Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』大沼 紀子 

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼紀子

商品詳細を見る



都会の片隅に真夜中にだけ店を開く、一風変わったパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」。
オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高校生の希実は、可愛いお客様による焼き立てパン万引き事件に端を発した、失踪騒動に巻き込まれていく。


行きつけの某書店の一角でおすすめされていたのを目にして、手に取ってみた一冊です。
読書もパンも大好きな人間としては、気になるじゃないですか(笑)。

(どうでもいいのですが、紹介文に載っていた通称「まよパン」、私は作品を実際に読み終えた後もずっと「マヨネーズパン」の略だと思い込んでいました…いや、そんなパンは出てこなかったと思うよ私…。)

話を戻して。
表紙の色彩が渋くて逆に目だっていて、男性陣がイケメンで、「なんだかお洒落っぽい本だな…」と思いつつ。
ほら、実際のパン屋さんにも、庶民的なパン屋さんと、海外で修業してきた職人さんがやっている高級っぽいお店と、違いがありません(笑)?どちらかというと、後者のイメージがしました。各章の名前とかも。

それでも実際に読んでみると、お洒落というよりは、人情味あふれるお話でした。
それぞれに何かをかかえた都会の住人たちが、妙な縁で出会い、傍目からみるとへんてこな、けれどもとてもあたたかい絆を育んで、物語の終わりで一組の母子を救う。
初登場時はいまいち私好みじゃない人たちが多くて微妙だなーと思いながらも(正直、イケメンよりも素敵な女性メインの話の方が好みの私です。笑)、パン屋さんの描写の楽しさに読み進めていったんですけれど、後半にいくにつれてひとりひとりにどんどん愛着が出てきて、最後には皆好きになれましたよ。

メインの主人公は一応、押しかけ居候女子高校生の希実ちゃんなのかな?
育ってきた環境の割には、本人も言っているように、まともにまっすぐ育った子だなーと思いました。
文句を言いつつも、言いつけられたことは何でもやっちゃうし、こだまのことをいつも一番に考えている、お人よしの女の子。
希実ちゃんの弟分っぽい立場のこだまくんは、さらに健気で本当にいいこです。泣けてきます…。
希実ちゃんとこだまくんのふたりペアが、読んでいてとても好き。
おそろいの名前も面白いですよね。

暮林オーナーとパン職人の弘基さんは、なぜこの接点なさげなふたりの男性がふたりでパン屋さんをはじめたんだろう…との疑問がとにかくぐるぐるしていたのですが(笑)、読み進めていくうちに謎はとけました。意外といえば意外な人間関係。
暮林さんの「大丈夫だろうかこの人…」と心配になってしまうほどのお人よしさは、最後の章で彼視点での事情も語られて、ぐっとしまりました。
この苦い思いを経験してきて、今の彼があるんだなあ。

お話の最初で希実ちゃんが名前を出した時点では、単に人を疑うことも知らないお人よしすぎる女の人、といったイメージだった美和子さんも、弘基さん視点と暮林オーナー視点のお話をそれぞれ読んで生前の姿を知った後では、彼女が希実ちゃんの力になるという手紙を出した本当の所の気持ち、なんとなく、納得できるなと思いました。
ああ、きっと美和子さんは、事情もちの女の子の希実ちゃんに、確かに彼女自身の心を動かされて承諾したんだなあ、と。
こだまの万引き事件の真相、こだまが悪い子じゃなくってほっとしました…(笑)。

それぞれ強烈な個性をもった脇役、斑目さんとソフィアさん、特に正真正銘のぞき魔の斑目さんには正直最初はひいてしまったんですが(笑)、ブランジェリークレバヤシの面々とこだまくんのあれこれに次第に関わっていくうちに、要所要所で彼らなりの方法でありったけの優しさで助けてくれて、ああ、いいひとたちだ…とほろっときました。
斑目さん、予想以上に有能じゃん!(笑)


パンってのはな、平等な食べ物なんや。
道端でも公園でも、パンはどこでだって食べられる。
囲むべき食卓がなくても、誰が隣におらんでも、平気でかじりつける。
うまいパンは、誰にでも平等にうまいだけや。 (74頁)

―いつでもひとりでも手軽にぱくつけるって、多分パンの欠点でもあるんでしょうけれど、別な視点から見れば、こんなに素敵な長所はないですね。
ブランジェリークレバヤシの美味しいパンに力を分け与えてもらっている登場人物たちの姿をみていると、本当に、そんな風に思います。
この頁で希実ちゃんが食べているメロンパンが美味しそうで、一番印象に残ったパンでした。
個人的には、もう少しパンの具体的なあれこれが読めた方が、もっと面白かったんだけどなーとも思ってしまったんですけどね…(笑)。

ひとと一緒に食べても、やっぱり変わらずに美味しいんですけど、ね。パン。
ラストの暮林さんの心の内は、じんわりきました…。


最近読んだパンがメインのお話には、瀧羽麻子さんの『うさぎパン』がありましたが、うーん、個人的な好みとして選ぶなら、女性的なふんわりした優しさが心地よい『うさぎパン』の方かなあ、やっぱり。
でもこの『真夜中のパン屋さん』も、また別の手触りで、そして暖かくて優しい物語でした。
真夜中の街にくっきりとともる、蛍光灯のあかりが似合うような、上手く言えないのですがそんなお店のイメージ。

とにかく私はパンが大好きなので(笑)、美味しそうなパンが出てくる物語、色々読めて嬉しいです♪
実際、深夜営業のパン屋さんって、身近にあったら便利だと思います(笑)。


一昨日それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 日常のお話

タグ: 大沼紀子 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/888-d4fabf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)