Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『恋をおしえて』ゆらゆら屋 

久方ぶりに、オンライン小説の記事を書いてみようかなと思います。(といっても今までふたつくらいしか書いていませんが…)

私的には、再読です。
深見鈴鹿様という方のサイト「ゆらゆら屋」に掲載されている「恋をおしえて」、「続・恋をおしえて」。
最近のものではないのですが、かなり人気のあるお話でしたので、私が今さら取りあげずとも、すでにご存知の方もきっとたくさんいらっしゃるかと思います。

なぜ今のタイミングで書きだしたかというと。
いや、『身代わり伯爵の冒険』シリーズのコミックス版の、柴田五十鈴先生の「妄想劇場」に、スーツ姿の理人先生が出てきたじゃないですか。(←唐突に分かる方にしか分からない話をふる)

「スーツ姿」の「センセイ」といえば、「続・恋をおしえて」で活躍する、「英秋先生」だ!
…私の中で、ぴったりとキーワードが合致したのでした(笑)。
(注:理人先生とこちらのお話の先生は、性格等全然別人ですので。一応。)


ええと、このお話は、私が高校3年くらいのころに存在を知って読み始め、生まれてはじめて深みにはまったオンライン小説です。
管理人様を初めて知ったのは、確か、荻原規子先生のファンサイトを運営されている方としてでした。
そして、私に「学園ラブコメ」というジャンルの作品を読む喜びを、多分、一番はじめに教えてくれたお話。
(当時の私は、歴史物やファンタジーにはまっていて、ごくふつうの学園もののお話は、失礼にも少々軽視していたのでした。生意気な高校生でした…苦笑。)

どれだけ大好きだったかというと、通販の冊子も購入したくらいです(笑)。
再読したのも、冊子です。
今回に限らず、今も時々、部屋で再読しています。

メインの主人公は、関口さんちの双子姉妹、佳乃ちゃんと花乃ちゃん。
前編「恋をおしえて」の方は、頭脳明晰佳乃ちゃんの、高校3年生の春~秋のお話。
後編「続・恋をおしえて」の方は、その続き、天然なおんなのこ花乃ちゃんの、高校3年生の秋~卒業までのお話、です。
タイトルの通り、ふたりそれぞれの恋愛がメイン。

どちらも本当に愛おしくて大好きなのですが、どちらかを選べと言われると、やっぱり、佳乃ちゃんの方を選ぶかなあ、私。
ときめき要素満載の、ヒロインが生まれて初めて経験した、嵐のような恋の物語。
佳乃ちゃんは、元気いっぱいで色々暴走しまくっていて、読んでいて、私の方も元気になれます。たのしい!
ガリ勉さんといえばそうなんですけれど(笑)、嫌みさは不思議に感じません。読んでいて、真剣に共感して応援してしまいます。
お相手の神埼君がまた、ちょっと屈折して影がある優等生で、格好良いんですよー。素敵なのですよー(笑)。
佳乃ちゃんが、初めて恋した相手が自分を見ていないことに気づいて、自分から相手をふるところとか、きゅーっと切ない…のですが、それから後のシーンとか、非常に好みです。

「あたしを本気にさせた、あんたが悪いのよ!」
「ぼくを本気にさせた、あなたが悪いんです」
…ふふふ。このやりとり最高です。

後、文化祭の、『源氏物語』のクライマックスシーンも、それはそれはお気に入りです。
『源氏物語』が、ちょっと好きになれました。

その文化祭がジャンクションとなっている、花乃ちゃんの方のお話の方は、前編に比べるとほんのりほろ苦さも混じった、大人の恋物語。
冊子版に書かれている言葉を拝借すると、前編がキャンディの小びんだとしたら、後編は、洋酒のきいたケーキ。
こちらも大好きなのです、もちろん!

私、後編の方は、最初から最後まで、リアルタイムで連載を追って読ませていただいていました。
うわあ、動かしにくそうなヒロイン…と、素人の私でも想像できてしまうような天然の女の子・花乃ちゃんでしたが、彼女がはじめて知った、一途なほんものの恋、それはもう、最後まで素敵なお話でした。
なんというか、恋が乙女を変えるのね、みたいな感じでしょうか。
彼女が一度は下した決断とか、本当に貴くて、そして胸が痛くなりました…。
先生が教師への道を選んだ過去話のシーンの辺りとかも、しみじみと良いです。大好きです。
忍君も、切ないですね。…ラストでちらりと書かれていた未来には、びっくりですが(笑)!

花乃ちゃんのいれるお紅茶は、一度味わってみたいです。
あ、書いていて思いつきましたが、味わってみたいと言えば、苗子さんのケーキも美味しそうだよなあ。

前編と後編では、登場人物等、普通に連続していて、繋がり部分もとても楽しいです。
後編でもときどき挿入される、前編カップルのその後のあれこれとか、美味しいですよね。大好きです。あのプレゼントとか(笑)。
後は、個人的に私、佳乃ちゃんの親友・おせっかいな夕子ちゃんの謎に満ちた私生活が、気になって仕方がありません…。

…色々書いてきましたが、とにかく、「読んでいて素直に心ときめく、ほんとうに楽しい学園ラブコメディ」、これに尽きます。
読んでいると、元気を分けてもらえます。
私的には、一押しです♪


昨日、記事に拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/763-74a77897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)