Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

私的本の情報メモ(11月) 

もうすでに明後日には11月ですが(今は夜なので実質後1日ですか…)、来月の購入予定の本のメモを。プラス、とりとめのない語りを。
購入予定、小説も漫画もごちゃまぜです。少女小説と少女漫画の新刊のみ挙げてます。

『聖者は薔薇を抱きしめて ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子 11月1日

『そして花嫁は恋を知る 想いは砂色の聖地に集う』小田菜摘 11月1日

『ちょっと江戸まで 第6巻』津田雅美 11月4日

『暁のヨナ 第7巻』草凪みずほ 11月18日

『侯爵令嬢の持参金 ~愛の誓いは妖精の森で~』渡海奈穂 11月15日


ここのところ新刊ラッシュ気味だったせいかどうか、ちょっと控えめ…でしょうか?
それでも『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』の短編集とか今からそわそわしてます…待ちきれない!
すでにアマゾン等でアップされている表紙、パメラはさすがの美女ですね。素晴らしい。おさえられた色味がたまらないです。
真夜中の恋文の続きもとても楽しみ。

そして今気付きましたが(笑)、『ちょっと江戸まで』は完結なんですね。
途中から読み始めたシリーズでしたが、津田雅美さんは高校生のころから10年くらい作品を読んでいる作家さんでもありますし、ひとつの物語が語り終えられるのは楽しみです。
『公爵令嬢の持参金』、ブログには書いていませんでしたが、ややあっさりながらに結構好きなタイプの少女小説だったので、続きが楽しみです。『夜の王子と魔法の花』といい、この作者さんが書かれる頑張るヒロイン、私はわりと好みなのかもしれません。…ってこの2冊しか読んだことないんですけどね。

『みをつくし料理帖』シリーズと、深山くのえさんの『桜嵐恋絵巻』シリーズと、その他いろいろ、気の向くままに読んでいる最近の私です。
『桜嵐恋絵巻』、1巻目だけ読んでなんとなくストップしていたシリーズだったのですが…、続きを読んで行くと、結構好きでした。深く考えなくても甘ーい雰囲気に安心して和める、ストーリーも王道ながらにしっかり面白い少女小説、深山さん、やっぱりいいなあ。すでに完結しているようですし、ゆっくり読んでいこうかな。

あと、地元の図書館のリサイクル市で素敵過ぎる掘り出し物を見つけ出して、ほくほくしてます。
『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの過去の短編、文庫未収録の挿絵がちらほら…。素敵すぎ(笑)。
それだけでなく『活字倶楽部』の私が持っていなかった過去の2冊くらいも入手してきました。
懐かしいな、この特集。

ここの図書館が、私が高校生になったあたりで『雑誌Cobalt』と『活字倶楽部』を取り扱い始めたのが、私が今のような読書人生を歩むことになったきっかけの大きな一つだったよなあ、今にして思えば。

まあそんな感じの私の読書の近況でした。


ここ数日の間にそれぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪
コメントもいただきまして、嬉しいです、ありがとうございました!返信はあと少しお待ちいただけるとありがたいです。

関連記事

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/974-e8626623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)