Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

12月の読書メーター 

もう年が変わってしまいましたが、12月の読書メーター、まとめです。
追記にて。

ああ、先月も、漫画の割合が高めでした。
個人的に、色々余裕がなかったせいか、新たな小説を読み始めるハードルが高くなってしまって…(汗)。

感想をぜひとも書きたいと思えるほどに、お気に入りな漫画もいくつかあったのですが、書けないまま新年を迎えてしまったところです。
できればこれから書きたいんですけどね。時間あるかな…

後、『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの再読も、楽しかったです。
年末年始の慌ただしさで、PCをゆっくり触れなくなる前に、『明日への切符』までは、読もうと思っていました。それが達成できたのは、良かった(笑)。

12月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:6364ページ

となりの怪物くん(6) (デザートコミックス)となりの怪物くん(6) (デザートコミックス)
ああ、恋って良いですねえ。皆かわいいったらないです。大島さんと、後ユウちゃんのラブストーリーが印象的でした(笑)。雫とハル君のシーンも、非常にときめきました。
読了日:12月30日 著者:ろびこ
いちひめものがたり〜姫の初恋〜 (ルルル文庫)いちひめものがたり〜姫の初恋〜 (ルルル文庫)
信長&お市&長政の関係が、こんな感じに書かれているお話って、私的にははじめてです(笑)。私はなぜか、じいが一番お気に入り…
読了日:12月30日 著者:智凪 桜
赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)
相変わらず、お話も絵も、とっても私好み。白雪のドレス姿がかわいらしい。しかし、オビがやっぱり一番気になるのです…後、ラジ王子が意外と成長していて、びっくり(笑)。タンバルンの王宮も、今の所はなかなか楽しいですね。
読了日:12月29日 著者:あきづき 空太
戦国おんな絵巻 (光文社文庫)戦国おんな絵巻 (光文社文庫)
個人的に一番意外だったのは、浅井家三姉妹の次女・お初かも。そんなしたたかな人だとは思っていませんでした。大奥のお話はおそろしい(笑)。
読了日:12月27日 著者:永井 路子
身代わり伯爵の冒険 第4巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第4巻 (あすかコミックスDX)
この漫画、やっぱり本当に好きです。ミレーユとリヒャルトはいわずもがな、シルフレイアさまの剣の誓約のシーンとか、薔薇園の管理人さんとか、良かったです。おにいちゃんも格好良い!
読了日:12月26日 著者:柴田 五十鈴
“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)
こんなにたくさんのひとたちのお話を、一冊の本に詰め込んでしまったなんて、すごい(笑)。いろいろな恋のお話を楽しめて、よかったです。そして遠子先輩、やっぱり大好きです!ますますきれいなひとになったなあ。最終巻が待ちきれません。
読了日:12月25日 著者:野村 美月
となりの怪物くん(5) (デザートコミックス)となりの怪物くん(5) (デザートコミックス)
読了日:12月24日 著者:ろびこ
となりの怪物くん(4) (デザートコミックス)となりの怪物くん(4) (デザートコミックス)
読了日:12月24日 著者:ろびこ
となりの怪物くん(3) (デザートコミックス)となりの怪物くん(3) (デザートコミックス)
読了日:12月24日 著者:ろびこ
身代わり伯爵の冒険 第3巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第3巻 (あすかコミックスDX)
天然同士の、ふたりどきどきシーンに大変ときめきました(笑)。ミレーユかわいい…!巻末のおまけ漫画も面白かったです。ひそかに私のお気に入りキャラがいます(笑)。
読了日:12月23日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)
リヒャルトの甘く優しげな顔立ちと、ふるまいの格好良さがたまりません。ミレーユも本当にかわいらしい。良い漫画ですね、これは。
読了日:12月23日 著者:柴田 五十鈴
となりの怪物くん(2) (デザートコミックス)となりの怪物くん(2) (デザートコミックス)
読了日:12月23日 著者:ろびこ
桜の下の人魚姫 (コバルト文庫)桜の下の人魚姫 (コバルト文庫)
再読です。表題作もいいし、続編も大好きです。透明で優しいロマンス。ドイツ菓子を食べてみたい(笑)。
読了日:12月22日 著者:沖原 朋美
亡鬼桜奇譚 (花とゆめCOMICS)亡鬼桜奇譚 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月22日 著者:斎藤 けん
暁のヨナ 3 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 3 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月21日 著者:草凪 みずほ
暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月21日 著者:草凪 みずほ
暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月21日 著者:草凪 みずほ
身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)
原作の良さを全然損なっていない、読みやすくて楽しい少女漫画で、びっくりしました。はじめの方の、髪の長いミレーユがかわいらしくてお気に入りです。ジュリアさんも素敵な女性です。
読了日:12月20日 著者:柴田 五十鈴
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
表紙では正直惹かれなかったのですが(汗)、中身の漫画はとても好みでした。ふとした折に見せる表情が、とってもきれいでかわいい。
読了日:12月19日 著者:ろびこ
恋のドレスは明日への切符 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)恋のドレスは明日への切符 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)
再読その5。今読んでみると、昔の印象よりはるかに動きのある巻でした。恋愛面は進んでないけれど、お話としてはすごく進んでいます(笑)。ラストシーン、シャーロックのあの行動は、本気で感嘆。そこまでクリスを大切に想っていながら、どうして恋心をはっきりと認められないかなあ(苦笑)。色々な人が、それぞれ頑張った。
読了日:12月19日 著者:青木 祐子
うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)
ふんわり軽めで優しいお話。さらさらのまっしろな小麦粉を、てのひらですくいあげてみた感じににているかも。三人の女の人とゆうこちゃんとのそれぞれのやりとりにほのぼのしました。特に美和ちゃんが好き。美味しいパン屋めぐりができる高校生、うらやましい(笑)。
読了日:12月18日 著者:瀧羽 麻子
クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)
人のあたたかさが身に染みました。小春ちゃんのお話と、森田屋さんのおばちゃんのお話が特に好き。
読了日:12月18日 著者:末次 由紀
ローデンシュアの魔女―ハロウィンの夜に魔法のキスを (一迅社文庫アイリス)ローデンシュアの魔女―ハロウィンの夜に魔法のキスを (一迅社文庫アイリス)
個性的な幽霊たちが、次第にリジィに打ち解けていくお話の流れが、なんというか本当にあたたかくて、ほろりときました。スーのフライパン攻撃が最高(笑)。「ハロウィンの夜に魔法のキスを」というサブタイトルが内容をよく表していて素敵。
読了日:12月16日 著者:神尾 アルミ
はなうたう-淵国五皇子伝- (一迅社文庫 アイリス こ 3-3)はなうたう-淵国五皇子伝- (一迅社文庫 アイリス こ 3-3)
登場人物全員が、かわいらしいなー。西洋文化圏で生まれ育ったカナンが、東洋の文化にあれこれ馴染んでいく過程も好きです。個人的にカナンと善のふたりの場面があんまりなかったのがやや残念ですが(笑)、でも面白く読めました。
読了日:12月12日 著者:古戸 マチコ
くいいじ 上巻くいいじ 上巻
さくさくと読める、美味しいエッセイでした。食べ物に関する執着というか何と言うか、実際に食べているものの好みは違うけれど、私もすごく良く分かるなー。漫画家さんならではのエピソードも時折混じっていて、漫画好き人間としては、それもまた楽しかった。
読了日:12月11日 著者:安野 モヨコ
草の上 星の下 (クイーンズコミックス)草の上 星の下 (クイーンズコミックス)
表題作の二人姉妹のお話は、私自身は姉の方ですが、どちらにもそれぞれ共感できるものがありました。「プリズム」のゆずちゃんが、良い子すぎて泣けてきます…他のお話も全部すてき。
読了日:12月11日 著者:谷川 史子
とりかえ風花伝 3巻 (花とゆめCOMICS)とりかえ風花伝 3巻 (花とゆめCOMICS)
これはこれで完結していますが、完結編も読まないと、最後まで読み切ったことにはならないんでしょうね。そしてやはり清くんが好きです(笑)。
読了日:12月11日 著者:柳原 望
とりかえ風花伝 2巻 (花とゆめCOMICS)とりかえ風花伝 2巻 (花とゆめCOMICS)
大太郎がなんだか切ない…信貞さまと清秀のコンビが好きです。おめかしした風花はかわいらしい。
読了日:12月11日 著者:柳原 望
はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)はなひらく 淵国五皇子伝 (一迅社文庫 アイリス こ 03-02)
ラストに幸せな気分にひたれるお話でした。変わった設定で、ちょっと分かりづらくもありましたが、私の好み的には合いました。苦労性なカナンが、魅力的な女の子で大好き。善も好き。
読了日:12月10日 著者:古戸 マチコ
プリンセスの系譜 (講談社X文庫 さN- 1 ホワイトハート)プリンセスの系譜 (講談社X文庫 さN- 1 ホワイトハート)
扱っている素材の割には、ヒロインがあんまり苦労していない気もしますが…(笑)、お相手は一体誰なんだろう?と、最後までどきどきしました。お菓子がものすごく凝っていて、美味しそう(笑)。いかにも乙女の夢といった感じのかわいいロマンスでした。
読了日:12月10日 著者:桜木 はな,秋咲 りお
カントリー・ハウスは恋のドレスで ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)カントリー・ハウスは恋のドレスで ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)
再読その4。モアティエ家のどろどろの部分、この巻をはじめて読んでいたころは当然ながら気づかなかったですが、今読み返すとすでにあれこれエピソードが…!モアティエ公爵のかたよった愛情は、ちょっとあれだなあ(苦笑)。後、この巻はなんといっても、ピンク色のドレスを着たクリスが可愛いー!女の子同士でわいわい楽しんでいる雰囲気も好きです。
読了日:12月08日 著者:青木 祐子
恋のドレスと薔薇のデビュタント ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (あ16-11))恋のドレスと薔薇のデビュタント ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (あ16-11))
再読その3。この巻はやっぱり、パメラが格好良いですねえ!イアン先生との仲もここからスタートといったところでしょうか。少しずつお互いに惹かれていくクリスとシャーリーも、どきどき。ファニーとケネスは、シリーズのゲストの中でも特に好きなカップルです(笑)。ノラも好きよ。
読了日:12月07日 著者:青木 祐子
P.S.アイラブユー (クイーンズコミックス)P.S.アイラブユー (クイーンズコミックス)
きれいな星空の下を、大切な人と一緒に、歩いていけたらいいな。なんとなく、そんな気分になりました。お話も絵も、やさしくてせつない。
読了日:12月05日 著者:谷川 史子
狼と勾玉 ~今宵、三日月を弓にして~ (コバルト文庫)狼と勾玉 ~今宵、三日月を弓にして~ (コバルト文庫)
丁寧に調べこまれていて、言葉づかいも細部まで美しく、しかも読みやすい、いきいきと面白い古代史ものを読めました。嬉しい。神様との駆け引きとか、どきどきしました。最後、想いが通じ合った後のふたりが微笑ましかっただけに、今後はどうなるのでしょう…気になります。
読了日:12月04日 著者:本宮 ことは
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と白の貴公子 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と白の貴公子 (角川ビーンズ文庫)
今回は、アンとシャルの雰囲気もほのぼのと進展して、陰険な嫌がらせをうけつつも、アンのことをきちんと分かって助けてくれる人達も確かにいてくれて、ラストにはこみ上げてくるものがあってとても良かったのですが…ラストのアンとシャルに、呆然。シャルが、アンを愛おしく想うがゆえの選択に、泣きそうになりました…続きが気になって仕方がありません。
読了日:12月04日 著者:三川 みり
ちょっと江戸まで 4 (花とゆめCOMICS)ちょっと江戸まで 4 (花とゆめCOMICS)
ラストがものすごく気になります…それにしても、そうびの行く末が全然読めないのですが、どうなるんでしょ。大奥の仕組みとか、今回もためになる知識があって嬉しかったです。
読了日:12月03日 著者:津田 雅美
〈勾玉〉の世界 荻原規子読本〈勾玉〉の世界 荻原規子読本
まさにファン待望の一冊ですね。スピンオフのお話、私のお気に入りの奈津女と柾視点…!狭也と稚羽矢のふたりを第三者の目から読むと、色々新鮮で面白かったです。その後の展開を知る身としては切ないものもありますけれど。後、ひろみ主人公の短編3作も、なかなか素敵な吹奏楽部の中学生の青春ストーリーで、読む前に思っていたよりも面白かったです。対談等は、時間があるときにじっくり読みたい感じ。
読了日:12月02日 著者:荻原 規子
伯爵と妖精 愛の輝石を忘れないで (コバルト文庫)伯爵と妖精 愛の輝石を忘れないで (コバルト文庫)
色々な伏線が次第に明らかになってきつつ、辛い展開に胸を痛めつつ、主役二人の絆にじーんときつつ、レイヴンやケリーたち脇役キャラに和みつつ…それにしてもお話があれこれ入り組んでいて、私も途中で何度も迷子になりかけました(苦笑)。回想のふたりの幸せなシーンを思い返すと目がうるみます…エドガーとリディアに、早く平穏な日々が訪れますように。
読了日:12月01日 著者:谷 瑞恵

読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

あけまして・・・

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

数日前の記事にコメントになってしまいました。。。

『クーベルチュール』、読まれたんですね!私も読んでます。
私もこの本、好きです。『ちはやふる』という競技かるたのコミックも連載されていますが、どちらかというと、私はこちらの方が好きです。
2巻、もうそろそろ出ないかな~?と楽しみにしてます。
(『ちはやふる』もオススメですが、『ハルコイ』もオススメですよ)
この方の絵は、本当に少女マンガって感じの絵だなぁと思ってしまいます。

あと谷川史子さんの本、2冊とも私も読みました。どちらも好きです。
谷川史子さんのお話は本当に共感するものが多くて・・・。
楽しみの一つです。

私も何冊か同じ本を読んだことがありましたので、思わずコメントしてしまいました。

今年もブログの記事、楽しみにしています。
寒い日が続いています。どうぞ風邪などひかれませんよう、ご自愛くださいね。
それでは、また!

URL | かすみ草 #-
2011/01/04 21:21 * 編集 *

Re: あけまして・・・

> かすみ草さん
コメントありがとうございます。

私の方からも、あけましておめでとうございます!
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
年賀状も、どうもありがとうございました♪

『クーベルチュール』、古本屋さんでたまたま発見して、手に取って読みました。
『ちはやふる』も、実はずっと興味があるのですが、未読のままです…
シリーズがそれほど出ていない作品ならば、手を出しやすいかなあと思いまして(笑)。
『ハルコイ』もお勧めなのですね!今度また探してみまーす。

谷川史子さんの作品、2作のどちらもとても良かったです♪
谷川さんの特に最近の作品は、本当に、共感できるものが多いです。おんなのひとたちの姿がリアルで…
けれどもきちんとかわいらしい少女漫画なのが、すごいなあと思います(笑)。

わあ、そう言っていただけると、すごく嬉しいです!
今年も色々な本の感想、書いていけたらいいなあと思っています。

かすみ草さんも、体調等お気をつけて、今年も元気にお過ごしください…。
はい。またいつでもいらしてくださいねー!
いつでもコメントは大歓迎です♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/01/05 22:49 * 編集 *

またまたお邪魔します。

こちらこそ、かわいらしい年賀状、ありがとうございました。

『ちはやふる』・・・現在11巻まで出てますし、手を出すのには勇気がいりますよね。
私は一昨年ぐらいに手を出し始めたので、おそらく8巻ぐらいの時点で手を出したんだと思います。
まさか3ヶ月ぐらいおきに発売されているとは・・・(笑)。買い始めたときには気づきませんでした。
私の場合、今どの試合だっけ?と毎度わからなくなっているという情けない読者になっています(苦笑)

それでは、また。

URL | かすみ草 #-
2011/01/06 21:09 * 編集 *

Re: タイトルなし

>かすみ草さん
再びコメントありがとうございます。

いえいえ、どういたしまして(笑)。
かすみ草さんの年賀状も、ステキでした♪

そうなのですよ、現時点でそれなりに巻数が出ているので、新たに手を出すには、それなりの勇気が要るのです…
人気のある漫画なので、古本屋さんでも、なかなかお得に入手できませんし(苦笑)。

ええっ、3カ月おきに発売されているのですか!それは知りませんでした。すごいですね。

素材的には割と好みな作品だと思うので、いつかは読みたいのですが…そんなこと言ってるうちに、ますます巻数が増えそうですね。
まあ、唐突に読み始めるかもしれませんが(笑)。

はい、またお越しください♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/01/07 16:58 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/746-92f5864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)