Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」を回答します 

去年の9月頃にインターネットしていて出会って、やらせていただこうかな、と思い立ち、取り組むことにした「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」。(問題配布先は、こちら。)

で、取り組み始めたのですが、これが予想外に難しくって、長い間、頭の片隅で気にしてはいたものの、失礼にも放置してしまっていました。だめだめです…

そんな折、いつも楽しみに読ませてもらっている「 - `)。oO(少女小説読みの日記)」のみあさんが、回答を始められたのを、発見。
「少女小説」!(←重要)
回答を楽しく読ませてもらっている内に、「やっぱり、私も回答したいなー」との思いが、再びわきおこってきました。
そんな感じで、足りない頭を必死に絞り出して、何とか100項目、考え出させていただくことにしました。

もっとも、私のせまーい読書範囲では、特定のジャンルに絞った回答なんて、不可能でした。というか、そんなのは最初からあきらめていたと言った方が正しいかな。
そんなわけで、少女小説、一般文芸、児童書、ライトノベル、コミックス…ばらばらです。

回答に当たって、「同じ作品は取り上げない」を貫こうと思っていたのですが…回答しているうちに、「この質問は、どうしてもこの作品がいいな」みたいなものも出てきてしまって。無理に変えるのも不自然かと思って、そういうのは重複させることにしました。
後、シリーズものでは、「シリーズ全体」、「シリーズの中の1作品」、といった感じで、取りあげ方が違うものもできてしまいました。

…そんな感じでだんだんゆるゆるになってきてしまったんですが(汗)、「幼いころから現在にいたるまで、自分で読んだことがあって、かつ私の心に何かを残してくれた作品」を、選んで取りあげたつもりです。
後はまあ、なるべく色々な作品を取りあげるようにしたつもり、かな。

正直、そんなに大したものではないので、「ふーん」といった感じで見てやってください。

回答スタイルは、「 - `)。oO(少女小説読みの日記)」様のものが分かりやすいなー、と思ったので、少々(かなりかも)真似させていただくことにしました。(みあさん、ご快諾いただいてありがとうございました!回答作品がかぶっているものもいくつかあるのですが、大目にみてやってください…)

それでは、次の記事から、回答スタートです。

関連記事

カテゴリ: イメージが結ぶ100の言葉と100の本

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/391-2461d32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」その一とルール

以前、「私の読書歴(その一)(その二)」というのを書いたんですが。 いつの時代に何の本を読んだのかって言うのが、さっぱりわからないん...

月の舟 | 2010/03/23 22:17