Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『夏期限定トロピカルパフェ事件』米澤 穂信 

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
(2006/04/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る



恋愛関係にも依存関係にもない互恵関係にある小鳩君と小佐内さんは、お互いの本性を隠して、今日も手に手をとり清くつつましい小市民を目指す。
そんな彼らの高校2年生の夏の運命を左右するのは、「小佐内スイーツセレクション・夏」!?



以下、少々ネタばれが混じっています。ご注意を。

『小市民』シリーズ、第2作目も早速読んでみました。
あいかわらず表紙がかわいらしいな。ワンピースの色がなんとなく「トロピカルパフェ」。

序章の夏祭りの場面は、ちょっとぼーっと読んでいたのですが、第1章の頁を開くと、いきなり色々すっとばした衝撃的な小鳩君の語りが目に飛び込んできて、どっきりしつつ、その後は引き込まれていきました…。
まあこの最初のオチはすぐに解決したんですけどね(笑)。

最初の内は前作と同じような感じのお話が続いていくのかと思っていたのですが、ささやかな違和感が徐々に重なっていき、不穏な影も見え隠れして、事態は深刻な方向に…。
事件が解決したかと思えば、終章ではまたさらに衝撃的なお話の内容が待ち受けていて、本当にどきどきでした。ラスト、一気に突き落とされてしまったような読後感…。

ええと、なによりこの巻、小佐内さんが小鳩くんとふたりで食べ歩いた「小佐内スイーツセレクション・夏」が、ものすごく美味しそう!このリストの充実度はただ事ではないです。小佐内さんおそるべし。
特に美味しそうだったのはやっぱり、第一章の「シャルロットだけはぼくのもの」に出てきた、シャルロットです。(でもこれは正確にはリスト外?)
スイーツが特に大好きという訳でもない小鳩くんがここまで絶賛して、小佐内さんの分も食べたいという誘惑に負けてしまう程に美味しいというシャルロット…。うう、私も食べたい(笑)。小鳩くんの語りが美味しそうすぎてどうしましょう。

このシャルロットといい、その後の事件のりんごあめやカヌレといい、謎解きのアイテムが美味しそうなスイーツばかりで、やっぱりスイーツ大好きで食い意地もはっている私にとっては、読んでいてもう楽しくて仕方がなかったです。
ミステリーが難しいと考えるのを放棄してしまうだめな私ですが(笑)、謎がスイーツで構成されているとなると、考えるやる気がアップします。単純です…。

けれども同時進行で進んで行く事件は、重かった…。事件そのものというか、終章で明かされていった小佐内さんが胸に秘めていた復讐の一連が、とにかく重い…。これは、なんとコメントしていいのやら分からないなあ(汗)。
りんごあめとピーチパイの順番の小佐内さんのミスも、そうくるのか!とどきどきしました(笑)。ある意味分かりやすい思考回路しているのかなこの子は。
で、ラストでは、小鳩くんと小佐内さんの関係のまさかの解消宣言に。…ええっ、ショック…。

最後のスイーツが、食べきれなかった溶けかけの大きなトロピカルパフェというのも、上手いですねえ。
小佐内さんとふたりで(どんな話の内容にせよ)食べていたときは普通に美味しかったパフェ、ひとり取り残されてみると、溶けてしまって甘ったるいパフェは、もう食べられた味じゃなかった。
溶けてしまったアイスクリームって、空しさやわびしさや、いろんな感情がくっついてくるスイーツだと思うのです。

小鳩君が感じるひどい甘ったるさの中に、彼の本心が読みとれるようで…読んでいる私も、別の意味でも甘さを感じました。
小佐内さんの最後の言葉とあの涙も、これは嘘じゃないですよね…。
このラスト辺りは、いつもは分かりにくーいふたりの本心が、ある意味いつになくストレートに伝わってくる気がするような。
切ないけれど、なんだかかわいいなとも思ってしまいました。

後、いったん読了した後にまたささっと読み返してみて、シャルロットが小佐内さんの好みというよりむしろ小鳩くんの好みのスイーツらしいのとか、最後のトロピカルパフェがどうも他のセレクションと比べて唸るほどの美味しさでもなかったらしいのとか、そういうのも小佐内さんの考えの一部なのかな、だとしたらどういう理由あってのことなんだろうか…とか、色々考えてしまいました。
やっぱり私はスイーツ大好きなので、そんなことばっかり考えています(笑)。甘い想いも大好きです!

これはもう、『秋限定』の続編を、早く読まなくては…!
ちらちらとの先のあらすじを読んでみると、気になって仕方がないです。


そういえば、『活字倶楽部』の米澤穂信さんインタビュー(2006年秋号)を読み返してみたのですけれど、米澤さん、この『夏期限定』のお話を書くために、実際にスイーツの食べ歩きをされたんですね。
どうりで『春季限定』に比べて、スイーツの美味しい魅力がレベルアップしている訳ね…(笑)。納得いきました。

関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 米澤穂信 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/863-de6557aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)