Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『イオニアの風』光原 百合 

イオニアの風イオニアの風
(2009/08)
光原 百合

商品詳細を見る



ギリシア神話がモチーフとなっている、神と人との長編ファンタジー。
醜い争いを続けるばかりの人間たち。
彼らを長きにわたり罰したり救ったりしてきた神々は、人間の歴史に介入し続けるか否かを決めようと、男女ふたりのそれぞれ三組に、試練を与える。
選ばれたのは、トロイア王子のパリスとスパルタ王妃のヘレネ、ヘレネと彼女の夫でスパルタ王のメネラオス、英雄オデュッセウスの子テレマコスと美しき吟遊詩人の姫ナウシカア。
彼らの選択次第で、神と人間の未来が決まることに。


これは、ずっと前から気になっていた小説です。
ギリシア神話は子ども向けの星座の本を読んでいたころからもともと好きだったのと、作者の光原百合さんも、昔読んだ『時計を忘れて森へ行こう』を読んだときの心地よさをずっと覚えていたのとで、この作者さんが書かれるギリシア神話、どんなだろう…と。
『活字倶楽部』の光原さんインタビューを読み返すごとに、図書館で背表紙を見つけるたびに、気になっていました…(笑)。
今回機会あって入手して、ついに読み始めました。

美しい装丁のハードカバーの頁を開くと、文章二段組みで、見た目の二倍のボリュームがありました(笑)。
最初の内は気長に読んで行こうと休み休みしつつ読んでいた感じだったのですが、第二部の途中からはもう本当に続きが気になって、一頁一頁にかける時間はかなりだったものの、予想以上に早く読み終えてしまいました…。

ああ、これは本当に良いものを読みました。
神様と人間たち、いくつもの物語が組み合わさって、ひとつの壮大な美しい物語として完成されている。しびれました…。
登場人物がとても多くて視点も常に移ろっていき、情報量も半端ないのですが、細部まで丁寧に書きつくされているせいか、途中でひっかかることもなくするすると読めてしまいました。
このカタカナ名前苦手な私が、「テレマコス」と「テレゴノス」のふたりが入り組んで登場してきても、読んでいて一度も混乱しなかった!すごい!(笑)
作者さんは実際に9年かけてこのお話を書かれていたそうで、言われてみればこの完成度はとても納得です。

物語構成としては、トロイア戦争の時代の第一部、その後、英雄の息子世代の冒険が語られる第二部。
メインは第二部、でしょうね。
変わった構成に最初は読んでいて少々戸惑いましたが…第一部があってこその第二部だということも、分かるかなと思いました。

第一部、トロイア戦争については、少し前に里中満智子さんの漫画で読んでいたこともあり、それなりに知っている登場人物やエピソードを楽しみつつ読んで行きました。
パリスは正直感情移入できませんでしたが…ヘレネが、彼女が関わった人を通して人間的に成長していく様が、読んでいて心地良かったです。
ヘレネの夫のメネラオスもとても良い人でした。彼が兄の呪縛をのりこえて、だんだん頼もしくなっていくのが愛おしい。ヘレネのだんなさんがメネラオスで、本当に良かったなと思ってしまいました。
ヘクトルとその奥さんもステキでしたし、何よりこの第一部で格好良かったのは、有名な英雄・オデュッセウスでした、やっぱり。
オデュッセウスとメネラオスが親しく言葉を交わしているシーンとか好きです。
パラメデスも良いですよね…(笑)。

そんなオデュッセウスですが、自分の子に殺されると予言されて、テレマコスを信じてはいてもそれゆえに距離をおいてしまい、結局分かりあえない内に命を落としてしまった…という一連のエピソードは、特にテレマコスにしてみたら、何ともやりきれない話ではあるよなあ、とは思ってしまいました。


そして第二部。
オデュッセウスの息子で若者となったテレマコスと、かつて出逢ったオデュッセウスを慕って彼の領地へとやってきた吟遊詩人の姫・ナウシカア、ふたりが主役の冒険譚。

オデュッセウスがあまりに良くできた人物で格好良かった分、テレマコスの不器用さや未熟さは目につきました…。本人も父の息子として比べられるのを嫌っていて。でもそんな彼の気持ちはよく理解できたし共感してしまいました。こんな父親がいたら、確かに複雑ですよそれは。
パラメデスがいつも彼の未熟さをあれこれ言ってくれて、ちょっと気の毒でした(苦笑)。
でもそんな彼も、ナウシカアを守るために、不器用にも真っすぐに、想像も容易にできない困難に立ち向かっていく姿はとても貴いものに映りましたし、叱責をうけたり苦い思いをしつつも少しずつ成長していく姿には、読んでいて熱くなりました。
父にかつて教わった力で敵を倒すめぐりあわせとか、すごくいいです。

ヒロインのナウシカアも、気丈な女の子で良いですねえ。
テレマコスと意地のはりあいで常に口論しているのは読んでいて楽しかった(笑)。
彼女はもともとオデュッセウスを慕っている女の子で、うわあテレマコス複雑…と思っていたんですが(苦笑)、一緒に旅するうち、自分を真っすぐな姿勢で守り抜いてくれるテレマコス自身に惹かれていって。
エンケラドスとの戦い、たくさんの試練をくぐりぬけて、最後の最後のシーンで、お互いをひたすらに信じ抜いている姿が、もう最高に素敵でした。

ラストで愛を交わし合うシーンも、静かに満ちあふれる若い情熱が、雰囲気あってとても美しく良いものでした。
ロマンスはしっかり存在するけれど、そこまでロマンス一色ではないこのさじ加減が好きです。

そしてそんなふたりを好きにいじりつつ(笑)非常に頼もしい助っ人として旅を支えてくれるのが、パラメデスことヘルメス神。(←今更ここだけを隠しても意味ないかもしれませんが、一応ネタばれということで)
いやあ、この神様いいですね!
詐術の神様って、よくよく考えてみればうさんくさい、でも持って生まれた知恵でプラスの方向に変えてしまった彼のしたたかさが素敵だなあと思ってしまいました。

そんな主役二人(プラス一人?)メインの冒険物語が進んでいく中で、他の神様や人間たちのエピソードもあちこちに挿入されていて、またそれが本当に魅力的なものでした。

一番心に残ったのは、アテナ女神とメデューサのエピソード。
特別な魔力を持つ目を持つばかりに孤独だった、不器用で心優しいオリーブの樹の妖精のメデューサと、彼女を救ってあれこれと面倒をみた、有能でちょっとクールだけれど実はとても心温かい女神・アテナ。
このふたりの交流は、本当に微笑ましく良いものであっただけに(アテナをお姉さまのように慕うメデューサの愛らしさがたまらない…)、あの結末…メデューサの選択と残されたアテナの後悔に涙しました…。
ラストのメデューサの盾とアテナに、また涙。構成がお上手ですねえ。メデューサ、心残りを晴らせたかしら。本当に良かったです。

同じくらいに心に残ったのは、最後の方に出てきたアレス神殿の父娘と、アレス神自身のエピソード。
神官ヒュラスの過去の悲しい想いと悔いと娘のアリアドネへの素直になれない愛情、そんな父をちゃんと理解しているアリアドネの優しさはとても良いものでした。最後にふたりを救ったのは…。(にこり)
そんなアレス神の過去の恋も、自分の心をたくみに表現することができない彼なだけに、322頁と324頁、アストライアへのシンプルな想いの言葉が、真っすぐに印象に残りました…。せ、切なすぎる(涙)。
アレスといえば、途中で出てきた不和の女神のエリスも妙に惹かれる女の子でした。
不和の女神と言っておきながら与えられた優しさにとまどって、手助けまでしちゃってる。神々の中でははみ出し者のアレスに同朋意識を持っていて、ぞんざいに扱われつつもなんだかんだで見捨てられない。かわいいな(笑)。

後、ラストのゼウスとプロメテウスの友情に和んだり、ぺネロペイアが回想する夫オデュッセウスとの出逢いのエピソードが素敵だったり(これはほのぼの憧れのシチュエーション…。)、はじめは本当にいけすかなかったテレゴノス、その後出逢ったというお嫁さんも気になったり…素敵なエピソードたくさんで書き切れませんねえ。残念。


丁寧に書きこまれた文章が心地よい、ちょっと異色、でも本当に素敵なギリシア神話の物語でした。
神話の世界のみずみずしい風が、読み終えると心いっぱいに吹きこんできたかのように、満たされました。
私の文章ではこの良さをどうしても書きつくせない…もどかしいです。
文章中に何箇所か出てきた「別の物語」も、可能であるのならばいつかぜひ読んでみたいです。

関連記事

カテゴリ: ファンタジー(西洋風)

タグ: 光原百合 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/891-00a09962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)