Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『“文学少女”の追想画廊』 

“文学少女”の追想画廊“文学少女”の追想画廊
(2008/12/15)
野村 美月

商品詳細を見る


『文学少女』シリーズの、イラスト集です。
シリーズのカラーイラスト、モノクロイラスト、キャラクターのデザイン集のようなもの、作品中に出てくる文学作品の紹介、他の作家さん達のメッセージ、そして特別ショートストーリー「いつか、きみに会う日まで」…などなどといったラインナップ。

私が『文学少女』シリーズをよみはじめたきっかけは、そもそも、細音啓さんの『黄昏色の詠使い』シリーズにはまって、イラストレーターの竹岡美穂さんのイラストに魅了されてしまったのが、大きかったと思います。
記憶をたどってみると、竹岡美穂さんのイラストで一番最初に覚えがあるのは、竹岡葉月さん(姉妹でいらっしゃるようですね)のコバルト文庫『ウォーターソング』。
後は、片山奈保子さんの現代ものコバルト作品とか、雑誌のミニイラストとか、竹岡さんのイラストは、目にするものはどれも、お気に入りだった覚えがあります。
まあそんな感じで、何かと思い入れ深いイラストレーターさんだったので、『文学少女』シリーズを読み始めるにあたって、竹岡さんの画集を購入するのは、私の中ではもう決定しているようなものでした。

ただ、お値段は結構張りましたね…
普段イラスト集など滅多に買わない私が、普通の本を買う感覚でレジに持っていくと…支払うべき金額に、びっくり仰天(汗)。
微妙に後悔しつつも(苦笑)、無事に入手して、家でじっくり目を通しました。

でもまあ、購入して、本当に良かったです。
竹岡さんのイラストを、大判の美しい装丁で、たくさん堪能できることが、こんなに良いことだとは思わなかった。予想以上です。
淡い水彩タッチの色づかいとか、キャラクターたちの繊細な心情の表現とか、こうして画集になってみると、改めて素敵です。きれいな紙でできた頁をめくるごとに、うっとり。
書き下ろしはそんなになかったのですが、それでも十分良かったです。既出イラストがどれもこれも素晴らしいんですから。

カラーイラストがおさめられている部分では、ところどころに本文の一部が挿入されていて、それがまた新たな味わい方を発見できる感じで良かったです。
43頁のゆりと秋良風味のイラストに添えられている、ゆりの日記の一部「はじめて人を好きになった」云々の文章は、遠子先輩本人の思いとも重なっているんだな…としんみりしてしまいました。

私的には、70頁、71頁のイラストが一番お気に入りかな。
遠子先輩と心葉くんのふたりのシーンは、やっぱり本当に和みます。眺めているだけで幸せ。

竹岡美穂さんのイラストメモ&野村美月さんのコメントで構成される各キャラクター語りの部分も、色々と楽しめました。
やっぱり遠子先輩が素敵過ぎます。本当に、何を着てもばっちり絵になる人だなあ。
後、ななせちゃんのスケッチも、可愛らしくて良かったです。
海に向かって叫んでいるななせちゃんが、かなりかわいそうでした…(泣)。これはななせちゃんの本音かなあ。
野村先生、ななせちゃんは、本当に、幸せにしてあげてほしいです。お願いします。

書き下ろしショートストーリー「いつか、きみに会う日まで」は、非常にときめきました。これはもう、最高に大好き!イラスト集ですが、イラストに負けず劣らず大好きです。
大学生になり、作家になった心葉くんが、卒業して帰郷する遠子先輩の予定を聞かされ、会いたい、と心動かされて…みたいな感じの短いお話。
最後の頁の心葉くんの「あいにく、そんなことは予想済みだ。」…以下の部分は、特に大好き。
ううう、ラストのこの殺し文句は、あんまりに効果的すぎて、卑怯だわ。
いつもなんだか頼りなかった心葉くんでしたが、大人になったなー。賢くなったなー…(笑)。
こんな愛の言葉を、一度でいいから、ささやかれてみたいものです。…いや、分かってますよ。絶対に絶対に無理ですが。憧れるだけならいいですよね?

お値段は張りましたが、とても良いイラスト集でした。大満足。
竹岡美穂さん、『黄昏色の詠使い』シリーズとか、他の作品とかも、いつかイラスト集を出してくれないかなあ。


昨日「「伯爵と妖精 ラストダンスはあなたと」谷瑞恵」、「カルピスパン」の記事にそれぞれ拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 『文学少女』シリーズ

テーマ: ライトノベル - ジャンル: 小説・文学

タグ: 野村美月  竹岡美穂 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/593-1d58beab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)