FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

3月の読書メーターまとめ 

新年度がはじまりましたね。
一週間ようやく終わった。
……(沈黙)

さて先月分の読書メーターまとめ記事を追記より。

ブログに書いていない本で特に良かったもの

小説  浅草鬼嫁日記 契約結婚はじめました 遊牧少女を花嫁に 居酒屋ぼったくり
まんが  トナリは何を食う人ぞ 天使1/2方程式 兄友

感想記事に書こうと途中まで下書きに書いていたのもあったけれど結局何ひとつかたちになりませんでした……。
『居酒屋ぼったくり』とても幸せなハッピーエンドで良かったです。なんかこのままの雰囲気でずっと続いてほしかったなと正直思いもするのですが、ここでピリオドで良かったなとも思います。
『浅草鬼嫁日記』バトル巻で盛り上がった!真紀ちゃんと馨くんのラブラブ度もちょっと上がっていてときめいた!しかし真紀ちゃんが抱え込んでいる複雑な隠し事、真実が重い。
ほのぼの心和んだのは『契約結婚はじめました。』や『遊牧少女を花嫁に』、『兄友』など。おだやかなロマンス良きものです。あとごはんがおいしそう。
『天使1/2方程式』、『世界でいちばん大嫌い』ファンの方は、ぜひ小冊子つきの特装版を購入されることをおすすめします。
そして私はちらりと出てきた有坂さんちの兄妹読みたさに、ついに白泉社公式まんがアプリに手を出してしまいました。か、かわいい……!(しあわせ)


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

3月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:5973
ナイス数:539

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~貴族院外伝 一年生本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~貴族院外伝 一年生感想
ローゼマインの周辺の人々視点の短編集。それぞれの立場によって同じ出来事や人物でもかなり違いがあって読み応えがありました。ハンネローネが可愛い!そして実は本好きではなかったなんて!難しいことは苦手だけど彼女なりに考えてローゼマインに忠誠を誓っているアンゲリカのお話がほっこりして好き。確かにこの兄様なら彼女と上手く歩んでいけるだろうな。それに比べてヴィルフリート君は頑張ってはいるのだけど正直ローゼマインの相手としては不安……。フィリーネやローデリヒ達には頑張ってほしい。ルーフェン先生がなかなか素敵でした。
読了日:03月31日 著者:香月美夜
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員IV」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員IV」感想
比較的穏やかな巻。ヴィルフリートとの結婚話はすんなりいきすぎてて逆にかすかな不安も。でもこれが確かに最善だよな。エルヴィーラとその兄、カルステッド達の関係のお話が新鮮だった。エルヴィーラが第二第三夫人関係で苦労したというのに納得。あとコルネリウスの意中のお相手とは。アンゲリカとリーゼレータの姉妹に意外な共通点がありほのぼの。アーレンスバッハからの花嫁達でまたきな臭い動きが……ゲオルギーネ様の存在が怖すぎ。ギュンターお父さんの最後のお話じんときました。今でもしっかりマインと繋がっている姿がとてもいい。
読了日:03月31日 著者:香月美夜
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員III」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員III」感想
王子様とエグランティーヌ様が幸せそうで良い。あとアンゲリカのお相手がいつのまに!彼女のぶれなさが裏駆け引きばかりの貴族の中では和みます。そして下町とのつながりが切れてしまうときが。辛い。ルッツとギルのふたりの新しい絆にほろりときました。フェルディナンド様の分かりにくい愛情も良かった。確かにローゼマインが貴族にまだほとんど愛着を持てていないのは仕方ない、と思いつつ今後を思うと不安。フィリーネの家族問題には胸が痛くなった。ダームエルとお似合いな気がする!あとハルトムートがますます優秀だけど独特な側近キャラに。
読了日:03月30日 著者:香月美夜
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員II」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員II」感想
かわいいシュミル達がこんな価値あるものだったとは!図書館通いにご機嫌なローゼマインの貴族院生活、側仕え達と信頼関係が生まれしっくり馴染んできてる感じが良かった。トラウゴットの件はずんときましたが、私もダームエルへの態度だけで彼女の側近としてはもうだめだと思う。リヒャルダは苦労しますねえ……レオノーレ視点の番外編で、皆ちょっと主の影響を受けてきてない?と思ってしまった(笑)ヴィルフリート君への認識のずれにおおっと。純粋に恋する王子様は実はけっこういい人かな。そしてエピローグのルッツとベンノさん達も気になる。
読了日:03月27日 著者:香月美夜
兄友 2 (花とゆめCOMICS)兄友 2 (花とゆめCOMICS)感想
お兄ちゃんと秋ちゃんの関係が予想の斜め上でおかしかった。というか秋ちゃん気の毒に……まいちゃんと秋ちゃんの気まずい対面シーンからそれでも心の距離感は確実に縮んで良かった。まいちゃんと西野くんカップルのほっこりラブラブには癒されます。りんごちゃんとのぶこちゃんとの友情話も良かった。りんごちゃんって初登場時からなんか憎めない。
読了日:03月27日 著者:赤瓦もどむ
兄友 1 (花とゆめCOMICS)兄友 1 (花とゆめCOMICS)感想
初々しい主役カップルふたりのやりとりにとても心和みました。所帯じみたというかしっかり者のまいちゃん好きなヒロインです。西野君も本当に純情で紳士的でまいちゃんとお似合いとしか言いようがない。暴君で抹茶スイーツ好きのお兄ちゃんが良いキャラしてる。まいちゃんの友人ふたりもなんかいい。
読了日:03月24日 著者:赤瓦もどむ
エーゲ海を渡る花たち(1) (メテオCOMICS)エーゲ海を渡る花たち(1) (メテオCOMICS)感想
15世紀のヨーロッパ、ふたりの少女が出会い共に旅をはじめる物語。この時代のこの地域の風俗が読んでいてとても新鮮。女の子メインのお話なだけあって服装の描写もきれいでゆるっと説明もあったりして楽しい。ご飯もおいしそう。はねっかえりで商人の才能があるリーゼと物静かで賢いオリハの仲がいい感じ。
読了日:03月24日 著者:日之下 あかめ
カグラ舞う! 1 (ヤングキングコミックス)カグラ舞う! 1 (ヤングキングコミックス)感想
表紙に一瞬構えてしまいましたが、両親の田舎に越してきた女子高校生神楽ちゃんが伝統芸能の「神楽」に触れ地元の親戚の子たちや同級生たちと親しくなり……という基本ゆるめの日常漫画でした。こういうのが暮らしに普通に根付いているのって、外の人間にとっては、少し憧れる。神楽ちゃんと鹿島さんの新入生コンビが不器用でいいこたちで可愛い。なゆちゃんは最強だし昴君自由人だけどやはり格好いい。
読了日:03月24日 著者:佐藤両々
(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
ねここがエピローグで子猫の千春ちゃんに見せたある風景に目頭があつくなりました。私はシリーズ二作目の『ねここや、ねここ』の話がすごく好きなので、ねここ自身の過去と彼女の気持ちも重ね合わせて、たまらないなあ。占い師ユリエさんのお話がお気に入り。先代との関係とか雰囲気とかゲーム大好きなところとかどこか『はるかな空の東』の世界と重ね合わせてしまって、浸ってしまいました。
読了日:03月23日 著者:村山 早紀
恋と呼ぶには気持ち悪い(6)恋と呼ぶには気持ち悪い(6)感想
多丸くん頑張った。いいこだな~しみじみ。彼の友人達のフォローもいい。そして一花ちゃんが自覚してきているね。ふたり確かに年の差はあれでもなんとか上手くいってほしいです。松島さんもすごい頑張ってた。あと渡辺さんカップルの話もうまく効いていました。理緒ちゃんほんと頼もしい。
読了日:03月23日 著者:もぐす
パティシエさんとお嬢さん (2)パティシエさんとお嬢さん (2)感想
完結。もっとふたりの物語を読んでいたかったなあ、と思いつつ、ピュアで幸福な物語の幕引きで、良かったなと思います。水族館デートの場面とか何気ないコマひとつひとつから幸福感がにじみ出てきていてたまらない。ふくふく可愛らしい芙美子さんがおいしそうにものを食べているのが良いです。丈士さんと稜さんの家庭事情がちょっと気になるかな。それにしてもここの兄弟のやり取りも最高に楽しい。シュバルのケーキを味わってみたい!
読了日:03月23日 著者:
天使1/2方程式 8巻 SPまんが小冊子付き特装版 (花とゆめコミックス)天使1/2方程式 8巻 SPまんが小冊子付き特装版 (花とゆめコミックス)感想
とっても久しぶりの新刊!ゆい子ちゃんとマナ君と相原さんの謎の組み合わせのお昼がどうかるかと思いつつ案外いい感じ。素顔の相原さんはそんな悪い子でもないかな、マナ君を雑に扱いはじめるのがおかしかった。主役ふたりのラブラブはかわいい!あと小冊子が豪華仕様でとても良かったです。セカキラの夫婦ふたりネタが読めて幸せすぎる。そして有坂さん家の兄妹ですと!待ってました!!
読了日:03月21日 著者:日高 万里
浅草鬼嫁日記 六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。 (富士見L文庫)浅草鬼嫁日記 六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。 (富士見L文庫)感想
大決戦の巻。千年前から大切な存在を守るために戦い抜く皆の姿が格好良く愛おしい。木羅々ちゃん不思議キャラでしたが可愛いし植物系というかなんか好きだな。凛音とスイの茨姫への愛情にしびれる。そんな眷属たちに複雑な心境を抱く馨くんがやっぱりいちばん好きなのですが!夫婦のラブラブ度が確実に上がっていてときめきました。そんな中馨君の「嘘」が残酷すぎる。重たい秘密を内に抱え込んでいる真紀ちゃんも辛い。組長の秘密にびっくりし、熊ちゃんと虎ちゃんの本気の戦いにずしんときて、茜くんがこの面子の中でも霞まず頼もしく好もしい。
読了日:03月20日 著者:友麻碧
うたかたダイアログ 3 (花とゆめCOMICS)うたかたダイアログ 3 (花とゆめCOMICS)感想
完結。ゆる~い日常の連続でときどき思わず吹き出したり最後まで楽しんで読めました。かがみんへのふたりの息ぴったりな容赦なさが笑えました。眉毛ネタと百瀬さんのフォローが受けました。片野君と朝倉さんが神社でなんとなく通じ合った場面も良かった。お父さんもなんか哀愁を誘うところが結局片野君と似てる。ラストまで二人らしくて幸せで何よりです。
読了日:03月17日 著者:稲井カオル
八雲立つ 灼 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)八雲立つ 灼 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
十代の頃に読んで以来で話をだいぶ忘れていましたが、やはり物語に圧倒的な力があって面白い。確かにゆうかちゃんにとってみたら辛いだろうな。七地君がほとんど変わっていないのにとても安心感。
読了日:03月17日 著者:樹なつみ
かげきしょうじょ!! 7 (花とゆめコミックス)かげきしょうじょ!! 7 (花とゆめコミックス)感想
さらさと委員長の明暗を分けたものとは?に、納得してしまった。それは確かに重要だ。誠実で公正で努力を怠らない杉本さんの人となりが得難いなと思いました。そしてさらさの舞台は別の方向からピンチに。なんだかキラキラしたお話だけれど現実はいつも徹底的に厳しいお話。リサ先輩のスピンオフ、聖先輩がまさかの。意地の悪さも個性として本物の輝きを持っていた彼女の姿が切なすぎる。リサ先輩と聖先輩の関係も、色々なものを含みつついいなと思いました。いつでもさらさの味方な愛ちゃんもいい。愛ちゃん果たしてどうなるか。
読了日:03月17日 著者:斉木久美子
女王の化粧師 (ビーズログ文庫)女王の化粧師 (ビーズログ文庫)感想
Web版既読。確かに物語ははじまったばかり。初期の三人の出会い辺りの雰囲気が新鮮。そしてより少女小説仕様ですっきり読みやすくなり加筆部分も楽しく一気読み。ダイのお化粧する場面がやはり読み応えあって引きこまれる。わがまま落ちこぼれ娘のマリアージュ様ですが人の機微に敏くていらして新参者のダイにわざわざ女王選の事情を説明してくれていたり優しい。ダイとぶつかったラストまで読みぐっと心に響きました。あとヒースは改めて狸だなと思いました。でもダイが絡むとちょっと可愛いよね。ふふっ。挿絵が期待通り美しく華やかで秀逸。
読了日:03月16日 著者:千 花鶏
居酒屋ぼったくり〈11〉居酒屋ぼったくり〈11〉感想
完結。終わってしまったのが寂しいけれど、美音さんと要さんの結婚式と新婚旅行までしっかり見届けられてふたりがちゃんと幸せそうで良かったです。うんうん。要さんの家族なんだかんだ皆いい人だな~顔合わせ食事会も和やかで皆美音さんのこと気にいっていてほっとしました。サプライズプレゼントのリレーが微笑ましかった。皆美音さん大好きですねえ。馨ちゃんのだまこ汁や新婚の食卓のお好み焼きや名古屋グルメや色々おいしそうでした。結婚式にて美音さんの親代わりポジションにいたシンゾウさんやウメさん達にもじわっときました。
読了日:03月15日 著者:秋川 滝美
漫画家先生とメシスタント (富士見L文庫)漫画家先生とメシスタント (富士見L文庫)感想
大好きな少女漫画の作者さん達に、ときどきご飯を作って差し入れることになる女子高生ときわちゃん。今どきの少女漫画業界の事情とかさりげなくネタが仕込んであったり実在のモデルもいくらか盛り込まれていたり楽しめます。ときわの高校生としての悩み事もあ~なんだか分かる分かる!ほのかな恋心にもきゅんときました。お相手はとても誠実な好青年なので将来に楽しみをとっておきたい……。あと親友の結ちゃんもかなりいい味出してて好きです。唐揚げやホットケーキや新鮮な野菜料理や色々美味しいものを食べたくなる。
読了日:03月12日 著者:仲村 つばき
トナリはなにを食う人ぞ ほろよい 2 (花とゆめCOMICS)トナリはなにを食う人ぞ ほろよい 2 (花とゆめCOMICS)感想
今回もラブラブほのぼのご飯もおいしそうで心和みました。ごちそうさまでした。すずなちゃんの真面目ですれてなくて頑張りやなところが好き。瀬戸君も相変わらず色々な面で頼もしい!瀬戸君のおうちもにぎやかで楽しかったです。お魚もうどんもほんとうにおいしそう。あと土屋君もクールビューティーな彼女さんとお似合いでなんか良かった。りっちゃんとの出会いはカレーだったのか!という。
読了日:03月11日 著者:ふじつか雪
遊牧少女を花嫁に 2 (PASH! ブックス)遊牧少女を花嫁に 2 (PASH! ブックス)感想
リュザールと結婚してユルドゥスで暮らすにつれ、アユが生き生きと感情を見せるようになってきて、リュザールとの新婚生活は初々しくも幸せそうで、本当によかった。現在は不当に扱われているわけではなく、大切な人のためくるくると働くアユの姿は良いものです。リュザールも器が大きくてまっすぐで気持ちのいい青年だなあ。アユの作るごはんが相変わらず全部おいしそう。ハルトスの家族には呆れたけど一つ決着がついてよかったです。番外編で本編には表れないイミカンの家族への愛情と頑張りにぐっときました。ある程度理解しているお母さんにも。
読了日:03月10日 著者:江本 マシメサ
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員I」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員I」感想
今度は一気にファンタジー学園ものに。側仕えが一気に増えて少々混乱しつつ皆優秀そうで先が楽しみ。そしてアンゲリカの相変わらずさに和む。何より図書館が最優先なローゼマインのぶっとび具合にハラハラしつつも、確かに分かる。うさぎさんたちがかわいい!ヴィルフリートが二年の間にローゼマインのサポートができるくらい成長したのだなとしみじみしてしまった。エーレンフェストと他の領地と王族と、ようやく立ち位置をざっくり理解。ヴィル君のお茶会大丈夫かな。下町勢と神殿勢の出番が少なくてちょっと寂しい。あとおじいさま微笑ましい。
読了日:03月07日 著者:香月美夜
契約結婚はじめました。4 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)契約結婚はじめました。4 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)感想
椿の葉のもつ翳というのはなんだか分かる。柊一さんのイメージにも通ずるものがある。ともあれ柊一さんと香澄さんの訳あり仲良し夫婦が微笑ましいったらありません。晶紀さんと柊一さんもなんだかんだ馴染んできています。二本松さんと三人の台風のお泊りの場面も楽しかった。そして香澄さんが自分の気持ちを自覚した?場面が好き。最後は今回もすみれ荘。廣田君やるなあ。歩美さん達が幸せになれそうでほっとしました。香澄さんの作るご飯やお土産物の和菓子の類やみんなおいしそうです。
読了日:03月05日 著者:白川 紺子
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女V」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女V」感想
第三部完結。やはり危機的展開。神官長のおかげでなんとか助かったローゼマインだけど一旦ひっこんだ真の敵が不気味すぎる。あとおじいさまがまさかこんな孫娘大好きなお方だったとは。力に任せた暴走っぷり、本当に血がつながっているようだ(笑)。シャルロッテ姫は可愛いし、ヴィルフリート君はまずいことをしてしまったけれど彼の素直さと未来に希望が持てるところはとても良いよ。頑張れ!ダームエル達二人、この世界の身分差の恋は容赦ないな……。ベンノさんとルッツとトゥーリも真摯に頑張っていて心強くて泣ける。フラン視点の話もしみる。
読了日:03月03日 著者:香月美夜
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女IV」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女IV」感想
領主の養女としてこれまで概ね周囲と好意的にやってこれたローゼマイン、次第に水面下できな臭い動きが。マインが発見した恋文はやはり危険物だったな……。ジルヴェスター様の心の弱い部分をフロレンツィア様視点で見られたのも新鮮でした。ゲオルギーネ様はヴェローニカ様よりずっと一筋縄ではいかなさそうでとても怖い。ブリギッテとダームエルのほんのり良い雰囲気とアンゲリカの魔剣騒動に和みました。イルクナーで紙づくりに精を出すルッツとギルたちの頑張りもいいなあ。ローゼマイン様大好きなギルにも和みました。
読了日:03月02日 著者:香月美夜

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1800-7f237bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)