FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

12月の読書メーターまとめ 

あけましておめでとうございます。
今年も皆皆さまにはどうぞよろしくお願いいたします。

さっそくですが先月分の読書メーターまとめ記事から。
いつもの通りに追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説  『編集者ぶたぶた』『成巌寺せんねん食堂』『黒猫のいない夜のディストピア』『乙女なでしこ恋手帖』『隣の席の佐藤さん』
まんが  『テラモリ』『サトコとナダ』『3月のライオン』

あああ、ブログでもっともっと感想語りたかった……。
のんびりペースで新刊が出るぶたぶたさんシリーズが私大好きなのですが、今回は特に私自身に重なることも多いお話で、よけいに心に染み入りました。
ぶたぶたさんにはいつも本当に心和まされます。コッペパンサンドにスイーツ食べ歩き、うらやましい!!
十三湊さんの新作もおいしいごはんとクセのあるキャラクターとほんわりやさしいストーリーで表紙で勝手に想像していたよりずっと好みでした(笑)。ヒロインの幼馴染氏のこじらせたストーカーっぷりがドン引きレベルなのですがときめいてしまう(笑)。
『黒猫』シリーズ第二期も良かったです。黒猫と付き人の仲が知らぬ間にここまで?と進展していてびっくりしました。美味しいドーナツ必須です。お母さんの手作りホットケーキも。
『乙女なでしこ恋手帖』完結まで読めて感無量です。深山くのえさんの少女小説の大ファンなので、また新作読みたいです。いつまでも待っています。
『隣の席の佐藤さん』の書籍版も、もともと大好きなお話だったので本当にうれしく読みました。読み終えてから改めてサイト様に飛んで、同窓会番外編とか色々再読してひたっていました。
まんがでは、『3月のライオン』でまさかの『ハチミツとクローバー』のメンバーが登場!しかも私の一番のお気に入りでずっと気になっていたあゆみちゃんと野宮さんの二人のその後エピソードに心臓が止まりそうになりました。うわ~お幸せそうで本当に良かった(涙)電子書籍版もさっそく読ませていただきました。しれっと(きっと内心は必死に)彼女を口説き落とす野宮さんにどきどき。
あと年末に読み進めていたら予想外の糖分増量展開にときめきでごろごろ転がることになった『テラモリ』。
高宮ちゃんと平尾副店長の年の差カップルの初々しく甘々な空気に読んでいるこちらも照れまくり幸せいっぱいでした。
お仕事ものとしても読み応えがあって楽しい。
『サトコとナダ』女の子の友情ものは最高!!
ランドリとボクラノキセキの新刊も読んでいてどきどき胸が熱くなりました!!


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
ぽちりと押していただくだけでもひとつひとつが私にとっては大変うれしくブログを書くだけでなく一日を生きる励みになります。いつもいつも読んでくださる皆さまに心よりの感謝を。そして今年一年の幸いを。

12月の読書メーター
読んだ本の数:27
読んだページ数:5520
ナイス数:402

乙嫁語り 11巻 (ハルタコミックス)乙嫁語り 11巻 (ハルタコミックス)感想
ブランコをこぐタラスさんの生き生きと輝く表情がとても素敵で印象的でした。物静かにこれからの生活の事をきっちり考えているタラスさん良い。スミスさんとこれから困難なこともたくさんあるでしょうが、一緒に幸せになってほしいなと思います。時計のめぐりあわせエピソードは面白かった。
読了日:12月31日 著者:森 薫
テラモリ 8 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 8 (裏少年サンデーコミックス)感想
表紙から甘かったけれど中身も甘かった~!デートもふたりらしい距離感で甘々で読んでいて幸せでした。陽さんのプレゼントも平尾氏のレストランの選択もナイス。一方朝倉さんの方はやはりそうなるか……すれ違いが辛かった。大橋さんと薬院さんはいつのまにこんなに面白いキャラになっていたんだろう。柳川君にも春が来つつあるのかな?
読了日:12月31日 著者:iko
テラモリ 7 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 7 (裏少年サンデーコミックス)感想
西店の女性陣がまたきらきら格好よく仕事に真摯な人ばかりで素敵。三沢さんいい性格になってるな……平尾副店長のダッシュにびっくりしつつ笑ってしまった。陽さんも副店長も頑張ってるな~そして相変わらず空気が甘くてたのしい。
読了日:12月31日 著者:iko
テラモリ 6 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 6 (裏少年サンデーコミックス)感想
社員旅行編。店のメンバーがノリが良く仲良しで楽しかった。薬院さんも彼自身の独特の地位を確立していて良かったな。花さんと店長にはびっくりしました……柳川君の言葉が本当にしみました。陽ちゃんと平尾氏の二人は、確かに学生と社会人だとその辺の意識ちょっと違うよね!分かる!副店長がきちんと歩み寄ってくれてよかったです。最後のプレゼントも素敵。
読了日:12月30日 著者:iko
テラモリ 5 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 5 (裏少年サンデーコミックス)感想
薬院さんどうなることかと思っていたけどトラブルの後徐々にお店に馴染んできて良かった。彼の過去エピソード、人間関係の悪化と影口が読んでいて辛い。朝倉さんもまたひとつ成長した感が。彼の立場も分かる~。そして陽ちゃんと副店長のお食事にときめきが止まらなかったです。真っ赤になって照れている表情やしぐさの一つ一つが可愛い。
読了日:12月30日 著者:iko
乙女なでしこ恋手帖 佳き日の彩り (小学館ルルル文庫 み 1-32)乙女なでしこ恋手帖 佳き日の彩り (小学館ルルル文庫 み 1-32)感想
完結。千鶴と要さんが幸せそうで読んでいるこちらも満足です。最後まで読むことができて良かった。若奥様は女学生で不愛想な旦那様は少女画家さんという設定が時代にしっくり馴染むシリーズだったなあ。蝶子さんなんて諦めの悪い……と思っていたけど二人の素の仲睦まじさには敵わなかったようで、いい気味。東明の長兄がまともな人で父親をあっさりあしらっていってくれたのもよかった。小夜さんと幹也さん私も実はほんの少し心配だったのですが、杞憂だったかな。旦那様のためにケーキをこさえる千鶴ちゃんに幸せのおすそ分けをもらいつつ読了。
読了日:12月30日 著者:深山 くのえ
テラモリ 4 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 4 (裏少年サンデーコミックス)感想
一気に少女漫画な展開に(とても好きです)。陽ちゃんに振り回されている副店長が楽しかった。過去エピソードの大橋さんが良い人でちょっと見なおしたり。しかし陽ちゃんは確かに落ち着いて少し余裕もできてきてるし可愛くなりましたねえ。バレンタインのひと騒動がお気に入りエピソード。
読了日:12月28日 著者:iko
成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん (メディアワークス文庫)成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん (メディアワークス文庫)感想
『ちどり亭にようこそ』とは舞台を異にして北陸のお寺さんと精進料理屋さんのお話。でも丁寧に作られるふくふくおいしそうなお料理とゆったり心和む雰囲気はこちらでもやはり堪能できました。千束さんが実家で少しずつ打ち解けて東京での経験も活かし自分の道を考えていく姿が良かった。サリちゃんとの交流が印象的。そして清道と隆道兄弟もかなりのインパクト。隆道のストーカーっぷりがすごい。けれどうっかりときめいてしまった。二人ともこじらせてますねえ……。由紀子さんの手作りお菓子も印象的でした。かば焼きもどきが特に気になりました。
読了日:12月26日 著者:十三 湊
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)感想
ずっと気になっていた作品をようやく。正義君とリチャードの関係がなかなか程良くて二人のときどきかみ合わない会話も楽しい。時々うかつで未熟ででも真直ぐな正義君、名前のが表す通りの男子学生という感じ。彼の祖母と母の物語を辿っていった最初のお話がいちばん好きでした。ヒロイン役の谷本さんゆるふわ可愛らしい系かと思えば好きなものにはがっつりでなんか格好いい。ロイヤルミルクティーと東京の老舗の美味しいお菓子を食べたくなってきます。宝石の各エピソードも楽しかった。
読了日:12月24日 著者:辻村 七子
黒猫のいない夜のディストピア黒猫のいない夜のディストピア感想
第二期スタート。黒猫の不在と付き人の周囲の不穏な動きにはらはらしながら読んでいきましたが、黒猫が付き人に手を差し伸べたタイミングが絶妙で彼の愛情にじわりと。主役二人になんとなく人間味が増した気がします。個人的には『竹取物語』の解釈がとても面白かった。母と娘の二人独特の関係と愛情も良かった。笑ってしまったのは「黒猫が白髪になっちゃったら白猫だね」辺りのやりとり。あとドーナツとホットケーキを食べたくなってきます!特典のデザート小話も幸せな気持ちになれました。
読了日:12月23日 著者:森晶麿
ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS)ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS)感想
いち日さんの凛とした生き様がとても素敵。彼女の料理の才能に惚れ込み父兄とは違う道を行きたい周君との距離もちょっとは縮まったかな。この二人が仲睦まじい夫婦になる日は来るのか、なんかまだ障害ばかりでしょうが楽しみです。お土産の豆餅を喜ぶいち日さんがかわいい。フリカッセ親子丼もおいしそうだな。
読了日:12月22日 著者:磯谷 友紀
3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)感想
恋愛はちょっと混線しているけれど(笑)、零君と周りの人たちの関わり合いがあたたかく優しくて本当にここまで読んできてよかったなと思います。新作スイーツがおいしそうだしあかりさんとひなちゃんの試行錯誤が読んでいてとても楽しい。そしてまさかのハチミツとクローバーとのシンクロ。あの表紙が伏線だったなんて全く思いもしませんでした!個人的にお気に入りで最も気になっていた野宮さんとあゆみさんのその後が幸せそうでなんだか胸がいっぱいになりました。
読了日:12月22日 著者:羽海野チカ
エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)感想
元気で賢くていざというとき度胸のある十三歳のエフィ姫がとにかく可愛くて自然と応援してしまいます。というか本当にレオンでいいんでしょうか(失礼)。第二話でのエフィの活躍がとても良かった。ちょっと懐かしい感じの少女小説でした。
読了日:12月21日 著者:甲斐 透
後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)感想
第二弾。静かで透き通るような上質の文章で紡がれる中華後宮ファンタジー。花や自然のものの描写が美しい。普通の皇帝と妃ではない分一風変わった物語で展開が読めずに面白いです。つんけんしてるけれどお人好しで優しい寿雪と心に深い傷と空虚を持つ高峻がお互いの存在を救いに思い距離を縮めていく様にこちらの心も温かくなる。とはいえそう単純に二人で幸せになるわけにはいかないようで、まだ語られていない何かが不穏。寿雪の周りに彼女自身を慕う人たちが次第に増えてきていて微笑ましい。梟の語りも衝撃的でしたが冬官の件もなかなか……。
読了日:12月21日 著者:白川 紺子
テラモリ 3 (裏少年サンデーコミックス)テラモリ 3 (裏少年サンデーコミックス)感想
陽ちゃんと副店長色々大変だったけど最終的に分かりあえてよかった。そこのところはさすが店長というか。というか試験期間とアルバイトをここまで一人で頑張りぬいた陽ちゃんすごすぎる。逆に平尾さんを励ますのもすごい。糖分もちょっと出てきてここから面白くなっていきそうです。
読了日:12月19日 著者:iko
編集者ぶたぶた (光文社文庫)編集者ぶたぶた (光文社文庫)感想
ぶたぶたさん編集者もやはりはまってます。今回は特に私自身にささるエピソードがいくつかあって読んでいてちょっと泣けてきた。こういうのは辛いと思っていいんだ。文壇カフェのコッペパンサンドやハンバーグがおいしそうすぎる。グルメライター体験の甘いもの食べ歩きも楽しそうでした。最後のお話がなんだか印象的。千草さんも麻紀さんも思わず応援してしまいます。
読了日:12月18日 著者:矢崎 存美
サトコとナダ 4 (星海社COMICS)サトコとナダ 4 (星海社COMICS)感想
完結。良い漫画でした。サトコとナダの女の子同士の友情がシンプルにとてもとても好きでした。お別れの場面に涙。何年か後の再会のひとこまも良かったです。ケーキセットとホットチョコレートね。ケビンくん頑張ったな!ナダの婚約者アブダーラさんもご家族込で良い人でサトコとナダの周りの友人達もみんな愛着がわいてきて本当にお別れするのが寂しかった。読んでいると世界が広がる心地がします。
読了日:12月18日 著者:ユペチカ
舞妓さんちのまかないさん (8) (少年サンデーコミックススペシャル)舞妓さんちのまかないさん (8) (少年サンデーコミックススペシャル)感想
キヨちゃんとすーちゃんの絆が相変わらず素敵。そしてメガネさん姉さんと理子ちゃんのやりとりもなんだかんだいいコンビだな。甘いたこやきにスコーンにあんこ入りアップルパイ、おいしそうだな~。健太君のキヨちゃんへの想いも、きゅんときました。あそこでしゃもじと答えるのがさすがキヨちゃん。お母さんの謎がひっそりと。
読了日:12月16日 著者:小山 愛子
海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)感想
完結。鎌倉の地で周囲の人と深く付き合い試練を経験して姉妹はそれぞれ本当に成長して変わったのだなあとしみじみ。福田さんとおばちゃんのエピソードに最後まで目頭があつくなりました。吉乃さんと坂下課長のエピソードが個人的にはもう少しほしかったかな!すずちゃんと風太君が巻を経るごとにお似合いのカップルになってきているのも読んでいて嬉しい。番外編でまた色々感じるものがありました。この家族の中真っすぐ優しい青年に育っている和樹君の人生に幸があってほしい。
読了日:12月15日 著者:吉田 秋生
算法少女 (ちくま学芸文庫)算法少女 (ちくま学芸文庫)感想
実際に江戸時代に数学書を父と共に書いた女性がいたとは、興味深い。素直で賢い町娘あきの、立身出世物語という訳ではないけれど、父仕込みの算術で人生を切りひらいていくお話。児童書っぽい雰囲気ですらすら読めました。子供達に教えている場面がやっぱり好きかなあ。あと友が偉くなっても態度を変えず仲良しのままのおけいちゃんが結構好き。ライバルとして登場したけど鞠つきで仲良くなった宇多ちゃんも良かった。
読了日:12月15日 著者:遠藤 寛子
隣の席の佐藤さん (一二三文庫)隣の席の佐藤さん (一二三文庫)感想
Web版既読。大好きなお話が書籍化してとても嬉しいです。表紙イラストのふたりも素敵で嬉しい。サクラの花の優しい色がこうしてみるとぴったり。そつなく器用で素直じゃない山口君が佐藤さんに最初は苛々しつつ次第に惹かれていく心情がとても丁寧につづられていて素直にきゅんときます。山口君も佐藤さんも読むごとにいいこで可愛いなあ。大好き!C組のお友達の出番がちょこちょこあって懐かしい面々に再会できたのも良かった。クラスメイト目線の番外編の微笑ましさは何度読んでも頬が緩みます。クラスメイトにはやっぱり丸わかりですよね。
読了日:12月15日 著者:森崎緩
そこをなんとか 15 (花とゆめCOMICSスペシャル)そこをなんとか 15 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
完結。恋愛方面は薄めで大きな仕事を一巻分まるまる頑張ってやり切ったらっこちゃんで締めくくりでした。確かに彼女の親しみやすさとバイタリティは得難い。坂下先生の有能さと迫力が効いていました。菅原先生もまっとうな良い人だな……。恋愛については、まあ、この三人らしかったなと納得。赤星君が不憫だし個人的には彼を応援していたので残念なのですが、でもお互いちょっとずつ至らなかったのかな。先んじて人生の問題を色々乗り越えてきた中道先生のアドバイスも良かった。久保田さんの方も頑張ってほしい!
読了日:12月09日 著者:麻生みこと
ちどり亭にようこそ4 ~彗星の夜と幸福な日~ (メディアワークス文庫)ちどり亭にようこそ4 ~彗星の夜と幸福な日~ (メディアワークス文庫)感想
完結。最後まで幸福な日常の物語でとても好きでした。彗太君の成長っぷりがなんとも嬉しく頼もしい。そして花柚さんと総一郎さんが無事に結婚できて本当に良かった。お弁当の中身が分かると楽しみが減るとか言う総一郎さん可愛いな!最後の彼の手紙に込められた妻への愛情に目頭があつくなりました。花柚さんと彗太君の師匠とお弟子の関係もやはり微笑ましく好きです。ブルーベリー餡のチャレンジ、良かった。冬のお弁当のごはんの冷たさはやはり永遠の課題ですよねえ。スープも大根餅も松風焼きもパンケーキもみんなおいしそう!
読了日:12月08日 著者:十三 湊
十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)感想
素直で賢い莉杏ちゃんが非常に可愛くてにこにこ応援してしまいます。口も態度も一見悪いけれど実はちゃんと優しい暁月ともお似合いでしょう。本当に数年たったら名実ともにおしどり夫婦になるんでしょうね。そこまでお話を読んでみたい!後宮の女官たちを自然に味方につけてごっこ遊びで謎解きする彼女はこの歳ですごいと思います。
読了日:12月03日 著者:石田 リンネ
ボクラノキセキ 19巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 19巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)感想
手嶋野君と瀬々君の前世での出来事込みのやりとりがとても読み応えありました。そうだよね、あれだけ思い出すの嫌がってたからね……。こうなってくると元木君の存在が頼もしい。そのモトと広木さんの会話も緊張感が。隠し事があっても信じられる関係っていいな~。春湖ちゃんの葛藤も印象的でした。仁科君お気に入りなのでなんだか色々複雑。小冊子のラストが切なかった。ショートカットの広木ちゃんが可愛い。
読了日:12月02日 著者:久米田 夏緒
Landreaall 32巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)Landreaall 32巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)感想
最初のイオンちゃんとノエル君とおじいちゃんのお話がすごく好き。いつになく大人びた雰囲気のイオンちゃん良いです。受け継がれていくもの、誇りと愛情が、ひたひたと押し寄せてくる。優しい誘拐犯のお話もダンションのお話もいつものメンバーとDX、六甲のかけあいがやっぱり楽しい。お転婆イオンちゃんはピンチを救えるか!トリクシーの侍女二人のエピソードは思いがけず深くシビアで三人の間で結ばれている絆がとても素敵だと思いました。しかしやはりイオンちゃんに春は来ないな~すぐそこにあると思うんだけれど!
読了日:12月02日 著者:おがき ちか
炎の神子様は大精霊ではございません3 (一迅社文庫アイリス)炎の神子様は大精霊ではございません3 (一迅社文庫アイリス)感想
Web版既読。大好きなお話だったので書籍で完結まで読めて良かった!最後まで愛と魔法ともふもふのファンタジーでした。エルフリーデとアルフレートのおしどり夫婦っぷりを読んでいるだけで和む。アルフレートの愛が物理的にも重い。けどエルフリーデの明るい楽天的な性格のおかげでシリアス展開でも読み心地は重たくない。なんかエルとアルの二人は今世における性別の方が絶対いいなと思ってしまいました。クールビューティーながら嫁子大好きなお義母さま可愛らしい。そしてメルヴが大活躍!
読了日:12月01日 著者:江本 マシメサ

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1785-7193e5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)