Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『竜宮ホテル 迷い猫』村山 早紀 

竜宮ホテル 迷い猫 (f-Clan文庫)竜宮ホテル 迷い猫 (f-Clan文庫)
(2011/10/17)
村山 早紀

商品詳細を見る



作家の水守響呼は、異界の住人が見える左目を持ちながら、その力とそれゆえに見える世界を否定して生きてきた。
だが、住まいの古アパートが崩壊し呆然としていた響呼は、その傍らで猫の耳としっぽがある少女と出会う。
倒れてしまった少女を連れて、偶然出会った出版社の青年にすすめられるまま、今はアパートになっているというクラシックホテル「竜宮ホテル」に世話になる響呼。
その「竜宮ホテル」、美しくも一風変わったホテルのようで……。


「f-Clan文庫」、創刊ということで。
村山早紀さんの小説は昔からいくつか読んできてとても好きで、新しいレーベルでこのお話が出るときいて、気になっていました。タイトルもちょっと不思議に魅力的な響きで。
そして実際に書店で平積みされているのに出会い、表紙の猫耳の女の子がとてもかわいらしく魅力的だったのに心惹かれ、手に取って買ってきました。
私がときどき利用する名古屋の星野書店は、f-Clan文庫の先行販売というありがたいことをしてくださっていて、実は10月のはじめのころからずっと店に並んでいたのでした。私が実際にこの本を読んだのも、発売日前だったりしました。手に入れられた時点でちょっと得した気分でした(笑)。

実際に読んでみて。
なんともいえずに、優しくてきれいであたたかいお話でした。
うーん、大人が読むためのおとぎばなしというか、メルヘンというか。現代日本が舞台の。
恋愛をテーマに書かれてないので少女小説ではないかな、でも子ども向けの童話でもないですよね。上手く言い表せないな…。

物語の文章、ひとつひとつの言葉が、ていねいにふんわり優しく書かれていて。出てくるキャラクターのひとりひとりが優しくて。
響呼さんの過去の心の傷に物語が進んでいき、彼女の気持ちに同調して切ない思いになりつつも、読んでいて嫌な気持ちになる部分は全然ありませんでした。
こういう予定調和な物語を読みたいときって、ちょっと元気がないときなど、確かにあるのです。
現実からひとときトリップして、不思議できらきらしたものがぎゅっとつまった夢をみて楽しむ時間、良いですねえ。

この作者さんが書かれる、何と言えばいいのかな、ヒロインたちの孤独な少女時代のエピソードは、いつも私は読んでいて、思いきり同調してしまいます。
「学級文庫や図書館の本を読んで、物語の世界の中で暮らし、息をした。」(52頁)とか、昔の私の姿そのものです…(笑)。本の世界に入り込んで、自分が入っていけない教室のにぎやかさから、必死に目をそむけていたっけ。今となってはただの思い出ですが。…話がそれました。
そしてヒロインだといって完全に良い子ちゃんではなく、弱いところとか欠点も持っているごく普通の女性として描かれているのも、共感しやすくて良いなと思います。

自分が書いた物語で、誰かがこんなに幸せになってくれるなら、これ以上の幸せはないよなあ…と、響呼さんが自分の小説の愛読者にひとりひとり出会うたびに、私まであたたかな幸せ感にひたれました。
私も本好きとして小説家になりたいと夢見たこともありましたが、結局そんなたいそうな物語は自分には作れないと経験を通して悟りまして(苦笑)。それでもこんなお話を読んでいると、やっぱり憧れてしまいます。
響呼さんの作家ライフを少し垣間見れたのも、興味深かったです。
そして響呼さんの小説、これほど皆に愛されている美しい小説を、実際に読んでみたくなりました。

プロローグ、妖精と人間の優しい娘がある約束を交わしたおとぎ話と、現代日本に普通に暮らす響呼さんの物語が、連続して混じり合っていて。
響呼さんやお母さまの人生、辛い…と切なくなってきました。特に綾川先生のエピソードは切なかった。
響呼さんのその後の人生はどうなるのか、優しい竜宮ホテルの物語を読み終えた後も、まだちょっと不安だったり。
彼女にとっての幸せってなんだろう。彼女は彼女の幸せを手に入れられるのか。
これからの物語にどうつながってくるのか、気になります。

響呼さん以外の、竜宮ホテルに住まうメンバーたちひとりひとり、皆さんとても魅力的で、そこもとても楽しめました。
ひなぎくちゃん、表紙イラストのイメージそのままで、かわいらしいこと!(笑)こんなかわいくて健気でいいこに懐いてもらえたら、きゅんきゅんします(笑)。
愛理さんや響さんたちのエピソードもそれぞれとても印象的で、心に残りました。

後、私のお気に入りは、一番最初に響呼さんにコンタクトをとって竜宮ホテルに連れてきた、新米編集者の寅彦さん。
優しくておだやかな物腰の好青年なところも、それでいて実は一筋縄ではいかなさそうなところも、素敵(笑)。
響呼さんと寅彦さんがそれぞれの幸福と不幸について語りあっていた最初の方の場面が、実は、この作品の中で、私の一番のお気に入りの部分だったりします。上手く言えないんですけれど、好きです。
私、このレーベルのコンセプトをいまいち分かってないのですが、このふたり、将来恋人になるとしても、すごくお似合いになるんじゃないかと思います(笑)。
乱暴な理論ですが、ふたり一緒になってそれぞれの運命を合わせれば、幸福と不幸が差し引きゼロになってちょうど良くなるんじゃないでしょうか(笑)。

寅彦さんのご両親のエピソードも実はすごく気になるのです。
お母さま、もしかして本当に雪女、なのでしょうか。お父さまとお母さまのロマンスをぜひ読んでみたいです。こういうロマンス大好きです。
お父さまのお手製サンドイッチも美味しそう!

後はええと、「竜宮ホテル」というホテルのたたずまいが、とても素敵だなあと思いました。
伝統のある美しいホテル、それでいて不思議なものも自然にすんなり受け入れてくれる懐の深さ、親しみやすさが感じられて。
調度品の細かなところまで、乙女心をくすぐるものばかり(笑)。玄関のお花も素敵ですね!
「風早」の街のイメージに、調和しているな…とすっと感じました。このかすかなつながりが、昔から読んでいる人間としてはやっぱり嬉しい(笑)。

キャラクターひとりひとりが魅力的なものを持っているのに各人のエピソードは少なめで、正直そこが読み足りないなあ、各人がもっと響呼さんに直に関わってくるお話が読みたかったなあ…と思って頁を閉じたのですが、どうもこのお話、きちんと二巻目も出るみたいで。
なるほど、それはひと安心です(笑)。
二巻目のお話も、発売されるのを楽しみに待っていたいと思います♪


昨日それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: その他少女小説レーベルの本

タグ: 村山早紀 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/969-487bf532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)