Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

活字倶楽部2010冬号 

活字倶楽部 2010年 03月号 [雑誌]活字倶楽部 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/01/25)
不明

商品詳細を見る


活字倶楽部、冬号です。
2010年か…私のかつくら歴も、長くなってきたものです。

活字倶楽部の冬号といえば、なんといっても、前年の「マイベストブック」特集&人気作家大アンケートでしょう。
特に、作家さんのアンケートに書かれている新年の予定が嬉しい。真っ先にチェックしてしまいます。

私のアンテナにとまったものをメモしておきます。

荻原規子さん
『RDGレッドデータガール』第三巻、春~初夏
徳間書店の「本とも」に、1月からエッセイの連載
『勾玉三部作』文庫化、夏ごろ

加納朋子さん
『七人の敵がいる』集英社、6月 闘う女の物語らしいです。
『佐々良』シリーズ続編 幻冬舎 

三浦しをんさん(エッセイのみのチェック)
『黄金の丘できみと転げまわりたいのだ』ポプラ社 岡元麻理恵さんとの共著のエッセイ

若木未生さん(一部のみのチェック)
幻冬舎コミックスさんのBIRZノベルスで春ごろから『グラスハート』シリーズを新書版で再刊行。各巻に番外編を書きおろし。挿画は藤田貴美さん。

荻原規子さん情報はもう入手してあったので、ここでは触れません。もちろん載っていたのは嬉しいですけれど!
加納朋子さん、今年も『駒子』シリーズ、出さないんだ…(がっくり)。『スペース』が文庫化されたから、ちょっと期待していたんですけれどね。
でも、格好良い女の人が登場しそうな本がでるらしいので、楽しみです。
三浦しをんさんのエッセイ、ワインのお話?らしいけれど、どんなのでしょう。
そして、『グラスハート』シリーズ、再刊行ですか。うわー、気になる…昔、図書館で借りてきて読んで、一時期すっごくはまっていたんですよね。『イデアマスター』実は未読なんですが、今年は読んでしまいそう。

マイベストブック特集では、三浦しをんさんの『神去なあなあ日常』がかなり評価されていて、嬉しくなりました。
一応三重県のお話なので、三重県の知名度が、少しでもアップすると良いな。まあ、神去村イコール三重県だと思われても、それはちょっと困る気がしますが…
『天山の巫女ソニン』の完結紹介があったのも良かったです。『活字倶楽部』に取り上げられているんだから、それだけファンがいたということですよね。やっぱり良いお話でしたよね!
『獣の奏者』『芙蓉千里』…エトセトラ、気になってはいるけれど、未読。

光原百合さんの『イオニアの風』も、読みたいんです、ずっと。ギリシャ神話好きなので。
一度図書館で借りて読もうとしたのですが、登場人物紹介に「カサンドラ」がいないなーと思って、やめちゃったんですよ。(カサンドラは『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』で、エラがかつて演じていたという舞台。であるからには、知りたいじゃないですか。ファンとしては。)

はー、それにしても、今は歴史モノの小説、関連本が本当に増えましたね。
昔は「歴史(特に古代日本史)の本がある」となると、手当たり次第に読んでいたものですが、今はもう多すぎて無理です…(苦笑)。
こんな歴史ブームのときに高校生だったなら、私は日本史であんなに良い成績取れなかったかも。

早くも、次号の特集が楽しみです!
三浦しをんさん特集(笑)。
しをんさんの作家歴は、私のかつくら歴と、なんだか長さが同じくらいなんですよね。実際にしをんさんの本を読み始めたのはもっと遅くですが。

かつくら読者さんのパワーには、毎回ながら圧倒されます。
ネット上でも集まりがあるのですね。私はあまり話題作を読んでいないし、参加できそうにないけれど(汗)、楽しそう。

やっぱり今年も季節ごとに、買って読むことでしょう。しょぼい読者ですが、今年もよろしくお願いいたします。


昨日「マリア様がみてる~子羊たちの休暇&真夏の一ページ~」今日「伯爵と妖精~月なき夜は鏡の国でつかまえて~」の記事に拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: かつくら(活字倶楽部)

テーマ: 活字倶楽部 - ジャンル: 本・雑誌

タグ: 活字倶楽部 

この記事に対するコメント

七人の敵がいる

こんにちは。
加納朋子『七人の敵がいる』は『月曜日の水玉模様』『レイン・レインボウ』の姉妹作のはずです。
駒子さんには会えないかもしれませんが,陶子さんには会えるかもしれません。
私も大変楽しみにしています。
勿論,佐々良町を舞台としたシリーズも。

URL | 森山樹 #WU54VeHQ
2010/01/26 19:27 * 編集 *

Re: 七人の敵がいる

> 森山樹さん
コメントありがとうございます。

ええっ!『七人の敵がいる』って、そんなお話だったんですか。全く知りませんでした。
陶子さんにも会いたいです。会えるかもしれないなら、絶対読みます!
素敵な情報をくださって、本当にありがとうございました♪

コメントと直接関係ありませんが、『イオニアの風』に興味をいだいたきっかけは、ボストン美術館のヴィーナス展だったのでした。これも読みたいなあ…

URL | fallclover #SvKcs0as
2010/01/26 20:01 * 編集 *

イオニアの風

こんにちは。
ヴィーナス展はいい展示でしたね。
この手の主題を絞った展覧会は大好きです。
『イオニアの風』は購入したまま積んであります。
ギリシア神話好きなのですが,読むのはいつになることかなあ(遠い目)

URL | 森山樹 #WU54VeHQ
2010/01/31 20:08 * 編集 *

Re: イオニアの風

>森山樹さん
再びコメントありがとうございます。

私は、美術についてはあまり詳しくありませんが、「ヴィーナス展」は、確かにとても良かったと思います。過去に授業で習った作品などが本物で鑑賞できて、なんというか、圧倒されました。

私も『イオニアの風』、いつかは読みたいですが…「いつか」って、いつでしょうね(苦笑)。

URL | fallclover #SvKcs0as
2010/02/01 15:55 * 編集 *

はじめまして

はじめまして

ちょっとおせっかいを。「七人んの敵がいる」は、「レイン・レインボウ」
の陽子さんのその後の物語です。

ちなみに、昨年春から小説すばる(集英社)に隔月連載中ですから、我
慢できないようでしたら図書館へどうぞ(笑)

残念ながら陶子さんはじめ他のメンバーは今のところ登場していません。

URL | 夜霧 #mQop/nM.
2010/03/07 08:38 * 編集 *

Re: はじめまして

> 夜霧さん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、はじめまして。

おせっかいだなんて、とんでもない!教えてくださって、助かりました。嬉しいです。
陽子さんの物語か…なるほど、いかにも戦う女の物語っぽいですね。

小説すばるで連載されているのですね。私も、今度図書館で確認しに行ってみようっと(笑)。

私の情報アンテナの範囲は狭いので、夜霧さんみたいなコメント、本当にありがたいです。
これからもご気軽にいらしてくださいね♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2010/03/07 18:37 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/362-09e507b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)