Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『八朔の雪―みをつくし料理帖』高田 郁 

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05)
高田 郁

商品詳細を見る



神田御台所町で江戸の人には馴染みの薄い上方料理を出す「つる屋」。
店を任され調理場で腕をふるう澪は、故郷の大阪で少女のころ水害で両親を失い、天涯孤独の身の上。
大阪と江戸の味の違いに戸惑いながらも澪は、天性の味覚と負けん気をもって、日々研鑽を重ねる。
料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と彼女の周りの人々の人情が織りなす、連作時代小説のはじまりの一冊。


あちこちで良い評判をきいたり書店で平積みされているのを見かけたりで、以前からずっと気になっていた時代小説シリーズ。
江戸が舞台の時代小説ってほとんど読んだことがない私なのですが、このシリーズはなんといっても「お料理」が主要テーマのようで。
美味しいものを作るのも食べるのも大好きな私、興味が出てくるじゃないですか(笑)。
加えて若い女の子が料理人で主人公だと知り、それはよけいに私好みだと思い(笑)(くわえて「澪」という名前も好き)、こうして読み始めるまでに至ったのでした。
今の時点で、シリーズ二冊目まで読み終えたところです。
この一冊目は読み終えてから間があいてしまったので、内容が少し忘れかけになってしまい…、思い出しつつ。

いかにも「時代小説」っぽい表紙で、やっぱり少し身構えて手に取ったのですが、いったん読み始めるとこれがとても読みやすく、さくさくと一冊読み切ってしまいました。文章も読みやすいし、そこまで分厚くもないですしね。
計四つの短いお話に区切られて物語が進行していくスタイルなのも、読みやすかったポイントかもしれません。
一話一話きちんと区切りがついているので少しずつ読んでも良さそうでしたが、面白かったので、結局私は、特に途中からは一気読みでした(笑)。
タイトルの「八朔の雪」もそうですが、センス良くきれいな言葉が多いのも嬉しかったです。

特に最初の方で「桑名の時雨蛤」がちらっと出てきたことで、三重に住む私は個人的にぐっと親しみがわいてはまりこみました(笑)。
ネット上で教えていただいて最近知ったのですが、時雨(しぐれ)って、日本全国でメジャーな食べ物ではないんですね。しぐれおにぎりも店で売ってないんですね…。ちょっとしたカルチャーショックです。私にとっては梅や鮭と同じくらい馴染みのあるおにぎりの具材なのですが。
美味しいですよ、時雨は。おにぎりやお茶漬けに最適です。あさりの時雨も美味しいです。(宣伝)
…ちょっと(?)話がそれました。

ええと、なんといっても、料理を作る澪の姿がそれはそれは魅力的で。
もともと持ちあわせていた料理人としての才も、たえることなく料理にかける情熱も、人一倍の根性も、素敵だなあ。
澪の身には、次から次へとあまりに困難なことばかり降りかかってくるし、周りの人は小娘だからといってけして澪を甘やかさずにきついことははっきり言うしで、読んでいてときどき痛々しくもなってくるのですが、それでも彼女はけしてつぶれない。
一度は落ち込んでも、次にはそれを糧にして、さらなる高みを目指そうとして、ひたすらがんばる。
そんな彼女、最後まで素直にひたすら応援して、読んで行くことができました。
会心の料理ができたときの澪の充実感と言ったらもう(笑)。

そんな澪をとりまく周囲の人たちがまた、あたたかで素敵な人ばかりなのでした。
今となっては澪のお母さんのような存在の芳がすごく好きです。澪との出会いエピソードから惚れ惚れします(笑)。凛とした格好よさとあたたかな優しさを兼ね備えていて。
血がつながってはいないけれど、慣れぬ江戸の地で、女性ふたりで心を寄り添わせて力を合わせて生きている姿は、読んでいるだけでほっこりするものがありました。
「お母はん」の場面では、じーんと…。「ご寮さん」という呼び方もとても好きなんですけどね。
「つる屋」の店主の種市さんも好きですねえ。特に二話目くらいからは、茶目っ気のあるかわいいおじいちゃん的な面も読めたりして(笑)、余計に親しみがもてました。口調もなんだかかわいいです(笑)。
澪が種市さんみたいな人と巡り合えたのは、もう本当に良かったなあ。
おつるさん、過去に一体どんな物語があったのか…。

他に、澪の窮地にいつもさらりと優しく手をさしのべてくれる町医者の源斉先生も良かったです。私、こういうナチュラルに優しい人好みだよね…(笑)。
小松原さまも、澪にきついことを言うこともあるけれど、彼女や「つる屋」のことを思っていってくれているのが段々分かってきて…、微笑ましくなりました。正体がとても謎なので気になるところです(笑)。
澪を取り巻くこういった人たちの人情味がとにかくほっこりあたたかくて、とくに澪の辛いときにはよけいに身に染みて、読んでいてこちらもぐっときました…。

途中で出てきた澪の幼馴染みの野江ちゃんの過去エピソード、切なくもとても印象的だなあ…と思っていたら、後半になって出てきた、まさかのあのシーン。
彼女の正体を澪が悟って、自分にたくされた彼女の思いを知るシーンでは、思わず目頭があつくなりました。
自分に寄せてくれる友情と信頼に、最終的に、背筋をはってきちんと答えた澪がまた良かったです。

そしてストーリーの面白さもさることながら、この作品、澪が次々とこしらえていくお料理の数々が、とにかく美味しそうなものばっかりで(笑)。
四季の移り変わり、江戸のお客の要望、周囲の人への心遣い、色々なものを頭の中でさっと組み合わせて工夫して…、時代も違う小説の中なのに、現代でぽつぽつワンパターンのご飯を作っている私にもリアリティがきちんと感じられて、楽しくて仕方がありませんでした。
江戸と上方の味の違いが重要なテーマになっているところも、面白かったです。江戸の人と上方の人、調理場にて食文化の違いを知るたびにびっくりしている姿が、楽しい(笑)。ときどき私も発見があってびっくり(笑)。
私の家の食べ物はどちらかというと関西よりなので、澪たちの感覚の方が読んでいてしっくりきました。
ところで一番出汁を実際に最初に考案したのって、誰なのかなあ…?今まで全然気にしたことなかったんですが。


読んでいると、美味しいお出汁をきちんとひいて、素材の味を生かしたシンプルな和食を作りたくなる、そんなお話でした。
実際この本を読んでから、いつもよりていねいに、お出汁をしっかりひいて料理を作るようになりました。(ただしお出汁のとり方自体は昔某レシピ本に書いてあったのをとりいれた時間短縮手抜き方法なのですが。笑)
出汁をしっかりとると、調味料の量が少なめでも、深い味わいのあるお汁ができるので、なんだか嬉しいです(笑)。


昨日記事に拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 歴史もの

タグ: 高田郁 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/966-0ad8deaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)