Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『愛蔵版 蛍火の杜へ』緑川 ゆき 

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/09/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る



緑川ゆきさんの過去の名作読み切り『蛍火の杜へ』の愛蔵版コミックス。
『蛍火の杜へ』本編&描き下ろし特別編、読み切り『体温のかけら』『星も見えない』収録。


ついに出ました、『蛍火の杜へ』愛蔵版。
ブログでもすでに何度も書いてきましたが(この記事とか)、この短編、初版コミックスのころから私、それはもう大好きで。
初版のコミックスは、同時収録されていたお話込みで、これまで私が読んできた漫画・ベスト10を挙げるとすれば、まず確実に選ぶ作品です。

表紙がまずとてもきれいで、昔読んだ(今も読み返してますが)コミックスのイメージそのままで、嬉しくなってしまいました。
蛍のワンピースがかわいらしい。やっぱりこの子はワンピースだよね(笑)。
お面をずらしてわずかに見えるギンの顔、目がなんだかとても優しくて、ああ、良いなあと思いました。
表紙カバーを外すと見えるのは、これは、初版コミックスの表紙ですね!

えーと、本編の方は、あまりに好きすぎて、今更感想を文章で語るのはとても難しい…(苦笑)。
きっと他の方もたくさん感想を書いていらっしゃることでしょうし、私はあまり語らずにいこうかと思います。
クライマックス辺りのシーンは特に、登場人物の台詞、仕草や表情は、今でもほぼ暗記しています。

好きだよ
ええ 私もよ


もしかするとネタばれかもしれないので反転にしましたが、このやりとりがもう、切ない!
抜き出してしまうととたんに陳腐になってしまうのであれなんですが…漫画の世界の中で味わいたいことばです(笑)。

ラストの一頁まで読むと、あまりに突然だった喪失の悲しみと、その中でも確かに感じられるほのかな明るさと前向きさが、しびれるほどに美しくて、酔いしれてしまいます。
うう、こうしてブログ記事を書くために読み返しているだけでまたじわっと…この作品で泣いたのはこれで何度目だろ(笑)。

『夏目友人帳』の3巻目の第10話「闇に光るのは」で、山神さまと人間の娘の恋が昔語りで出てきたときには、読んでいて私、「ああっもしかしてギンと蛍のその後のお話…?」と一瞬真剣に思ってしまいました…。
良く考えなくてもありえませんけどね(笑)。
でも、ギンを生かし続けてくれていると言う山神さまは、もしかすると、この『夏目』の昔語りの山神さまと同一の神さま、なのかもしれないなあとは、読み返して勝手に思いつきました(笑)。
ブログを読み返していると、3巻目の感想にも私、色々書いてありました…。こちら

描き下ろしの読み切り、どんな風だろう?とどきどきしていたのですが、良かったです!短いながらにとても良かった。
本編を読んでいたときにはいまいち良く伝わってこなかったギンからの蛍への想いが、ほのぼの優しく描かれていて、読んでいて胸がいっぱいになりました…。
蛍視点から離れて読んでいると、ギン、普通に素直でかわいい少年?(笑)
プリン…とぽつりとつぶやいた彼が、印象的でした。
妖怪さんたちもギンに優しくて、良い味だしてますねえ。
この読み切り自体はけして悲しいお話ではなかったのに、読み終えて、思わずまた涙しました。

読み切りふたつも、『蛍火の杜へ』とは関係のないお話でしたが、どちらも読めて良かったです!
お話自体も良かったし、それぞれの作品のタイトルも好き。『あかく咲く声』からずっと思っていましたが、私、緑川さんのネーミングセンスがとても好きなのです。

「体温のかけら」
あとがきによると、ちょっと意地悪なものを描きたくて描かれたというお話ということで。なるほど。
それぞれのお互いへの想いが、暖かでやさしくて、でも切なくて苦くて、胸がきりきりしました。私的にはこのラストで良かったなと思ったのですが、それでも竹崎さんがねえ、何とも…。

「星も見えない」
緑川さん作品にはちょっと珍しく、男の子の主人公が相手にアタックしていくお話、ですね。
才谷君ってなんだか、『夏目友人帳』10巻目の柴田君に似てる気が…(笑)。やっぱり切ないストーリーの中で、彼の明るさには読んでいて救われました(笑)。
こちらのふたりは、なんとか気持ちが重なったようで、ほっとしました。
ふたりの未来、きっとつながっていると信じてる。


もうすぐ公開されるという映画も、楽しみです!
実は映画ってほとんど行かない私なのですが、これはもう絶対に、観に行きたいなと思います。


昨日記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 漫画・白泉社

タグ: 緑川ゆき 

この記事に対するコメント

こんにちは。
これ、絵があったかい感じでいいですよね!
私は夏目友人帳見ているとき、映画の予告で知ったんですが、
もう、見るき満々です。
コミックは読んだことがないので、これから読もうかななんて思ってます。

URL | やすだ #-
2011/09/14 16:41 * 編集 *

Re: タイトルなし

>やすださん
コメントありがとうございます。

どうもこんにちは♪
そうですよね、表紙の絵の雰囲気が、あたたかくて優しい雰囲気で素敵ですよね…!
夏目友人帳というと、やすださんはアニメで観られたのでしょうか?
私はアニメみてないので何とも分からないのですが…、アニメの評判も良いものばかりきくので、『蛍火の杜へ』の映画もきっと素敵なんだろうなと、今から期待でいっぱいです(笑)。

『蛍火の杜へ』は学生時代に出会って今なお大好きな少女漫画です。やすださんも、機会があればぜひ読んでみてくださいね♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/09/15 09:09 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/942-4298ab19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)