Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『マリア様がみてる~特別でないただの一日&イン ライブラリー~』今野 緒雪 

マリア様がみてる ―特別でないただの一日 (コバルト文庫)マリア様がみてる ―特別でないただの一日 (コバルト文庫)
(2004/10/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る


マリア様がみてる ―イン ライブラリー (コバルト文庫)マリア様がみてる ―イン ライブラリー (コバルト文庫)
(2004/12/25)
今野 緒雪

商品詳細を見る


昨日、制服について少々話題にしたことですし、図書館からまた借りてきた『マリア様がみてる』の続きを読みました。
いよいよの文化祭編と、番外集編。

『特別でないただの一日』、ようやく文化祭ですね。でも、あんなに話題が引っ張られていた割には、あっさりしていたような気がしなくもない(笑)。

なるほどね、『とりかえばや物語』か。
私は、氷室冴子さんの『ざ・ちぇんじ!』を読む前に、図書館で借りてきた田辺聖子さんの名作古典シリーズみたいなので読んだことがあったし、原作が割とハードな物語であることは、一応昔から知っていました。
あのときはそうは思わなかったけれど、確かに、親たちの新たな人生のために犠牲になった子どもは、かわいそうだよなあ。
ま、なんにせよ福沢姉弟には、これほどふさわしい物語はないのかもね。

可南子ちゃんのおうちの事情というのは、このシリーズには一見似つかわしくないほどに、重たかったです…
なんだかため息が出てくるな。可南子ちゃんの気持ち、想像もつかないですよ。

でも、志摩子さんのお父様とか、柏木さんの嫌みたらしさ(笑)とか、面白かったです。
そしてまた水野蓉子さまのお姿が…!(嬉しい)

そして今回も、ラストで祥子さまが、強烈発言を残していってくれましたね!
やっぱりどこまでも「小笠原祥子さま」なお方だなあ。そこが良いんですけれど。

『インライブラリー』は、図書館をめぐる番外編いくつかといった感じですね。
色々な人物の別な面が垣間見れて、面白かったです。
静さまのお話は切なかったし、三奈子さまが意外に普通の人で驚いたし(笑)。
それにしても、現代の女子高生が「尾籠な話で恐縮だけど」なんて会話をしているとは…さすがリリアンです。

「チョコレートコート」は、結末が分かっていただけに辛くて、途中で読むのをやめたくなるくらいでした。
通学で一緒になるシチュエーションがリアルで、共感しすぎるほどしてしまいました。

沈んでしまった私の心ですが、「図書館の本」の種明かしで、一気に浮上。ええっ…!すっかりだまされていましたよ。だってまさか、あのひととあのひとが出てくるなんて、想像もしていなかった。
でもそう考えると、祐巳ちゃんと祥子さまは、本当に、何重にも運命的に結びついた姉妹なんですね。

桜のお話を読んでいて、紺野キタさんの『ひみつの階段』に出てくる、プリマヴェーラことすず先輩を思い出してしまいました。
『マリア様が見てる』の世界と、私が知っている作品のなかでは一番似ているので、たまに同時に読んだりして雰囲気にひたりたくなります。

さて、祐巳ちゃんと由乃ちゃんの妹問題は、一体。
続きをまた読まないと。


今日「りんごな一日」の記事に拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: コバルト文庫

テーマ: 少女小説 - ジャンル: 小説・文学

タグ: 今野緒雪 

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2010/02/21 00:43 * 編集 *

Re: こんばんはです。

> コメントありがとうございます。

あらら、こんなにたくさん書いてくださって、嬉しくなってきてしまいますよ。いつもありがとうね♪

とりかえばや物語…今って定番なのでしょうかね。私は、昔模試で「とりかえばや物語」が出題されたとき、人に聞いてみても、「こんなの知らーん」みたいな反応ばっかりだった覚えがあります(苦笑)。
でも、福沢姉弟には本当ぴったり。そっくりもののお姉さんと弟で、双子なわけでもなくって。
可南子ちゃん、高校1年であの現実をつきつけられたら、本当、何とも言えない気分になるでしょうね。今の私の年齢でも、やっぱり拒絶反応おこしそうですし。
蓉子さまも祥子さまも、紅薔薇さんファミリーは、うるわしさが抜群ですね…!一人でひたっています。

インライブラリー、本当、物悲しくなってくるお話でしたね。
でもそういうお話もあるからこそ、「マリみて」の世界は、奥深みがあるのかなー、と思ったりして。
祥子さまと祐巳ちゃん、運命ですよねー。いいないいな。

『ひみつの階段』は、紺野キタさんという方の漫画で、完全版(?)が2巻あります。
姉妹制度はありませんが、恋愛要素のないクラシックな女子校モノという点では、共通しています。機会があれば、手に取ってみてくださいね♪

本当、今でもあなた様が中学生だというのが、信じられないです(失礼ですね。すみません…)
とすると、私と何歳違うんでしょう…うう、考えるのがちょっとびくびくです(笑)。

定期考査か…確かにそういう時期ですね、今は。2週間は長いですよねー。辛いですよねー。
遠くから応援することしかできなくて悲しいですが、頑張ってくださいね!
私のブログも、息抜き程度にお役にたてれば、嬉しいです。
(でもネットのやりすぎには注意してくださいね…!笑。とか言って、私の中学生時代はインターネットを家でできなかったので、いまいちそこら辺の感覚とか分からなかったりします。←いけないいけない、年がばれかけています)

何だかあなた様とこうしてお話していると、祥子さまの祐巳ちゃんへの気持ちみたいなものが、理解できるような気分になります(笑)。不思議なものです。

URL | fallclover #SvKcs0as
2010/02/21 14:07 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/390-275df162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)