうで私もちょっと行ってみたい。


雨の下の花』雪本さん
ミラが男装して仕えるのはアクアディール公爵家の嫡男・リューベルハウト。
顔と身分は極上だが性格は傲岸不遜で救いようのないブラコンの主人の結婚を危ぶみ、嫁候補探しを密かにはじめるミラ。
完結済。
男装の生真面目で有能で訳あり美少女が頑張るお話!に惹かれて読みはじめてみました。
前半パートはラブコメっぽいノリだったのですが、ミラについてのある重大な秘密が明らかになってからは、シリアスで時に痛々しい展開になってゆきました。
出生からがんじがらめで優しさゆえに枷から逃れられないミラがもう本当にかわいそうで、彼女の幸せを見届けたくて一気読みしてしまいました。
リューベルハウトは後半特によく頑張ったと思います。格好良かった!
なんだか親世代の愛憎劇が主人公世代を時に霞ませるくらい濃かったような(笑)。リューベルハウトのご両親夫婦が好き。
リュシオンとレナディアにも上手くいってほしいな~。ミラに憧れ自分の才覚で未来をきりひらく女の子レナディアが大好きです。


プランナーさんと!【改稿版】』鞠坂小鞠さん
家の事情でバイトに励む勤労学生・真由の憧れの人は、バイト先の結婚式場のウエディングプランナー・都築 陽介。
ある日、バイト仲間に陰口を叩かれていると知った真由は、休憩中に一人で泣いていたところを陽介に見つかってしまう。
涙の理由を聞いた陽介は、真由にある提案を持ちかける。
完結済。
生真面目で苦労性でがんばりやの大学生真由ちゃんと、彼女を見守る社会人ウェディングプランナー都築さんの二人の年の差オフィスラブコメ。
私好みの要素しかない(笑)。
めちゃくちゃ面白かったです~!最後まで一気読みしてしまいました。
R15指定で、けっこう甘々。
年の差カップルの二人ですが、お互いを対等に尊敬し合っていて、すれ違いがあってもお互いに努力してずれを修復してゆくあたり、いいなと思いました。
最初のイメージより都築さんに余裕が全然なくって、読んでいてにまにましてしまったというか、可愛らしかったです(笑)。
真由ちゃんは本当に天使のように善良で可愛らしい女の子で、ひかえめだけど芯が通っていて、仕事熱心で職場の評価も高いし人気もあるし(本人は意識していないけれど)、都築さんの溺愛や苦労も分かろうというものです。
結婚式場のお仕事ものとしても楽しんで読めました。都築さんもお仕事には真面目でどの人もとにかく非常に忙しそうです。
私は真由ちゃんの新しい業務の先輩になった、朗らかで気遣い上手でときどき妄想スイッチが入る仁藤さんがお気に入り。彼女視点の番外編がかなり好きです。
真由ちゃんと都築さんのすれ違いの発端になった事件はなかなかヘビーでずんときましたが。あとでとことんまで追い詰めた都築さんの報復が鮮やかで怖かった……。
都築さんのお姉さん郁さんもいい味出してて好きでした。


僕とエリナの、最後の半年間について』柳坂郁(鞠坂小鞠) さん
自分が死ぬ日のことを幼いころから知っていた少年と、死期のカウントダウンが一年を切ったころから彼に付きまとうようになったクラスメイトの少女の、二人が繰り広げるお話。
完結済。『プランナーさんと!』と同じ作者さんのお話です。
シリアスで時に痛くてでもいとおしい、青春ボーイミーツガールもの。
中編くらいの長さで、バランスよくまとまっていて一気に読んでしまえます。
はじめは反発し合っていた二人が、関わり合ううちに心を許して、それぞれのためにとった行動が、じーんと胸を打ちました。
徹底的に何もかも諦めていた井荻君の変化とやさしさに泣ける。
エリナさんのご両親とのエピソードが特に印象的だったな。お父さんとお母さん、本当のところ、どこまで真実を教え合っていたのだろう。


気になっているお話はもっともっとたくさんあるのですが、やはりいつまでたっても追いつかない(笑)。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1773-0d1e08b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)