Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『春期限定いちごタルト事件』米澤 穂信 

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
(2004/12/18)
米澤 穂信

商品詳細を見る



小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもない「互恵関係」にある高校1年生。きょうも二人は手に手をとって清くつつましい小市民を目指す。
それなのに、ふたりの前には頻繁に謎があらわれる。本当はやりたくないのについつい名探偵役をしてしまう小鳩君。
はてさて、ふたりは果たして、あの小市民の星をつかみとることができるのか?


かなり前から(書店ではじめて見かけた当時から?)、きらきら美味しそうなタイトルでずっと気になっていたこの作品、『活字倶楽部』の特集に背中を押されて、今になってようやく手に取って読みました。

手に取ってみると、案外薄めの本だなと感じました。最近読んだ創元推理文庫の別の本が分厚かったからですねきっと(笑)。
後、表紙が実にかわいらしくて良いなあ。書店で眺めていたときはそれほど思いませんでしたが、実際に手にとってじっくりと鑑賞していると、なんだか幸せです。湯気のたつココアのカップもいちごもかわいい。

実際に本を開いてみても、どことなく軽いノリの文章で、さくさくと読んでいけました。
ミステリの部分には割と頭をつかってひっかかったりもしたので、すべてすんなり読めたわけでもなかったんですけどね。

なんというか、「目指せ小市民!」というふたりの目標自体が、すでにコミカルで笑えるんですが…。「小市民」って、ねえ。高校1年生でしょ君たち(笑)。
読んでいて、前半はちょっと物足りないものも感じたのですが(小鳩君と小佐内さんの仲が楽しくってそれも気にならないくらいだったのですが。笑)、お話が終わりに近づいていくにつれ、自然にすっと引き込まれました。
ラスト、事件は解決しましたが、読んでいて感じることがすべてすっきりしたわけではなく…小佐内さんの謎がますます深まった…(笑)。

そう、何よりも私が楽しかったのは、語り手の小鳩君と、彼と互恵関係を結んでいる小佐内さんのふたりの関係。
どうしてふたりが「互恵関係」とやらを結んでいるのか、というか実際のところふたりはお互いのことをどれくらい思っているのか…最後まで読めそうで読めなくて、もどかしいことこの上なかったです。
だって、色々言い訳(?)しているけれど、小鳩君は、小佐内さんのこと、いつもすごく大切にしているし心配しているもの。彼女の本性を知っていても、その上で。
逆もそうですね。

小鳩君語りで読んでいく小佐内さん、本当にかわいらしいな。「小佐内ゆき」という名前からしてかわいい!
最後に明かされた彼女の別の姿にはさりげなくぎょっとしましたが…なんだかそれも、魅力の一部で良いんじゃないでしょうか(笑)。(シリーズ続編のあらすじをちらちら読んでいると、そう言ってばかりはいられなくなるのかな…という気もするのですが。)

小佐内さんのスイーツ好きっぷりも、同じくスイーツ好きの私としては、期待通りに読んでいて本当に楽しかったです。
あの春季限定いちごタルトへのこだわりというか執念、彼女の行動は置いておくとしても(←え)、悔しさとか無念とか何かせずにいられないとかそういう気持ちは、ああ、分かる分かる…と深々と思いました。
あんなに前々から楽しみにしていた、この春をのがせば永遠に口にできない希少なタルトを理不尽な理由で食べられなくなるなんて、切なすぎですよね!泣きそうですよね!
自転車も悔しいですけどね…印象深かったのはやはり、いちごタルトでした。

ミステリー的には、「おいしいココアの作り方」が楽しかったです。私でも真剣に考えればなんとか解けるんじゃないかと思えてしまう謎って嬉しい。
(ちなみに私は、普段でも電子レンジでココアを作っています。手抜きかもしれませんが、洗い物が少なくてすみますから。笑。)

そうそう、堂島君とそのお姉さんも、良いキャラクターでした。お姉さんもまた活躍してほしいな。


色々インタビューを読んでいたり他の方に教えていただいたりしたところによると、シリーズ続編は一層面白くなるそうなので、ぜひとも読んでいきたいと思います。
とりあえず、小鳩くんと小佐内さんの関係が結局のところどうなるのか気になります!(繰り返し。笑)
ふたりの過去も、もうちょっと突っ込んで知りたいですね。


昨日それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 米澤穂信 

この記事に対するコメント

小市民シリーズですね!

こんばんは。

小市民シリーズ、読まれたんですね。
表紙イラスト、かわいらしいですよね。
私もタイトルと表紙につられて、購入してます。>すべて中古。しかも自宅で積まれています。おっしゃられている通り、あまり厚めの本ではないですよね。
これから面白くなるんですね。なぜか今のところ全て持っているので、ちょっと楽しみです。

ただ・・・他の文庫と比べて、創元推理文庫の活字は細かく見えるのは私だけなのでしょうか。ちょっと読みづらくて。

読みたい本が多くて、なかなかたどり着けません(汗)

最近は、小説とマンガ、結構入手してるのですが、あまり小説が読めなくて(このところよく読んでいたのでちょっと疲れてしまったのと月末にちょっとやらなければいけないこととかあってそれに向けて今準備中なんです。)、コミック(谷川さんとか新刊を中心に)を数冊読んでました。小説ものんびり読めたら良いなと思っています。

さてさて、信楽焼のたぬきたちですが、訪れるたびに1匹ずつ買ってくるので・・・どうやら一度買うと、また一つ、また一つ・・・と欲しくなるらしいです。なので4回ほどは訪れています。
私のところからだと、旅行で行きやすいので。

あと、今日、更新されていたリンク先のりる様のサイトで初めてコメントを書いてしまいました。自分の好きな本だったのですが、あまりに素敵な感想で・・・。
近いうちにしまこゆず様のサイトでもコメントできたらなと思います。
こちらのリンク先、いつも参考にさせてもらっていて、助かっています。

ものすごく長くなりましたがこの辺りで。
体調を崩しやすい時期のようです。どうぞお気をつけくださいね。

URL | かすみ草 #-
2011/05/16 22:37 * 編集 *

Re: 小市民シリーズですね!

>かすみ草さん
コメントありがとうございます。

はい、「小市民」シリーズ、ついに読み始めてみました(笑)。
そう、表紙イラスト、かわいらしいですよねー!
お話を読むと、ふたりが飲んでいるマグカップのドリンクの意味も分かったりして、よけいに良い感じの表紙に思えます(笑)。ふたりの間に流れるちょっぴりおかしくも優しい雰囲気も、よく出ている気がします…。

twitterで仲良くしていただいている方に、これから先の主人公たちの関係はさらにどきどきだと教えていただいたんですよ。
私もシリーズの続きを購入してきて今は積本状態です…。また読みます!

小説を読むのは楽しいですけれど、疲れているとちょっとしんどいのも事実ですよね…。
漫画を読むのも、読むのをおやすみするのも、全然問題ないと思います。私自身も、そういう時期は今でもありますもの(笑)。
すでに読んでいてお気に入りの小説や漫画の今後の展開やお気に入りのキャラクターについて、ちょっと頭に思い浮かべて自分の心の中で楽しんでいるのも、「読書」という行為の一部なんじゃないかなあと、私は最近思ったりします。

信楽焼、たぬきもとぼけた愛らしさがあって良いですよね。
私の住んでいるところからもドライブに出かけやすい距離なので、昔たまに家族でドライブに行ったりしました。

りるさんのブログにも行かれたんですねー。本当に、素敵なブログで素敵な感想ですよね!
私はブログ書きとしてはまだまだ歴史が浅いですが、りるさんの深くて本への愛情にあふれた感想には、いつまで経っても叶わないと思います…。
しまさんのブログの方も、雰囲気が優しくてとてもていねいに応対してくださる素敵な方なので、またぜひぜひ。

いえいえ、私の方も長々と書いておりますので、どうかお気になさらず(笑)。
お気づかいもどうもありがとうございます。かすみ草さんの方も、体調十分にお気をつけてくださいね♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/05/18 07:00 * 編集 *

こんばんは。

コメント欄へのお返事、ありがとうございました。
私から見ると、fallclover様の記事も、優しくて、本に対する思いやりがたくさんつまった素敵なブログだなと思っています。

マンガや小説など読んだ後で、特に話が展開というか広がっていくところで終わってしまうと、どうしても作品に浸ってしまいます。これはこれで楽しいですが・・・いい年して大丈夫なのかちょっと最近心配です(苦笑)。以前から複数同時に考えながら、ぼーっとしていることも多くて。(その姿は何度も見られているはずなので恥ずかしいのですが)

最近、これまた中古で入手した『左京区七夕通東入ル』を読み始めました。この本のイラストも可愛いです。

fallclover様にお聞きしたいことがありまして・・・
4月に出版された『谷川史子純愛読みきり集』のSとH、購入されましたか?私はコミックが手元にある作品ばかりだと思っていたので、購入していないのですが、ちょっと知りたいことがありまして。購入されていましたら、差し支えなければ収録作品について、教えていただきたいことがあるのですが、いかがでしょうか。

今回は長い上にずうずうしくもお願い事までつけてごめんなさい。
ブログ上でこのような質問をつけることはマナー違反なのではとも思っていたのですが、その点も遠慮なく言って下さいね。


URL | かすみ草 #-
2011/05/18 23:06 * 編集 *

Re: タイトルなし

>かすみ草さん
再びコメントありがとうございます。

どうもこんばんはです♪
もったいないお言葉をいただきまして、本当にありがとうございます…。
本への思いやりがつまったブログ…なんというか、目標です。ちょっとでもそんな雰囲気がもし出せているとしたら、すごく嬉しいです(笑)。もっと精進しなければ!

いえ、私など、本や漫画を読んだ後は毎回見事に作品の世界にひたってますよ(笑)。
そんなお話出されると…私の方こそ、座りながらぼーっと本の世界にひたっている姿ばかりお見せしてきていたはずですので…(笑)。
でも考えてみれば、あの頃から、かすみ草さんと色々本のお話をさせていただける機会は、いつもとても楽しかったです♪
藤原眞莉さんの話題が出たときとか、今でも思い出します。

そして、谷川史子さんの読み切り集の件なのですが…。ごめんなさい、私も気になりつつも今の所未購入です(汗)。
でも私自身もこの文庫についてはもう少し詳しく知りたいなあと思っているところなので、また機会があれば調べてみたいです。何か成果があったらお知らせしますね。

いえいえ、マナー違反などということはないはずです(笑)。
というか、ずうずうしくなんてないですよ(笑)!いつもながらにお気づかいばかりいただいて…。
私もかすみ草さんを見習いたいです、本当に…。

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/05/19 21:26 * 編集 *

こんばんは。

谷川史子さんの作品の件、ありがとうございました。
比較的最近の作品が収録されている短編集なので、私も購入をやめているんですが、読みきり集Sの収録作品「私のフレッシュだった頃」は一体なんだろう?という疑問が出てきまして、お持ちだったらと思ってお尋ねした次第です。私もなにかわかったら連絡しますね!

そうですね、座っていた頃から色々と本のお話をしていたわけですから、かれこれ長いですね。私も加納朋子さんを教えていただいた覚えがあります。「ななつの子シリーズ」とか・・・。当時は慌しい日々だったので、あの頃よんだ本の内容があいまいなものが多くて・・・このシリーズももう一度読み直したいという気はあります。藤原眞莉さんの本も懐かしいですね。私は今手放してしまったので、もう一度手元においておこうかとも考えています。今は執筆活動をお休みされているようですね。

谷川さんのお礼もあわせてこちらに書かせていただきましたが・・・
私も岩本さんの本、読みました。私は今のところ、「雨無村・・・」が好きです。小市民シリーズも着々と進んでますね。
私は「左京区七夕通東入ル」読みました。途中まで、「大丈夫だろうか?」と思ってましたが最後は心が温かくなって羨ましかったです。
「うさぎパン」と「はれのち、ブーケ」も近いうちに読みたくなりました。
では。

URL | かすみ草 #-
2011/05/20 21:23 * 編集 *

Re: タイトルなし

>かすみ草さん
みたびのコメント、ありがとうございます。

おはようございます!少々遅くなりました…。
谷川史子さんの短編集、お役に立てずに申し訳なかったです…。
「わたしのフレッシュだった頃」、私も覚えがないタイトルです。
谷川さんの作品は、自分で買ったコミックスと友人に借りて読んだコミックスとがあるので(しかも何年も前だったり)、確認するのも難しく…(笑)。ちなみに「積極」は借りて読んだお話です。
ちょっと調べればわかる気がするんですけどねー(笑)。

そう、私も加納朋子さんと北村薫さんのお話をしていただいていた記憶があります。懐かしいです(笑)。
藤原眞莉さんは、『雨は君がために』等図書館で借りて読んだので、今はやっぱりうろ覚えです…。また借りてこようかなあ。
そういえば最近新作を出されていないようですね。

「左京区七夕通東入ル」は、私も読みたいなあと思っている作品です。
近いうちに図書館で借りてこようかなと思っています。すてきな表紙とタイトルですよね。
岩本ナオさんの漫画、うーん、何が一番好きかなあ…。「町でうわさの天狗の子」は第七巻目で、好き具合がぐっとアップしました(笑)。「雨無村」も大好きです。

はい、こちらこそまたいつでもいらしてください。

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/05/22 08:31 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/859-a96bca55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)