Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『小夜しぐれ―みをつくし料理帖』高田 郁 

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る



『みをつくし料理帖』シリーズ、第五弾。
季節が春から夏へと移ろい始める卯月のある日、日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣きはじめた。
美緒の話によると、彼女が想いをよせる相手・源斉とは違う相手との縁談が進んでいるようで……。(『小夜しぐれ』)
表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話収録。
澪の恋の行方にも目が離せない一巻。


『みをつくし料理帖』シリーズ、5冊目も早速読了。
ああ、やっぱり面白いです!巻を追うごとにますます面白くなり、物語に引き込まれていってしまいます。
澪の物語にもどきどきですし、彼女の周りの人々のお話もまた魅力的なものばかりで、読んでいて真剣に感情移入してしまいます。種市さんも美緒さんも芳さんもふきちゃんも大好きですー!皆のきずなも一層深まってきてとても良い感じ。


以下、章ごとに区切って感想を。
一応ネタばれにご注意ください。

『迷い蟹――浅蜊の御神酒蒸し』
種市さんとおつるさんにまつわる過去話が明らかに。
種市さん、以前も出てきたけど、若いころは結構無茶苦茶していたんだな…。それでも心を入れかえて大切に育ててきたおつるさん、彼女の身に降りかかった悲劇は、読んでいてやり切れませんでした。あの言葉を娘にかけた種市さんの後悔が、ひしひしと伝わってきて。
芳さんがふきちゃんに向けた台詞が好きでした。

「けれど、大方の人はそうやない。互いを思い、助け合い、風通しよう生きたいと願うてる。
それでも、心ならず誰かに憎しみを抱くこともある。
殺めてやりたい、と思うほどの憎しみの裏には、他人には言えん、量り知れん苦しみがあるはずなんやで」 (37頁)

澪とふきちゃんがふたりして種市さんを追っかけていく場面、緊張しました…。血のつながりのないふたりの娘が種市さんに寄せる想いにじんときつつ。
そして憎い敵の予想していなかったあたたかな父親としての姿。
「信じて寄り添ってくれる誰かが居れば、そいつのために幾らでも生き直せる。ひとってのは、そうしたもんだ」
―情景とこの言葉が重なり合わさって、切なさとぬくもりと苦味といつくしみと…うーん、何とも言えない読了感でした。

「浅蜊の酒蒸し」って、江戸時代からあったのですね。家ではバターで炒めますが、生姜と胡麻油も美味しそうだな。
迷い蟹(?)、私はちりめんじゃこにときどき見つけます。ちっちゃなころは蟹さんを見つけると嬉しかった(笑)。

『夢宵桜――菜の花尽くし』
吉原の花見の宴の献立をまかされる澪、特に後半部分はなんとも雅やかで、春らしくはなやいだ気分になれるお話でした。
それにしても菜の花が、当時はそんなに贅沢品だったとは…。理由が分かれば納得でしたが、現代日本で菜の花を普通に料理して食べている私にとっては、びっくりでした(笑)。面白いなあ。
トラブルはあれども、澪の料理を感心して食べていた客たちに、私も読んでいてほっとしました。又次さんの桜のお酒も素敵だったなあ…。(ため息)そして、夢かうつつか、野江とのひとときの再会も。
贅沢品をふんだんに使って作られる料理も魅力的だけれど、うどの皮のきんぴら、みたいな材料を使い回して美味しく工夫してあるお料理も、読んでいて私はとても好きです。参考にもなりますしね!

ところでひさしぶりに(?)源斉先生と澪のふたりの場面が出てきて、個人的に嬉しかったです(笑)。鶯の場面とか微笑ましくて。
118頁の源斉先生の台詞も大好き。こういう姿勢で毎日料理ができたら理想ですよね…。

「この前、白粥を食べていて思いました。どうして澪さんの料理はこんなにも美味しいのか、と」
「それは多分、あなたが食べるひとの身を思って料理しているからだろう、と気づきました。美味しく食べてほしい、食べることで健やかになってほしい、と」

この時点ではまだ何とも言葉になっていませんでしたが、やっぱり私は個人的には、澪には源斉先生派です(笑)。でも彼女の小松原さまへの想いがひたすら一途でいじらしいので、結局は彼女の恋を一番に応援します!みたいな感じかな。

『小夜しぐれ――寿ぎ膳』
美緒さんの結婚話がここにきて…。うーん、巻が進むごとにお気に入りのキャラクターになってきた美緒さんなので、やっぱり彼女が辛い思いをするのは切ないなあ。もうすっかり100パーセント彼女の味方になっている種市さんやおりょうさんの姿にほっこりしました。
そして、美緒さんと澪の友情がやっぱり好きです。こんなことになっても澪を憎めないと言う美緒さんが、切なくて愛おしい。
一方、まさかの佐兵衛さん。普段何事にも動じずきりっと皆をたしなめる役の芳さんが、息子のこととなるとすっかり母親に戻って取りみだしたりもするのが、かえって人間味があって良いなあと思います。澪と芳さんの関係もやっぱり大好き!

このお話では、澪が美緒さんを思って作る鰊の昆布巻きが、一番印象に残った料理でした。
鰊が昆布を抱きしめて、ふっくら炊き上がった昆布巻き。夫婦になるふたりに寄せる澪の思いが伝わってきて…。
美緒さんの心境を思うと正直複雑なものはあるけれど、食べる人を思ってこしらえる澪らしい、本当に素敵な祝い膳だなあと思いました。

『嘉祥――ひとくち宝珠』
ここにきて、まさかの小松原さま視点のお話が!(笑)
つる家の面々のお話とは舞台も雰囲気も違って、色々新鮮で楽しかったです。
小松原さまこと数馬さんの性格ゆえか、のびのび自由な読み心地だったなあ。
早帆さん夫妻も素敵ですね。
料理のテーマもいつもとは違って甘いお菓子で、お菓子好きな私にはこれまたたまらなかったです。もっとお江戸の甘いもの巡りをしてほしかった…興味あったのに(笑)。
きなこで作るひとくち宝珠、美味しそうだなあ。巻末レシピを見ているとやっぱり手間がかかりそうだけど(笑)。


さて最新刊まであと一巻。
もうすでに読んでしまったので、衝撃の展開の数々、澪の選んだ道も承知してます。まだちょっと呆然としてます…(笑)。

関連記事

カテゴリ: 歴史もの

タグ: 高田郁 

この記事に対するコメント

こんばんは。
私もこの作品気になってました~。
というわけで買ってしまいましたよ♪
今はまだ読めてないですが。←畠中恵の『まんまこと』シリーズ第二弾『こいしり』に夢中なため(笑)
ちなみに現在、和風好き熱が上がっているため、何故か和風作品を探してしまう自分がいます。

URL | 明都 #IjUZIPhA
2011/11/14 22:22 * 編集 *

Re: タイトルなし

>明都さん
コメントありがとうございます。

どうもこんにちは♪またブログにいらしてくださって嬉しいです、ありがとうございます!
わあ、明都さんもこの作品買われたんですねー。
読了の際にはまたお話などできると嬉しいです!

和風ものは私も好きですー。私が中学生・高校生だった頃に比べて今は本当にバラエティ豊かな和のお話が出ていて、目移りしてしまいます(笑)。
畠中恵さんもずっと気になっている作家さんです。いつになるか分かりませんが、いつか手を出したい…(笑)。

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/11/15 10:46 * 編集 *

みをつくしの一巻の一話目読みました。
源斎先生素敵です♪
うん、小松原様と幸せになってほしい気もするけど……源斎先生とでも素敵かもと思ってしまいます。
続きはまだ読めてないですが、楽しみです。

URL | 明都 #ety68uN.
2011/11/17 22:51 * 編集 *

Re: タイトルなし

>明都さん
再びコメントありがとうございます。

『みをつくし』早速読まれたのですね~!
ね、源斉先生素敵ですよね…明都さんが同意してくださって嬉しいです(笑)。
この続きからは、澪のロマンスも一巻目に比べてしっかり書かれていて盛り上がるので、もし明都さんがお気に召したならば、ぜひ続きも読んでみてくださいね♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2011/11/19 07:41 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/982-5f0c741b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)