FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『ちどり亭にようこそ4 彗星の夜と幸福な日』十三 湊 




ちどり亭の店主・花柚と総一郎の結婚式まで、ついにあと数カ月。
そんなときになって、総一郎の祖母・咲子が突然ちどり亭を訪れる。
彼女はちどり亭を継ぐという彗太を試すような条件をつけてきて、それを受けて彗太は、一週間咲子のために弁当を作ることになる——。

『ちどり亭にようこそ』シリーズ第四弾にして完結巻。
もしかして前の巻で完結だったのかな?とか実はちょっと思っていたので、こうして四巻目が無事にでて読むことができて、とても嬉しく思います。

京都のちいさなお弁当屋さんを舞台につづられる、最後まで、幸福な日常のものがたりでした。
この作品世界の丁寧にきりりと暮らしを営む人たちの醸し出す雰囲気が、やはりとてもここちよい。じんわり癒されました。
季節の言葉の一つ一つも風流で響きも美しくて良きものです。
日本の伝統や年配者の知恵が随所に織り込まれる物語ですが、語り手が彗太君または花柚さんメインなので、読み手に取っては構えずにすんですんなり親しみやすいんですよね。
無邪気で育ちの良いお嬢様で若者たち(いや花柚さんも若者だけど)を家庭料理で優しく柔らかく導く花柚さんも、花柚さんの元で修業を重ねてまた着実に成長を遂げている彗太くんも、やっぱりとても好きだなあ!
姉弟のようなちどり亭のスタッフふたりに再び会えて嬉しいです。
ヒロインとヒーローのふたりそれぞれの恋愛の行方も読みどころ。
特に花柚さんと総一郎さんはすったもんだのあげくの結婚式直前。
ここまで、ようやく、辿り着いて……!!
と安心するにはまだ早く、この期に及んでまた横やりが入るところから、物語ははじまりました。

「冷や飯食い」と彗星の夜
本当に、花柚さんと総一郎さんの家族が店にやってきて、いいことがあったためしなんてないな……。いいところのおうちってすごいなとしみじみ。本当に苦労しますね。
その分受難を共に乗り越えて、このカップルの絆は一層深まっていっている、彗太君は成長していってる、ちどり亭はより素敵なお店になっていってる、とは思いますけどね。
冬のお弁当における冷たいご飯はやはり永遠の課題ですよね……!!私もお昼にレンジを使えなかった学生時代はお弁当の冷たいご飯がとても苦手だったので、良くわかります。あたたかスープ弁当のありがたみがつたわってきます。
私、夫の事嫌いなのよね!という咲子さんの爆弾発言には、花柚さんと彗太君共々あっけにとられましたが(苦笑)、なんだかんだ言ってこのふたりの間にも、確かな温かい情を感じたのも、確かです。
大根餅やおあげがじゅわっとした衣笠丼や鶏団子のほこほこお鍋がおいしそう。
彗太君の名前、私も前々から素敵だなと思っていたんですよね。
素敵なエピソードがまたひとつ追加。
いつの間にか進路が決まった形になっている彗太君に、菜月ちゃんが焦るのは、ちょっと分かる気が。
実際成長しましたよね彗太君。
咲子さんにも冷静に自分で意見を言って自分の意志でお弁当作りを決めていましたし。
あの総一郎さんも褒めていたし!

松風焼きと年の暮れ
台湾土産のパイナップルケーキに縁起物クッキー、学生さん達のふわふわパンケーキ研究会が、楽しそう&おいしそう。
私も幸福を呼ぶ……にあやかったお菓子を食べたくなってきました。あとパンケーキも食べたい。
野乃香ちゃんと康介君、つんけんしているけれど微笑ましいですねえ。ふふふ。
松園さんと安藤さんふたりの関係も微笑ましいというか、なんというか、最後まで読んでほっこりしました。
なんだかんだ世話焼きで年配者にも可愛がられている(?)美津彦さんも微笑ましい。
松風焼きの「うらさびし」と「うらがない」の解釈の違いも面白いなと思いました。

「よいお年を」
一年に交わす言葉の中で、いちばん美しい挨拶だと思った。
新しい年は、だれのもとにも訪れる。
あなたの新しい一年がよいものでありますように。
人の幸福を願っても、自分の何かが減るわけじゃないのだから、たくさんたくさん願えばいい。  (136頁)

季節柄もあって、ここの辺りの言葉が今回特に心に染み入りました。

脅迫状と味卵
今度は味がしみしみの味たまごを食べたい……!!
脅迫状は穏やかならなかったですが、幸いにして今回の犯人は、まあ可愛らしくてほっと胸をなでおろしました。
永谷氏の「弁当の中身が前もってわかったら、楽しみが減るじゃないか」が、こんな場面なのに可愛くてうっかりときめきました(笑)。美津彦さんへの人でなし発言も、花柚さんへの愛も同時に感じて、いっそうときめきました。
さて莉緒ちゃんあれから上手くいったのかしら。
五種類のおにぎりもチキンの梅しそ照り焼きも、おいしそうなお弁当だなあ。
花柚さんが莉緒ちゃんに親身になったのには、また理由がありまして……というのが番外編に続く。

サムシングパープルと幸福な日
ついに花柚さんと総一郎さんの結婚お披露目パーティー。
「サムシングパープル」とはあまり聞いたことがないなと思いましたが、なるほど、そういうことね。
彗太君のとっさの機転のブルーベリー餡のひとこまがとても良かった。彼の成長と花柚さんへの思いを改めて実感しました。
美津彦さん意外に(失礼)やるときはやるひとなんですよねえ。
麻里依さんの祝電も、良かった。
最後の場面の春の天丼弁当もものすごく美味しそうです。

番外編 十年後の弁当 ウィークエンドにいちごシロップ
『赤毛のアン』シリーズを彷彿とさせる甘くロマンティックなタイトルの番外編は、なんと総一郎さん視点のおはなしでした。
高校時代の彼の母親とのバトル生活が、彼も普通の男子高校生だったんだなと、微笑ましくなりつつ。
花柚さんのことはまあそんなに距離が近い訳ではなく、それでも彼女の人生に責任を感じてちゃんとデートをしてあげるあたりが、真面目な総一郎さんらしい。素敵だなと思いました。
お弁当本当に十年後で良かったですよね……!!神様に感謝しなくてはいけないレベルでこれで良かったのでしょう。
何より最後の花柚さんへのお手紙が、彼女への愛情がひしひしと伝わってきて、思わず目頭が熱くなりました。
本当は総一郎さんだって何度も手紙書き直してたんだなーと種明かしされると、余計になんというか、愛情を実感します。

これにて完結ということで、欲を言えば彗太君がちどり亭の店主になった未来のお話もちょっと読んでみたかったなとか、花柚さん達の子供も見てみたかったなとか、色々思いはしますが、きれいにまとまったシリーズでした。
私も一応毎日お弁当作りをしているわけで、すべてはとても無理ですが一寸取り入れてみたいアイデアが満載で、そういう意味でも良いシリーズでした。
美味しいものが好きな方、京都ものが好きな方、お弁当作りに興味がある方には、特におすすめなシリーズです。


ここ一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 日常のお話

タグ: 十三湊 

『Unnamed Memory』書籍化とか 

ブログ感想記事を書く気持ちと時間のゆとりがちょっと足りなくて、でもちょっと語らずにはいられない情報を目にして、メモ程度に更新。

ここ数年来私がずうっと夢中になっているオンライン小説『Unnamed Memory』が来年の1月に書籍化、ということで、早くもネット上で表紙イラストがアップされていました。
こちら

うわあああ、オスカーもティナーシャも、私の中の事前のイメージ以上にイメージ通りのイラストで(←意味不明)、素敵すぎて倒れそうです。
オスカー鍛え抜かれた武闘派で格好いいね!瞳の色がまさに夜明けの空の色で美しい。
ティナーシャの浮世離れした清楚な美貌も素晴らしいです。黒髪の細部までの質感がいい。
そしてナークも、背景のファルサスのお城(たぶん)も、描写が細やかで色味も良い感じに派手すぎず質感までイメージにたがわず素晴らしいです。
ああ、来年が待ち遠しい。
年末の同人誌の新刊も楽しみにしています。(相変わらずどっぷりファン)

『Landreall』と『ボクラノキセキ』の新刊どちらも素晴らしく読み応えがあって楽しかったですし、少し読みはじめたオンライン小説も楽しいし、合間合間にそこそこ読書にいそしんでいます。

12月にしては気温高めの日が続いた後で急に寒くなってきましたが、ブログを読んでくださっている皆皆さまも、どうぞ、ご自愛くださいませ。


ここ一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 本の話題・おすすめ本など

11月の読書メーターまとめ 

ついに2018年もあと1カ月になってしまいました。
日々明るい時間がどんどん短くなってゆき物寂しい。
その割に寒さはまださほど厳しくないので、過ごしやすいと言えば過ごしやすいですね。

さて先月の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『ゆきうさぎのお品書き』『弁当屋さんのおもてなし』
まんが 『おちくぼ』『世界で一番悪い魔女』

『ゆきうさぎのお品書き』『弁当屋さんのおもてなし』ほっこりやさしい作品世界とおいしそうなお料理と初々しいロマンスに読んでいて癒されました。どっちのシリーズも作品設定や文章やしっかり安定していてキャラクターにも嫌味がなく丁寧で、読んでいて安心してひたれます。
弁当屋さんのおもてなしの影響で、私は先週お弁当にナポリタンを作りたい!と途中まで覚えていたのに、いざ作ろうというとき思い出せずに気が付いたら塩味ブロッコリーとささみのパスタを作ってしまっていました。美味しかったけれど違う(笑)
あと碧ちゃん災難だけれど本当に上手くいってほしい。現実はとても厳しいけれど、物語の中だからこそ、一生懸命頑張っている人には報われてほしいです。
まんがでは、『おちくぼ』の完結巻が、とても良かった~!!山内直実さんバージョン『落窪物語』、縫い物大好きな姫様と「チャラ男」からはじまり姫一筋になった道頼さまのカップルが巻が進むごとにはまってきていて、気持ちコミカルで明るい気持ちで読めました。
四の君の結婚が幸せなものになったのが良かったですね。
『世界で一番悪い魔女』恋に落ちた自分に戸惑っている教授が子供っぽくて可愛い(笑)。賢くて健気な双子ちゃん達もお気に入り。

今年のベスト本もじわじわ考えていく時期ですかねえ。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(12月) 

今月の新刊もまだ積み残していますが、来月の新刊購入予定メモも。


『隣の席の佐藤さん』森崎緩 12月5日

『そこをなんとか 15』麻生みこと 12月5日

『黒猫のいない夜のディストピア』森晶麿 12月5日

『海街diary 9』吉田秋生 12月10日

『舞妓さんちのまかないさん 8』小山愛子 12月12日

『ながたんと青と-いちかの料理帖-2』12月13日 磯谷友紀

『没落令嬢の異国結婚録3』江本マシメサ 12月15日

『後宮の烏2』白川紺子 12月18日

『3月のライオン 14』羽海野チカ 12月21日

『乙女なでしこ恋手帖 佳き日の彩り』深山くのえ 12月26日

『乙嫁語り 11』森薫

わ、なんだかたくさんありますね~。たのしみ!
なんといっても『乙女なでしこ恋手帖』の続きが無事に出そうなことが、うれしいです。
深山くのえさんの少女小説ワールドのファンですので……。
『後宮の烏』も待望の続編。少女小説とは少し趣のことなる設定の後宮ものなので、どういう風にお話が展開していくのか読めなくて、楽しみです。
あと大好きなオンライン小説のひとつ『隣の席の佐藤さん』の書籍化もすごくうれしい。

来年の1月には『Unnamed Memory』もついに!!書籍化されるようで、感激でふるえています。


ここ数日の間それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

拍手メッセージ返信・11月 

今年は紅葉が早いな~とかぼんやり思っていて、ふっと気づいたらもう11月も下旬。
むしろ遅い?
もう季節の感覚がよくわからないです(笑)。
青空に色鮮やかな木々の色が映えて美しいですねえ。

さて今日の記事は11月20日にいただいた拍手メッセージへの返信です。
追記より。


ここ一週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
ブログ書く時間どころか本を読む時間も思うように取れないのですが(でも読んでますが)、その間にもブログを読んでくださっている方がいらして、嬉しい。とても嬉しいです。

-- 続きを読む --

カテゴリ: 拍手メッセージ返信

『魔導具師ダリヤはうつむかない1 今日から自由な職人ライフ』甘岸 久弥 




「もう、うつむいて生きるのは、やめよう」
魔導具師で、前世からの記憶持ちでもあるダリヤ・ロセッティは、決められていた婚約者から手ひどい婚約破棄を受けて、他人の顔色をうかがうことなく自分のやりたいことをして生きよう、と決意する。
大好きな魔導具師の仕事を頑張って、好きなところに行き好きなものを食べる生活。
彼女が前世の記憶も活かして作りだす魔導具は、人の笑顔を生み出し、ダリヤの周囲には次第にたくさんの人が集まってゆく——。


小説家になろうさんのオンライン小説の書籍化第一巻。
はじめネットで読みはじめたらたいへん面白くて、書籍も購入して読み、さらにネットでその続きも全部読んじゃいました。
(Web版『魔導具師ダリヤはうつむかない』)

かつて日本人として生きてきた前世の記憶を持つダリヤさんが、異世界にて魔導具師のお家に生まれて修行を積み、生活を便利に豊かにする魔導具(日本の感覚では家電製品、かな)作りを仕事として日々を営んでゆくお話。
ものすごくドラマティックな展開があるわけではなく淡々と穏やかな日常が続いていくお話なのですが、面白いのですよ、これが。
何とも言えない独特の味があって、一度やみつきになると、やめられないというか(笑)。
最新話辺りに出てきたするめ……いや違う、クラーケン(!)の干物のようです。かめばかむほど味が出てきます。
Web版はすでにけっこうな長編になっているのですが、毎日少しずつ読み進めて現時点での最後まで、読み切っちゃいました。

淡々と穏やかな日常、というのが、読んでいると安心感があって、かえってこのお話の良きところです。
異世界なのだけれど現代日本と重なっているところは重なっているゆるい感じ、でも日本の生活で家電製品が賄っている部分を、ダリヤが前世の知識を生かして魔導具で埋め合わせをしていくという辺りが、さりげなく工夫されていて、面白い。
言葉にすると簡単そうだけれど、きっとこんなに新魔法具を作りだせるのは、ダリヤだからこそで。
真面目な勉強家で仕事熱心で、腕のいい職人肌、謙虚でさばけた性格のダリヤ、かなり好感度高い女性ですし、格好いいです。惚れ惚れしちゃう。

序盤の婚約破棄のあれこれは、まあ、結果的にダリヤにとっては、これで良かったのだと思います。
トビアスは色々最低ではありますが、あとになって彼視点のエピソードも読んでいくと、なんというか、彼の気持ちも分からないでもなかったというか。
エミリヤも嫌いにはなりきれない。ごく普通の人としての打算と野心ですよね。これからずっとダリヤと比べられつつ生きなければいけない彼女もちょっと辛いよね……といってそんなに同情はできないけど。
何はともあれ、ふっきれたダリアさんの姿が清々しく気持ちが良くって、周りの人達のサポートが心強くて、彼女の新生活をまずは応援。
そして、ひとつの出会いが。

森で行き倒れていた魔物討伐部隊の騎士・ヴォルフを助けて介抱したことから、ふたりの身分や立場、性別を超えた友情と交流が生まれます。
魔導具好きのダリヤと魔剣好きのヴォルフ、趣味が被っているふたりが一緒に楽しそうにおしゃべりし時を共有している場面が、なんとも良い感じです。
特に美味しいものを一緒に食べている場面が好き。
チーズフォンデュの場面は特に印象的でお気に入りだったので、書籍でイラストが付いて嬉しかったです。
ものすごい美貌の青年なのだけど美貌すぎて薄幸の人生を歩んできたヴォルフ。
彼のためにダリヤが妖精結晶の眼鏡を作って贈るところが、やっぱりとても好きだな。
彼女が眼鏡を作っている場面の真摯な横顔のイラストも秀逸。
ふたりの友情と、ほんの少し糖分があるかないかの関係が、たまらない~!
読み進めていくごとに、ヴォルフの方は特に気持ちがあるのだと思うのだけれど、彼の中ではやっかいなトラウマがあるというか、なかなか具体的な方向には進まず、もどかしい。
ダリヤも婚約破棄とかあったから恋愛事を避けている感じがありますからねえ。
でも無意識に?嫉妬して周囲を思いっきり牽制しているヴォルフはちょっと隠せてないよね。
あまりこじれずにうまく収まってくれるといいのだけれど。
身分の差もやっぱり大きそうですしね。
さあ、どうなる??

幼馴染のイルマとマルチェラ夫婦、ギルドのガブリエラさんにイレネオさんにドミニクさん達、みんな頼もしくていい人で心からダリヤの味方で、読んでいて心強いです。
特にガブリエラさんは女傑と言いたい感じ。どこまでもついていきたい!
あとダリヤもすごいけれど、彼女の亡き父カルロさんも相当すごい人だったんだろうな。とエピソードの端々からにじみ出る優秀さとお人柄が良い感じです。
ほとんどエピソードとしても出てこないダリヤのお母さんもちょっと気になりますが。

あとこのお話の欠かせない魅力のひとつは、食べ物だと思います。
一見グルメもののお話にはみえないのですが、なかなかどうして、読んでいると至るところでおいしそうなものが出てきて、おなかが空いてきます。
最初に出てきたイルマのお手製サンドイッチや森の中で食べたパンとチーズとソーセージの素朴な昼食から、なんでもない日常の食べ物なのに、描写の端々から美味しさが伝わってくる!
ガブリエラさんとダリヤで食べていたパンケーキもおいしそうだったし、屋台の軽食もほどよい異国情緒があって魅力的でした。
いちばんはやっぱりチーズフォンデュだったかな。
Web版の続きまで含めると、ヴォルフのお土産シュークリームやひきにくラビオリもどき、チーズケーキ、あと紅牛とかクラーケンもなかなか興味をそそられます。
ダリヤとヴォルフの酒飲みコンビの食卓なので、美味しいお酒も豊富。

先のエピソードまで含めるとオズヴァルドさんのエピソードとかお気に入りです。三人の奥さんと仲良く暮らしているってなんというか具体的に想像できないけれど、でもすごい。
ヴォルフのお母さんの過去エピソードはなかなかシビアで辛い。
お兄さんと少しずつ関係修復できてきているようで、良かったなというところです。

書籍版の良きところのひとつは、なんといってもイラストだと思います!
ヴォルフの水も滴る美形っぷりがイメージ通りに描かれていて素敵です。色気も漂ってきてます。
ダリヤやイルマや生き生きと元気な女性陣も可愛らしくて美人で素敵です。
眼鏡っ子のダリヤも可愛くて好きですけれどね(笑)。
あと表紙のスライムがかわいそう……なのかな?


Web版も書籍版も続きを楽しみにしています。
私はやはり少女小説読みなので、ダリヤとヴォルフの二人の仲の進展が、気になる!!


この二週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: オンライン小説

タグ: 甘岸久弥