Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

岩本ナオさんの漫画 

最近の私は、岩本ナオさんの描かれる少女漫画を、少しずつ読んでいました。
普段白泉社の漫画を主に読んでいる私は、はじめ全然知らなかったのですが、しまさんのブログでときどきお名前が出ていて、ブログを読ませていただいている内に気になってきて、機会があり手に取ってみることに。
1冊、また1冊読んでいる内にどんどん好きになっていき、『町でうわさの天狗の子』『雨無村役場産業課兼観光係』その他、すべて読み切ってしまいました…。

物語も絵も、馴染むごとに味が出てくるような。
派手さやきらきら感は少ないけれども、素直にきゅんと心ときめく少女漫画。飾りがない分、想いがストレートに心に伝わってくるのかな。
漫画の舞台の田舎の雰囲気も、読んでいてとても心地よいです。


『町でうわさの天狗の子』
天狗と人間のハーフだけれど、たいていはごくごく普通の女子高生・秋姫の、ちょっぴり不思議な日常の物語。

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックス)町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックス)
(2007/12)
岩本 ナオ

商品詳細を見る



シリーズの最新刊の第7巻は、読み終えてしばらくの間、心臓のどきどきがおさまりませんでした(笑)。
甘酸っぱいロマンスもあちこちで進行してきて、主役の姫ちゃんと瞬ちゃんの関係もぐっと動きが出てきて…一方で、平和な日常をおびやかすような存在も、じわじわあらわれてきて。

町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/10/08)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


バレンタインの電車の中のふたりのシーンとか、不意打ちストレートにぐっときました…。
姫ちゃんに呼ばれて動揺した瞬ちゃんも、モミジちゃんと瞬ちゃんの仲を気にして無自覚に力を不安定にする姫ちゃんも、すごくきゅんとくる…。姫ちゃんの方はなんだか不安でもあるのですが。
お山でふたり微笑み合っているシーンの表情も、気持ちが真っすぐにつたわってきて、ながめていて幸せです。
ミドリちゃんも金ちゃんも赤沢ちゃんも、みんな素敵な女の子で、恋の行方が気になります…。特に赤沢ちゃんのバレンタインって一体。ささみ入りチョコ…?
姫ちゃんをお友達と慕うモミジちゃんも、初登場時よりもぐっと好みになってきました。6巻目のスケートのシーンとか好き。
今後の展開がどう転がっていくのか読めなくって、まだどきどきです。
とりわけ、実はびっくりするほどの力を秘めていた姫ちゃんの正体、瞬くんが昔からみていたという夢の内容、不安…。最後の姫ちゃんのモノローグがまた意味深なのですよね。

そうそう、1巻目に収録されていた読み切り、お気にいり。何度も読み返しました。


『雨無村役場産業課兼観光係』全3巻

雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)
(2008/08/08)
岩本 ナオ

商品詳細を見る



雨無村の役場での銀ちゃんの奮闘ぶりも好きだし、銀ちゃん、メグ、スミオの3人の微妙な三角関係も、読んでいてときめきました…♪
2巻目の桜まつりの準備での、調査にやってきた樹木医さんが「助かったのーお前 村の人が桜祭りするゆうてくれて」と桜の木に声をかけるシーンが、一番心に残りました。じんわり。
それにしても銀ちゃんは好青年だなあ。本当、村の人は見る目がない…(笑)。
なので3巻目のカズエさんがぼそっともらした言葉に、ときめいてしまいました(笑)。いいひと!
私はこっそり(?)春野さんとタマ子さんが好きです。和みます。
3巻で完結したようですが、できればもう少し読みたかったというのが正直なところかも。

同時収録されていた読み切りも、ほっこりしたり切なかったり、どれも良かったなあ。


『スケルトン イン ザ クローゼット』

スケルトンインザクローゼット (フラワーコミックス)スケルトンインザクローゼット (フラワーコミックス)
(2005/10/26)
岩本 ナオ

商品詳細を見る



「雪みたいに降り積もる」「花の名前」「冬色自転車」が特に好き。
幼馴染みの連作、良いですねえ。こういうのは憧れます…(笑)。


『Yesterday、Yes a day』

Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
(2006/12/21)
岩本 ナオ

商品詳細を見る



ロマンスに、あと少しでなりそうでならない微妙な感覚が、もどかしいけれどなんだか良かったです。
小麦ちゃんみたいな境遇って、女の子だもの、辛いと思う…。


シリーズものも良いのですが、短編もどれも味わい深くステキなものばかり。やっぱり『町でうわさの天狗の子』の1巻目の同時収録のお話が一番好きかな。
表紙のカラーイラストも、お話のエッセンスがぎゅっとつまっていて、なにげない緑や花や見れば見るほど色味がきれいで丁寧に描かれていて、どれも大好きです。


一昨日と昨日、それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 漫画・その他の出版社

タグ: 岩本ナオ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/862-424f3412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)