Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

ヤマザキマザック美術館へおでかけ 

たまには美術館におでかけするのもいいよね、ということで(笑)。
名古屋のヤマザキマザック美術館の「ロココの雅―華麗なるフランス宮廷時代」という展示が8月28日まで(つまり今日まで)という情報をキャッチして、展示の内容に興味をひかれたため、思いたってでかけてきました。

ヤマザキマザック美術館


特に道順など確認しないままでかけたのですが、新栄駅を降りると美術館へとつながっている道があって、階段だけで外を歩くこともなくとても簡単にたどりつけました(笑)。
まだ新しく都会的で洗練された建物で、ほおっと感心しつつ中へ入って、チケットを購入。

ロココの雅


音声ガイドを無料で貸し出ししてもらえたので、それを肩にさげて順路を進んで行きました。

展示室に入ると、深い色味の壁布やきらきらのシャンデリアや花飾りや、まるで昔の宮殿そのものみたいな、豪華でしっとり落ちついた雰囲気の室内に展示品が飾られていて、わあすごい!と内心歓声をあげつつ見入っていました。
私は美術史にも世界史にもさっぱり明るくないので、単に心のむくままに鑑賞していただけでしたが、十分楽しめました。
(まあ、それでもロココといったら有名な時代ですよね…。ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットや、私でもそれなりに知っている方々の名前も目について身近に感じられましたし。)
色々詳しくない私には、音声ガイドがとてもありがたかったです(笑)。
途中からは生のヴァイオリン演奏もはじまって、美しい調べを耳にしつつ展示品をながめていました。展示室を移動して行っても、遠くから演奏の音がかすかにきこえてきていて。雰囲気にうっとりでした。

展示品の中で私的にときめいたのは、ドレス。実物のドレス!(笑)
いくつかの種類展示してあって、間近でじっくり観察していると、丁寧な仕立てに素直に感心してしまいました。当時のご婦人方はこのドレスでめかしこんでいたのね…。
すみずみまで芸の細かさが感じられました。花の刺繍がきれい。レースも手が込んでそうで素敵。
なんというか、私がドレスと勝手にイメージしていたものより、落ちついた優しい印象でした。

絵や調度品や扇など、色々愛でて楽しめました。
部屋の中にソファが置いてあって、ときどきゆっくり座って鑑賞できたのも良かったです。
常設展示では、蜻蛉をあしらった家具に感心してしまいました。面白いな…。本当に蜻蛉(笑)。
花をあしらった品もたくさんあって素敵でした。

午前中の早い時間からでかけたせいか、人も少なくてゆっくり静かに鑑賞できました。
小規模な美術館だったと思いますが、じっくりみられたので良かったです。

この後はお昼を食べて、名古屋をちょこちょこ歩き回ってから帰りました。
たまには美術館もいいものだなあ。空いていると個人的にありがたい(笑)。
地元の美術館の展示も気になっているので、行ってみるのも良いかな。


昨日記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 日常色とりどり

この記事に対するコメント

 私も一回だけ行ったことがあるよ!!

 普通の美術館だと、音声ガイドを借りるのがもったいなくて借りたことが無かったけど、ヤマザキマザック美術館で、初めて音声ガイドを体験しました。。。

 私が行ったのは冬だったので、ドレスは無かったなぁ。ドレスや着物が展示してあると、なぜか「おぉ~」とテンションが上ります。服屋さんのふつうの服は、何とも思わないのに、不思議です(笑)。

URL | らくだ #-
2011/09/03 14:51 * 編集 *

Re: タイトルなし

>らくださん
コメントありがとうございます。

ヤマザキマザック美術館、らくださんも行ったことあったんだね~!…あ、そういえばこの前話していたよね?はっきり覚えてなくて申し訳ない…。
そうそう、私も音声ガイドってもったいなくて使ったことなかったんだけど、ここは無料で借りてもらえたから、初体験(笑)。いい経験をさせてもらえました(笑)。

そうそう、ドレスや着物が展示されていると、テンションあがるよね~♪
きれいなお着物をながめて、昔のお姫様達に思いをはせる時間が好きです、昔っからそういうところは想像力たくましい子だったから…(笑)。

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/09/03 21:29 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/933-e3812564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)