Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

8月の読書メーターまとめ 

今日から9月です。夏も終わり秋です。ええっ本当ですか…。(←時の早さとわが身を振り返って呆然)
ま、それはおいておくとして(?)、月初めのお約束、先月分の読書メーターのまとめ記事です。
追記より。

いつもに増して、少女小説と少女漫画ばかり読んでいた月でした。
特に月の前半ごろは、心が少女小説と少女漫画しか受け付けなかったんです…。そんな時期もあるかなー、といったところでしょうか。いい年して変でしょうか(笑)。
やたらと冊数が多いのは、シリーズものの漫画を読んでいたせいですきっと。
『学園アリス』、何年か離れている間にシリーズ本当に進んでて…。追いつくのが大変だわ(笑)。
特に最後の方に読んだ小説、漫画のなかには、感想を語りたいのに書けていない!というのがいくつかあるので…また書けると良いな。

そしてそして、月初めは新刊ラッシュでもあります。
新刊無事に入手しました。ただ今読み進め中(笑)。

さらに、全く予想もしていなかったお知らせが。
青木祐子先生のサイン会が、名古屋の星野書店で開催されるようで。
…信じられない幸運ですが、三重県の北の方の私の家からだと、普通に行けるんですよね。
このままいけば、参加させていただけるかと思います。う、嬉しいです(泣)。


一昨日と昨日、それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

8月の読書メーター
読んだ本の数:40冊
読んだページ数:8139ページ
ナイス数:112ナイス

身代わり伯爵の婚前旅行  Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の婚前旅行 Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)
懐かしい人たちとの思いがけない再会が充実していてとても楽しかったです。心があたたかくなりました(笑)。ミレーユとリヒャルト、結構ハードな境遇に置かれていましたが、着実に心の距離を縮めていく様にこちらも嬉しくなりました。ミレーユはきれいに、リヒャルトは格好良くなったね…。(ほろり)ミレーユの成長ぶりも嬉しい。それにしてもフィデリオ様やオズワルド一派?の思惑は気がかり。
読了日:08月31日 著者:清家 未森
聖グリセルダ学院の試練 (ルルル文庫)聖グリセルダ学院の試練 (ルルル文庫)
ティエサは相変わらずかわいくて楽しかったです(笑)。ラブラブかはさておき、キアスとぴったり息があってる感じが好き。フィムやエステリアやトト、カドリさんも良かったな。後、主様の株がとても上がりました。過去話切ない…。前シリーズとこのシリーズの順序を逆に読んでいたとしたら、聖獣と神族、今とは逆のイメージを持つことになっていたかも。そして最後で衝撃の展開が(笑)。先が楽しみです。
読了日:08月31日 著者:鮎川 はぎの
ウチで、お茶でも。 (花とゆめCOMICS)ウチで、お茶でも。 (花とゆめCOMICS)
最初は絵が好みじゃないなーとか思っていたのですが、少しずつなれてくるとこれもまた味というか、ほのぼのまったり感が出てていい感じ(笑)。なんだかんだ四兄弟、好きです。いちえちゃんのキャラも良かった。
読了日:08月30日 著者:月崗ヤスコ
清々と 2巻 (ヤングキングコミックス)清々と 2巻 (ヤングキングコミックス)
清ちゃんのお友達がそれぞれメインのお話、弟くんや守衛さん視点のお話…、どれもとっても素敵でした。女の子たちのけがれのない美しさとかわいらしさにきゅんきゅんします…。くるみちゃんと千香子ちゃんのお話が特に好きでした。清ちゃんの想いもいつか実るといいなあ。
読了日:08月29日 著者:谷川 史子
黎明のアルカナ 3 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 3 (フラワーコミックス)
シーザのまっすぐな愛情が格好良いです。ナカバは…個人的には髪が長い方が好みでした…あの事件(?)は本当、許せないですね(笑)。
読了日:08月29日 著者:藤間 麗
人魚猛獣説―スターバックスと私人魚猛獣説―スターバックスと私
スターバックス…分かる分かる分かる(笑)。穂村さんのエッセイも投稿された短歌も楽しくて、ときどきはっとするものも混じっていて、あっという間に読めてしまいました。「あの人がそそぐラテがくるのを」のふたつの歌、もしかして…と妄想するときゅんときます(笑)。ぬばたまの歌と、三国志とさんまのクリスマスの歌も好きです。
読了日:08月29日 著者:穂村 弘
“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)
お話は相変わらず謎めいていて、複雑な心のぶつかり合いは時に読んでいて痛くてたまらなかったですが、ラストのふたりが見る雨の外の景色がぱあっときれいで、ふたりの気持ちがいとしくて、心が洗われるようでした。俊吾さん、最初誤解していたけれどいい人だなあ。そしてちょっとかわいい(笑)。後、帆夏ちゃんが一番好きです。彼女の幸せを願ってやみません…。
読了日:08月28日 著者:野村 美月
身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)
女装(←?)ミレーユがかわいらしくて満足(笑)。セシリア様もおかわいらしい…!原作のお話の復習にもなるので助かっちゃいます。今までよりぐっと縮まった距離はリヒャルトが格好良くてどきどき…。おまけ漫画もごちそうさまでした。
読了日:08月24日 著者:柴田 五十鈴
黎明のアルカナ 2 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 2 (フラワーコミックス)
シーザがかわいくていい人です(笑)。リトがどういうことになるのかとか、物語はまだ複雑そうなので、気になります。
読了日:08月24日 著者:藤間 麗
黎明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)
読了日:08月24日 著者:藤間 麗
隣の席の佐藤さん隣の席の佐藤さん
読了日:08月23日 著者:森崎
侯爵令嬢の持参金 -恋の話は妖精の庭で- (B's-LOG文庫)侯爵令嬢の持参金 -恋の話は妖精の庭で- (B's-LOG文庫)
読み終えるとほのぼのしあわせ気分になれるお話でした。しっかりものでお裁縫が得意なお嬢様のマリーシアが好きです。彼女の味方して読んでいると、シックスにはかなりいらいらしたけれど、事情と本音?が分かってからは、かわいいじゃないですか(笑)。フローラも好き。ただ設定が色々読み足りなかったので、続きに期待、でしょうか。
読了日:08月23日 著者:渡海 奈穂
異国の花守 (小学館文庫)異国の花守 (小学館文庫)
再読。読んでいると金沢に憧れてしまいます…。人の心があたたかい和風ラブロマンスで、安心して楽しめます(笑)。アレックス格好良いなあ…。花や着物やこまごまとしたものひとつひとつが美しくて雰囲気たっぷり。
読了日:08月21日 著者:波津 彬子
花々のゆううつ (FLOWER COMICS SPECIAL―うるわしの英国シリーズ)花々のゆううつ (FLOWER COMICS SPECIAL―うるわしの英国シリーズ)
シリーズものの途中から読んでみましたが、特に問題なく楽しめました。英国の上流階級の優雅な雰囲気にうっとり…。薔薇が良く似合います。「レディ・ダルリンプルの呪い」と「お決まりの結末」がお気に入りでした。
読了日:08月21日 著者:波津 彬子
学園アリス 16 (花とゆめCOMICS)学園アリス 16 (花とゆめCOMICS)
読了日:08月20日 著者:樋口 橘
学園アリス 15 (花とゆめCOMICS)学園アリス 15 (花とゆめCOMICS)
読了日:08月20日 著者:樋口 橘
学園アリス 14 (花とゆめCOMICS)学園アリス 14 (花とゆめCOMICS)
読了日:08月20日 著者:樋口 橘
学園アリス 13 (花とゆめCOMICS)学園アリス 13 (花とゆめCOMICS)
読了日:08月20日 著者:樋口 橘
六百頁のミステリー (花とゆめCOMICS)六百頁のミステリー (花とゆめCOMICS)
絵が繊細でかわいらしくてメルヘン。特に頁に散りばめられた星や花のモチーフがかわいい!本好き人間ならあるある…みたいなエピソードがたくさんで思わず何度もうなずいてしまいました(笑)。ロマンスより、図書館につどう人々(浅見ちゃん含む)の交流エピソードの方が好みかなあ(笑)。『銀河鉄道の夜』の頁が個人的にとても好き。
読了日:08月19日 著者:幸村アルト
君がいない夜のごはん君がいない夜のごはん
読みやすくて面白い食べ物エッセイ集でした。笑いと共感でいっぱいでときどきシュール。干しいちじくが好きな人は、「小梅とイチジク」は読まない方が良いのでは…。私はとりあえず忘れることにします(笑)。「きょうの料理ビギナーズ」テキストでも楽しみにしている連載なので、本として読むことができて嬉しい。
読了日:08月19日 著者:穂村 弘
砂漠の歌姫 (軽装版偕成社ポッシュ)砂漠の歌姫 (軽装版偕成社ポッシュ)
中学生のころから大好きだった「はるかな空の東」と世界を同じくする物語、ようやく読めました。個人的にはもう少し「はるか~」とのつながりが欲しかったですが(笑)、歌姫の卵の女の子が友達のためにがんばる素敵なファンタジーでした。とりあえず、ユンとレンディがその後どうなったかが非常に気になります…(笑)。
読了日:08月17日 著者:村山 早紀
賢者の秘密と黄金の腕輪~乙女は天使に囚われる~ (さらさ文庫)賢者の秘密と黄金の腕輪~乙女は天使に囚われる~ (さらさ文庫)
この作品設定はとても吉田縁さんらしい…。懐かしいです(笑)。なんだかんだでヒロインに振り回されている俺様なヒーローが楽しい。後はなんというか、ごちそうさまでした(笑)。
読了日:08月13日 著者:吉田 縁
学園アリス (12) (花とゆめCOMICS (3027))学園アリス (12) (花とゆめCOMICS (3027))
読了日:08月13日 著者:樋口 橘
学園アリス (11) (花とゆめCOMICS (2995))学園アリス (11) (花とゆめCOMICS (2995))
読了日:08月13日 著者:樋口 橘
学園アリス (10) (花とゆめCOMICS (2923))学園アリス (10) (花とゆめCOMICS (2923))
読了日:08月13日 著者:樋口 橘
学園アリス (9) (花とゆめCOMICS (2870))学園アリス (9) (花とゆめCOMICS (2870))
読了日:08月13日 著者:樋口 橘
そして花嫁は恋を知る 月の女神は黎明を導く (そして花嫁は恋を知るシリーズ) (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る 月の女神は黎明を導く (そして花嫁は恋を知るシリーズ) (コバルト文庫)
ルシアン教を国教とするまでのいきさつ…、予想以上に難しい内容でしたが、イリアティーヌが最終的にあの決断にいたった流れにはとても共感できました。読みごたえがあって面白かったです。ロマンス的にもほどよく甘くて幸せ気分になりました(笑)。ルクレティアス好きなので、彼の想いが成就すると良いな(笑)。
読了日:08月12日 著者:小田 菜摘
そして花嫁は恋を知る 黄金の都を興す姫 (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る 黄金の都を興す姫 (コバルト文庫)
イリアティーヌが色々な出会いや出来事を通して成長していくさまがいいな。このカップルはなんだか初々しくて好きです(笑)。ファウスタが悪役ながらに本当にかがやいている…(笑)。おまけ漫画のラブラブには笑ってしまいました。
読了日:08月12日 著者:小田 菜摘
そして花嫁は恋を知る 黄金の都を受け継ぐ姫 (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る 黄金の都を受け継ぐ姫 (コバルト文庫)
エウノミアとリフィニクスのお話は雑誌で読んでいたので再読でしたが、このふたりは何度読み返してもなんだか好きです。ショートストーリーが甘くてびっくり(笑)。エリスセレナがかわいいな…。
読了日:08月11日 著者:小田 菜摘
はるかな空の東―クリスタライアの伝説 (新こみね創作児童文学)はるかな空の東―クリスタライアの伝説 (新こみね創作児童文学)
中学時代に大好きだった本の再読。今読んでも本当に面白いです。強さと弱さを併せ持つ水晶の紋章の歌姫・サーヤ・クリスタライアと、本物の魔術師なのにゲーム大好きな頼れるお姉さんのハヤミさん、どちらも今でも憧れの女性です。ナルとトオヤの双子も、ユリアも大好き!音楽が何より人を救う世界観も良いなあと思います。村山早紀さんご自身の挿絵もまたかわいらしくてきれいで憧れです…。
読了日:08月10日 著者:村山 早紀
ハプスブルクプリンセスの宮廷菓子 (別冊歴史読本 67)ハプスブルクプリンセスの宮廷菓子 (別冊歴史読本 67)
ハプスブルク家のレディと彼女たちに愛された宮廷菓子…私にとっては大変楽しい本でした(笑)。ゾフィーがお菓子のレシピを収集して子どもたちにお菓子を作っていたとは意外でした、より彼女に親近感アップ(笑)。凝ったお菓子はどれも美味しそうで実際に食べてみたい。
読了日:08月10日 著者:関田 淳子
そして花嫁は恋を知る 青の大河をのぼる姫 (コバルト文庫) (そして花嫁は恋を知るシリーズ)そして花嫁は恋を知る 青の大河をのぼる姫 (コバルト文庫) (そして花嫁は恋を知るシリーズ)
お母さまも末の姫にはやっぱり甘いのね…とか思ったり(笑)。プシュケの設定上感情移入して読めるか不安でしたが、甘やかされているとはいえもともと賢い子ではあったし成長していく様は良かったです。でもやっぱりレトムゥールの方の気持ちも読みたかったな。
読了日:08月10日 著者:小田 菜摘
桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)桃山キョーダイ 2 (花とゆめCOMICS)
千尋ちゃんも有馬君もかわいいなあ。ほんわか(笑)。安心して読めます。二人の距離がもどかしくてやきもき。これからどうなるのか…。
読了日:08月08日 著者:ふじつか雪
そして花嫁は恋を知る 緑の森を統べる姫 (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る 緑の森を統べる姫 (コバルト文庫)
ふたりが離れ離れになった分、糖度アップ…という訳にはいかなかったですが(笑)、エリスセレナの頑張りは素直に応援して読んでいけました。マティアスが本当に黒くてエリスセレナ視点で読んでいるとかなりいらいらしましたが(笑)。ルドウィカは思っていたよりしたたかなお嬢さんで良かったです。
読了日:08月08日 著者:小田 菜摘
そして花嫁は恋を知る―緑の森を拓く姫 (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る―緑の森を拓く姫 (コバルト文庫)
ヒロインの気持ちに一番共感して応援して読むことができて、お話の筋も分かりやすかったかな。エリスセレナも好きだけどレイアも好きです、もっと活躍してほしかったな(笑)。前作の主人公たちのその後の功績もちらりと触れられていたのが嬉しかったです。
読了日:08月07日 著者:小田 菜摘
作家の口福 (朝日文庫)作家の口福 (朝日文庫)
空き時間等に気の向くままぱらぱらと読んでいました。大体は新聞連載時に読んでいたので一応再読。三浦しをんさんやっぱり最高(笑)。森絵都さんの勘違い話もなんだか分かる分かる(笑)。名前しか知らない作家さんも色々楽しめました。
読了日:08月05日 著者:恩田 陸
そして花嫁は恋を知る 大河は愛をつなぐ (そして花嫁は恋を知るシリーズ) (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る 大河は愛をつなぐ (そして花嫁は恋を知るシリーズ) (コバルト文庫)
「紅の砂漠をわたる姫」が好きだったのでもう少しお話につながりがほしいかなあとも思いましたが、これはこれで(ロマンス的には)さらりと楽しめました。盛装したナルメルが美人(笑)!アリアスも妙に憎めないヒーローで好きでした。最後のおまけ漫画が幸せ感いっぱいで満足♪
読了日:08月05日 著者:小田 菜摘
無音の哀戀歌 〜さようなら、わたしの最愛〜 (コバルト文庫)無音の哀戀歌 〜さようなら、わたしの最愛〜 (コバルト文庫)
予想以上にずーんと重ためのテーマでしたが、結局読むのを止められずに読み切っちゃいました。勢いがありました(笑)。前半の悲しい恋はなんとも切ない…。結末が辛い。後半は主にロマンス以外の部分で読みごたえがあったような。私は前半のヒーローのシャルルが好きだったので、結局最後まで一番応援して読むことに(笑)。
読了日:08月04日 著者:御永 真幸
オズのかかし使い (花とゆめCOMICS)オズのかかし使い (花とゆめCOMICS)
童話の絵本みたいな雰囲気の少女漫画。ほのぼの可愛らしくてなごみました。チェルヴィ・ローズの分かりにくい優しさが好き。
読了日:08月03日 著者:壱春コマ
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と紫の約束 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紫の約束 (角川ビーンズ文庫)
シャルのアンへの気持ちがとてもかわいらしくてにまにましました(笑)。昔とは比べ物にならない良い雰囲気…。ノアとハーバートのエピソードはほろりときました。砂糖菓子作りの勝負もどきどきで最後まで良かったな。でもグラディスのあれこれが不安だったところに…ラストで案の定。これからどうなってしまうんでしょう。後、ブリジットも前より嫌な娘じゃなくなってきたかな。エリオットさんも好きです。
読了日:08月01日 著者:三川 みり

読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

おひさしぶりです。

こんにちわ!本当に時間が過ぎていくのは早いですね~。
もう9月・・・会社員の私には上期の最後の月です。半期終了です(泣)
バタバタしているうちに終わりそうです。
それはさておき、fallcloverさんの8月の読書量、相変わらず多いんですね。
すごいなーと思います。

そうそう、さっそくヴィクロテの最新刊、私もゲットしました!
短編4作ともに、とっても楽しく読みました。
fallcloverさんのご感想もそのうちアップされるかと思いますので、
楽しみにしていますね。
個人的には、アントニーの涙ぐましい奮闘ぶりがとっても良かったです(笑)
ブリジットも本編だと解かりにくい献身ぶりが見えていいなー。
いろいろと満足な1冊でした。

ちなみに、来月の花ひらく淑女・・って最終巻?
コバルトwebはクライマックス直前って書いているので、完結編なのか、
このあと完結なのか、やきもきしているところです。(笑)

青木先生のサイン会、行けそうということで、とってもうらやましいです。
ぜひ、楽しんでいらしてくださいね。
昨日から該当の本屋さんで整理券を配っているんですね。
先着100名限定とか・・ぜひ、カラー色紙ゲットしてくださいね!

それでは、そちらは台風が近づいているようですし、
ぜひ、気をつけてくださいね。
相変わらずの長文コメントですみません。それではまた。

URL | かのん #-
2011/09/02 11:33 * 編集 *

Re: おひさしぶりです。

>かのんさん
コメントありがとうございます。

こんにちは♪こちらこそ、お久しぶりです(笑)。
お忙しい中で、わざわざ私のブログにいらしてくださってコメントもいただいて、私は嬉しいですーいつも本当にありがとうございます!

8月の読書量が多いのは…、古本屋で立ち読みした漫画とか、妹の漫画をまとめ読みしたのとかもたくさん混じってるからです…(笑)。
シリーズものにいったんはまると時間の許す限り一気読みしてしまうタイプなので、加減がなかなか(笑)。

さて、ヴィクロテの新刊、もちろん(笑)、手に入れて読みました♪
私は前の2話は雑誌で読んでいたので再読で新鮮な驚きはなかったですが…どのお話も良かったです♪
(『キスよりも~』の感想は、実は約一年前の雑誌掲載時にもブログでこそっと書いていたので、もしよければのぞいてみてください。あの当時は『月の降る城』と同時期で、甘甘に飢えていた私にはよけいに嬉しかったなあ、と記憶してます。笑)
2話と3話を続けて読むと、アントニーの涙ぐましい努力がひしひしと伝わってきますよね!
はい、多分1週間以内には感想を長々と書くかと思いますので、もしよければどうぞ。私なんかの語り記事を楽しみにしてくださっている方がいるなんて本当、幸せです♪

私も、次回の『花ひらく淑女』が完結なのかどうか、やきもきしているひとりです(笑)。
今回の文庫のあとがきにも次回完結と書かれてなかったですし、青木先生のブログを拝見している限り…、完結じゃないのかも、という気もしてきてます…。どうなんでしょうね?

はい、青木先生のサイン会、急用でも出来ない限りは行けそうです。
この書店、実は名古屋での学生時代からよく利用している大型書店なんですよ。整理券もゲットしてきました(笑)。
行くことができない皆さま方にはなんだか申し訳ないのですが…、せっかくなので、楽しんできたいと思ってます♪
今年の私の運は、これですべて使い果たすことになるかと思われます…。

いえいえ、ヴィクロテの長文コメント大歓迎ですので!(←しつこい)
またいつでもお時間のあるときにコメント下さいませ。お待ちしてます♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/09/03 14:12 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/935-5dbd4984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)