FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『Unnamed Memory Ⅱ 玉座に無き女王』古宮 九時 




契約の下一年という期間をファルサスで共に過ごすオスカーとティナーシャ。
そんなふたりのもとに、魔法や禁呪絡みの不可解な事件が続いたのちに、ラナクという不審な魔法士の青年が現れる。
ティナーシャのかつての婚約者であったという彼は、大陸の完全支配を企てているようで——。


『Unnamed Memory』書籍化二巻目発売。おめでとうございます!!!
再びこの分厚くて重厚な雰囲気がふんだんに醸し出されている書籍を手に取れる幸せを、かみしめてしまいました。
やはり表紙のカラーイラストが秀逸です。
派手ではないけれど深さと重みとほの暗さを感じる背景の色遣いがたまらない。
戦いの姿勢のオスカーとティナーシャの背中合わせの構図も格好よくてしびれます。

表紙を開くと大陸の地図があってこれは嬉しい。
(そしてカラー口絵のラナクの麗しさにうっかり悶える)

さてこの二巻目の部分、Web版でも何度も繰り返して読んだお気に入りのエピソードが多くて、特に楽しみにしていました。
実際に読んでみると、書籍版の加筆エピソードが大小ふんだんにあって、読み応えも増していて、とっても面白かったです!!


以下は一応ネタバレ含みということで。お願いいたします。


最初の『魂の呼び声』は追加エピソード、かな?
魔女の時代のはじまりのエピソードも禁呪絡みの事件もヘビー。
そしてラナクの本格登場。オスカーの呪い解呪。ナークの引継ぎと去ってしまうティナーシャ。なかなか急展開だな。
オスカーの呪いの解除で、ラヴィニアの呪い(祝福か)にティナーシャが相殺の呪い(魔法?)をぶつけて相殺する詠唱が、意味を考えるとなかなか深い。女三人の愛情を考えてしまいました。そしてティナーシャ本当に優秀だな。
ティナーシャがオスカーに一度覚悟を決めて別れを告げる場面も、イラストも相まって印象的でした。
あ~、シルヴィア達が頑張ったティナーシャのおめかし姿を実際にイラストで見られる時が来ようとは、嬉しいものです。
加えて浮かび上がったティナーシャがオスカーの瞳をのぞき込むという構図が私はとても好き。

『深淵の生まれる時』(←章タイトルすごく好き)~『夢の終わり』
このあたり私本当に読み返して読み返しているので、あ、ここが加筆部分だ!とかある程度分かるのが、一層楽しかった。
ティナーシャがラナクと去った後、ルクレツィアさんがオスカーと魔法士たちに語るティナーシャの凄惨な過去。そしてオスカーたちの決意。そんな皆を満足そうに見つめるルクレツィアさん。何度読んでも好きです。
もちろんティナーシャの本名は私も暗記しています(笑)。
ティナーシャを救いに行くと迷いなく決意するオスカーの揺るぎない愛情、強さ、頼もしさに泣きたくなります。
十三歳の無邪気な少女であったティナーシャの孤独と絶望を思うと本当に心が痛い。辛い。
ティナーシャが四百年の後にオスカーとめぐりあえて、本当に良かったよなあ。
一方クスクルでティナーシャが得た忠実な臣下・レナートとパミラ。このふたりもすっごく好きなのです!
パミラの半ば押しかけ臣下なエピソードは微笑ましい。ティナーシャの優しい言葉は確かに私の心にも染み入りました。
魔法士憎しながらティナーシャに惹かれてしまい毎夜逢瀬を乞うルスト王子も、なんか悪い人ではないんですよね。彼の気持ちに全く気付かず律儀に毎夜訪れていたティナーシャの鈍さが彼女らしくて好き。
ラナクのあの詠唱、改めて読んでいくとなんだかな~という意味ですよね。まあ気持ちは分からないではないけれど。
ティナーシャの過去の清算の戦いの場面は読み応えがあります。オスカー頼もしい!!
ファルサスの宮廷魔法士なだけあるシルヴィアの戦いの実力のエピソードが加筆されていたのが個人的には嬉しかったです。
十二体の精霊継承格好いい!!

『お茶の時間』~
直前の戦いが大規模だった分ちょっと小休止的なエピソードが続く。
ルクレツィアさんの魔法入り菓子に毎回引っかかっているというティナーシャが可愛いのです。
そしてイカのイラストのインパクトがすごすぎる(笑)!
ニスレの夜の海のデートの場面、青の描写がとても美しくてふるえます。ティナーシャの衣装がなかなかきわどい。そしてナチュラルにラブラブ。
怪しい歌の持ち込み話。確かにラザルって、毎回オスカーに振り回されてるわりには毎回怪しげな話を自分から持ち込んできてますよね!吹き出してしまいました。
ティナーシャとオスカーにそれぞれ手伝わされたドアンとアルスのそれぞれの立ち位置と性格が出ていて面白いなと思いました。ドアンさすが優秀。
トゥルダールに保管されていた花嫁のヴェールのエピソードはじーんときます。

『緑の蔓』
Web版の記憶よりもずっと大物が背後に控えていてびっくりしました!(てっきり例のあれのエピソードがもっと膨らませられるのかと思っていた)
ハヴィとエルゼ達のエピソードは何度読んでも心がすこしざらっとする。ふたり自身というよりエルゼの周囲の感情を考えると……。
UMのさらりとしたロマンス描写だからこそさらりと読めるふたりの関係性なのかなと思います。
最強の魔女ではあるけれど相変わらず自分自身の傷には無頓着なティナーシャ、描写が痛い痛い。

一冊読み終えてみると加筆部分たっぷりですごいボリュームだったな!としみじみ思いました。
オスカーとティナーシャの少しずつ近づいていく距離感、無自覚ながらラブラブなやりとりもより丁寧に描かれていて、この点からも読み応えばっちりでした。

イラスト本当にティナーシャの服装が全部違っていて眼福でした。
ラナクがあんなに哀愁漂う美形でずるくないですか?(笑)確かにこんな優男風情ではティナーシャの手綱なんて取れそうもありませんが。
欲を言えばファルサスの臣下組のイラストもほしいです!!三巻ではぜひぜひ。
あとティナーシャのヴェールもイラストで見てみたい。

古宮先生のインタビュー記事と、書籍特典SSは、必見ですよ!!
SSのシルヴィアが元気がよくて優秀なファルサスの臣下っぽくて良かった。パミラとレナートもほっとしたことでしょう。
あと花嫁のヴェールで思っていたよりずっと表に出して喜んでいたティナーシャにもぐっときました。
本家サイト様の方の100題話には、ティナーシャの両親のエピソードもあったりするので、皆さまいずれ本家Web版の方もぜひ目を通されてみてくださいませませ(勧誘)。(ただし100題話あたりは全作品ネタバレごった煮状態なので要注意です)
他にもSSや企画ものネタやとにかく読んでも読んでも関連話が大量にあるので、読んでいて嬉しい悲鳴です。
今巻で出てきたキャラ同士の恋愛ネタ話もありますよ!!これは本編終了後に読んだ方がいいのかな。
最近ぽつぽつ『Unnamed Memory 』Web版読了されたという方をネットでお見かけするのでこっそりお仲間が増えて喜んでいる私です。
UMサイドストーリー、World Memoriae の一連作品は、すべて何かが繋がっているので、いずれすべて読んでいただきたいなあ。
なかでも『Void』はUMの外伝的な色が強い作品なので、サイドストーリーまで読まれている方には特におすすめ。綺麗で悲しい恋愛物語です。
書籍二巻目の内容に少し関係してくるのが『水の冠』。これも綺麗で悲しい恋物語です。この作品のヒロインは未だにつかみ切れない。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


追記以下にWeb版すべて込みネタばれのつぶやき。

-- 続きを読む --

カテゴリ: Memoriae シリーズ

タグ: no-seenflower 

私の好きな美味しい物語 12 マインのカトルカールとかパルゥケーキとか(『本好きの下剋上』香月美夜) 

超不定期「私の好きな美味しい物語」シリーズ。
前回の記事が2017年でした……。
い、いえ、つねに頭の片隅で覚えてはいましたし、書きたいと思ってはいたのですけれど。
なんだかここ何年かは美味しい食べ物がそのものメインになっているお話がたくさんあって、わざわざ別カテゴリで取り上げて別記事にする必要もそこまでない気がしてきた、というのもあったりして。

でも最近リクエストもいただいたことですし、ひさしぶりにこのカテゴリで語りたい!という作品も見つかりましたので。

というか、最近これだけしか語っていない気がする『本好きの下剋上』シリーズ。
まだぽつぽついろんな場面に行き戻りしつつ読み返し中です。


(※一応気を付けて決定的なネタバレは避けて書いたつもりですがでも初読の方には一部ネタバレっぽくなってしまっているので以下は注意してお読みください。すみません)



(カトルカールが表紙イラストに載っている巻の書影を選んでみました)

これまでの感想記事でも語っているのですが、このシリーズのメインは「本」「図書館」で、ヒロインのマイン(ローゼマイン)はとにかく本狂いで本のためにどこまでも突っ走っていくキャラクターなものの、けして本がすべてではないのが、ストーリーに深みがありたくさんの人に愛されている理由の一つではないかと思っています。
特に異世界の衣食住の描写、マインがそこに前世の技術を持ち込みいたるところで革命を起こしていく様も、読んでいて本当に面白くて、魅力的。
細部が丁寧に考えられキャラの心理描写、理由づけがなされて描きこまれているせいか、単なるご都合主義的な感じはしないです。それもすごいと読んでいて思います。

私はやっぱり美味しいものが好きなので、なかでも食の描写がやっぱり楽しいし、お気に入りです。
平民時代の初期パートは、なんでも自分たちで作ってみよう!という家庭科実践スタイル。トゥーリやお母さんと一緒にレッツクッキング!
貴族になってからのパートでは、お茶会や豪華なお食事会や貴族の奥様のレシピ交換や子どもたちへのご褒美おやつ等、ローゼマインが貴族社会で生きる強みのひとつになったというか。直接手作りの場面は減ってしまったけれど、でもそれもまた楽しいです。
昔から食い意地がはっている私は、子供の頃図書館で借りてきた雑学系絵本に、「アイスクリームは、メディチけのカトリーヌひめがおよめいりでフランスにもちこんだのがきっかけでひろまりました」という記述があったのを覚えているのですが。(当時はメディチ家が何なのかも全く分からなかったのですが、言葉の響きだけはなぜか覚えていた)
まさにこんな感じで、お姫様が好物のお菓子(のレシピ)を貴族に広めて、国や世界中にしだいに普及させていったんだなあ。とか。読んでいてすとーんと実感できました。

さてマインが広めた美味しいもの、非常にたくさんあるのですが。
なかでもいちばん心惹かれるおいしそうなものは、一巻目にすでに登場していた「パルゥケーキ」。
異世界の不思議植物にカルチャーショックを受けつつマインがお手頃素材でこしらえた、お手頃おやつ。
おからパンケーキのようなもの?でも描写を読んでいると、かぼちゃやサツマイモケーキのような優しいほっこりした食感と甘さなのかな?膨らし粉なしでもちょっとふっくらさせる効果があるのかな?もしかしてちょっとチーズケーキっぽい風味もあるのかな?……けして実際に食べられないおやつなだけに、よけいに想像をかきたてられる。非常に楽しいです。
シリーズが進んでもマインの懐かしく慕わしい味であり続けるところも、永遠のベストおやつという感じがします。

そしてもうひとつ、貴族の間で作中最も広がっているのが、「カトルカール」ではないかしら。
粉と卵と砂糖(はちみつ?)とバター(でなくても油)同量で材料も少なく、この上なく贅沢で美味しいお菓子ができるので、異世界トリップもの向きですよね。この四つの材料なら大抵の異世界で入手しやすいでしょうし(←謎視点)。卵を泡立てるという発想はすごいですよねえ。私もお菓子つくりするたびに思いますもん。
それはともかく、フリーダとイルゼさん達とのお菓子作りタイムから、まさかこんなにカトルカールが広まっていくとは、思わなかったですねえ。ベンノさんの目は正しかった。
お茶の葉をお菓子に混ぜ込んで使うという発想は確かになかなか思いつかないものかなと。抹茶ケーキをこの世に発明してくれた誰かに感謝しなければ。
お茶会の定番菓子になり、ダンケルフェルガーのロウレ入りとかストーリーが進むにつれどんどんバリエーション豊富になっていくのも面白いです。
でもカトルカールをこの世界で一番上手に美味しく作れるのは、やっぱりイルゼさんな気がします。

あとは素朴にカルフェ芋バター、マイン式スープ(ダブルコンソメ含むかな)、クリームとフルーツたっぷりクレープ、天然酵母ふわふわパンにピザ、ポテトサラダにハンバーグ、カツレツ、ラザニア、タニエのクリーム、思いつくままにつらつら挙げていくと色々なエピソードも思い浮かんできて、美味しそうだし楽しいです。
ダブルコンソメを「美しい」と表現する神官長、タニエのクリームが好きすぎてお母さまに禁止されてしまったコルネリウス兄様、チーズを切り分けるのにちょっと苦労していた優秀な側仕えフラン、お菓子大好きにこにこ二コラとアンゲリカの秘密の相談会、その他色々。
びっくり異世界体験エピソードは、パトゥ採りに加えてアーレンスバッハのお魚解体エピソードだったかな。
まさかお魚食べたい!というだけでこんなに大変なことになるとは(笑)。
あ、冬支度の解体エピソードもなかなかカルチャーショックだったなあ。

色々と本への愛情が行き過ぎで突飛なマイン(ローゼマイン)ですが、「美味しいものを食べれば、みんな幸せ!」というのが彼女の基本姿勢のひとつで、これが彼女が皆に何だかんだ愛されている背景のひとつなのでしょう。

それにしても、ルッツといい、フェルディナンド様といい、この二人が最初はマインの料理に餌付けされているというのも、興味深くはある(笑)。
私がいちばんときめいたというか、破壊力があったフェルディナンド様の台詞は、第五部の「記憶 その2」の、これ。
(Web版ラスト直前のエピソードなので反転させておきます。→私が懐かしくておいしく感じるのは君の考案した料理だ。……アーレンスバッハで知った
緊迫した場面でしたしさらっと流されていたけれど、すごくないですかこの台詞?しかも言ってるのフェルディナンド様ですよ、あの。
つくづくローゼマインは偉大だなと感じ入ったのでした。はからずして胃袋をつかんでしまったら、さて、どうなるか。
ローゼマインの家族としての心づくしの仕送りエピソードは私もとても好きです。

なにぶんものすごいボリュームの作品で、ご飯についてもまだまだ語りたいことがいっぱいある気がするのですが、語り切れないのでひとまず今日はこれにて。
私も美味しいものを食べて本を読んで明日も元気に幸せに生きないとね。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 私の好きな美味しい物語

タグ: 香月美夜 

4月の読書メーターまとめ 

時代が一区切り。
連休で時間がまったり流れていて嬉しい。

さて先月の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
まんが  LIFE SO HAPPY

ここ最近で見ても少ないですが、あれです、『本好きの下剋上』のWeb版をひたすら読んでいたということです(笑)。
新学期、電車が混む時期に本を何冊も持ち運ぶ必要がなかったので、ある意味ありがたかったな。
スマートフォンなら電車が混んできてもぎりぎりまで読書できるし。
いつもみたいに昼休みに抜け出して本を買いに行くこともできなかったし。
でもじつはまだ読んでる。
第五部ではアンゲリカとマティアスとレオノーレとエルヴィーラお母さまが好きだな。もっともっと好きなひとたくさんいるけれど。


昨日記事に拍手くださった方、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(5月) 

『本好きの下剋上』をひたすら読んでいて、気が付いたら平成最終日でした。
なんとなく、年末年始の雰囲気に似ている。
なので図書館やお店が普通に営業しているのが不思議な気分です。

さてそんなタイミングで来月の新刊購入予定メモ。

『Unnamed Memory Ⅱ 玉座に無き女王』古宮九時 5月17日

『谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話』竹岡葉月 5月17日

『コレットは死ぬことにした 13』幸村アルト 5月20日

『蛇苺の魔女がやってきた ぬばたまおろち、しらたまおろち』白鷺あおい 5月21日

『弁当屋さんのおもてなし まかないちらしと春待ちの君』喜多みどり 5月24日

『愛を語るなら密やかに 1』おむ・ザ・ライス 5月23日

『Landreaall 33巻』おがきちか 5月25日

『ボクラノキセキ 20巻』久米田夏緒 5月25日


待っていました『Unnamed memory』の新刊!!ティナーシャの過去が明かされてそれを受けてオスカーが決意をする下りが私は何度読んでも好きで、とても楽しみにしています。
『ぬばたまおろち、しらたまおろち』の続編も楽しみです。この表紙イラストはようやく雪乃丞ですよね?凛々しくて格好いい。
オレンジ文庫の新作が三つほど気になっているのがあって、もしかしたら全部買っているかも。
ランドリオールとボクラノキセキの新刊も楽しみですねえ。
『愛を語るなら密やかに』、Twitterで流れてきてはまったネット掲載漫画です。マフィアの優男風ぼっちゃんとメイドさんの身分差ものロマンス。話が進むごとにふたりの背景が見えてきて、絵も美しくて、切ない展開に。たのしみ!!

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

『本好きの下剋上』第五部~番外編 

4月後半またひたすら『本好きの下剋上』Web版を読み進めていました。
10連休初日に本編完結まで読了!
おおお、そうくるか~!!!
とてもとても素敵なハッピーエンドでした。
読み終えて心が幸福感でじわじわっと満たされました。
そしてファンの皆様が何度も読み返されているのも納得で、ここ何日か再読&番外編をスマートフォンでぽちぽち読書しかしていない気がします。
わたくしは大長編にはまったら細部にわたる世界観や人物等の設定まで読みこむのが大好きなタイプなので(『Unnamed Memory』とかね)、小説家になろうさんやふぁんぶっくで色々読めるの嬉しいです。
ようやくネタばれを気にせずにすみからすみまで読みこめる幸せ感。

というわけで、追記以下に完全ネタばれ交じりの感想語りを書き残しておきます。
まだすべて再読しておらず勢いで細かなところまで気にせず読んでた部分もあるので、何か違っていたら申し訳ないです。


その前に、この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: オンライン小説

タグ: 香月美夜 

『本好きの下剋上』第四部Ⅱ~第五部少々 



今月に入ってからの私は、ひたすらこちらのシリーズを読み進めています。
現時点で書籍化されている最新部分に到達した後、Web版にも手を出してしまった。
今は第五部、残り90話ぐらいかな?

すごい勢いでだーっと読んでいるためその場その場でぐっときたポイントをいくつも取りこぼしていそうですが、それでも先を読み進めることを優先したい!ということで、ほんのメモ程度に感想を。
いや本当、第四部のラスト~第五部への衝撃の展開、それに伴ってローゼマイン達に生じたぴりっとした緊張感が、たまらないんですよ。
これは確かにフェルディナンド様格好いいです。心から納得しました。


この二週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


-- 続きを読む --

カテゴリ: ファンタジー(西洋風)

タグ: 香月美夜