Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『下鴨アンティーク 暁の恋』白川 紺子 




慧に想いを告げてから関係がぎくしゃくしてしまっている鹿乃。
そんななか、知人に紹介されたのは、蔵の着物に関わりを持つ青年。
彼の大伯母の椿の振袖を蔵から出してきた鹿乃だったが、描かれた椿がすべて落花してしまい——。

『下鴨アンティーク』の新刊を心の支えに最近は生きてきました。
うーん、やっぱりめっちゃ好きやね!何度も読み返しては、ずっと世界に浸りきっていました。
お着物や花や古典文学やひとつひとつのモチーフのロマンティックさやしっとり優雅で美しく流れるような文章、はんなりやわらかく響く方言、京都のたたずまい、そして少しずつ表に出てきた鹿乃と慧のロマンス。すべてがいとおしくてたまらないです。
物語のモチーフを一つのイラストに美しく収め描かれている表紙イラストもやはり秀逸。


ではでは、以下はネタばれもありの感想になります。


前巻がとても気になるところで終わっていた今回。
読み終えて、鹿乃ちゃん、良かった。もう本当に良かった。ほっとしました。
あのラストからまあこうなってしまいますよね、と薄々思ってはいた展開で、鹿乃ちゃん辛すぎるし慧の気持ちも分かるしで、読んでいて痛々しくて見ていられなかったのですが、いやあ、良かったです。
鹿乃と慧の恋の行方が今回のお話のメインで、あと今回際立っていたのは、普段ぐうたらな良鷹お兄ちゃんの活躍っぷり。
良鷹がどれほど鹿乃を大切にしていて彼女の幸せを願っているのかひしひしと伝わってきました。
あと鹿乃のお友達の梨々子ちゃんと奈緒ちゃん、慧のお父さん田村教授、恋敵であるはずの春野さんまで、みんなが鹿乃と慧の関係が上手くいくよう後押ししている感じがして、こんなにたくさんのひとたちがふたりを見守っているというところにも、頼もしく心があたたかくなりました。

不思議な着物をめぐる三つのお話が、すべて、鹿乃と慧の現在の難しい状況とどこか重なるものになっていて。
喜びも苦しみも内包し実ったロマンスを解き明かしていくごとに、ふたりの心や関係も少しずつ変化してゆき……というお話の構成も、素敵でした。
あと今回ますます、鹿乃ちゃんは周囲の手を借りつつもあくまで自分自身で着物のことに取り組み解決していて、確かに鹿乃ちゃんが蔵の管理人、巫女姫だというのも、納得というか、しっくり馴染んできているように思いました。
皆が鹿乃ちゃんに不思議と心を開き胸の内を打ち明けるのも、彼女の資質なんでしょうね。

『椿心中』
慧の返事にやわらかく微笑んだ鹿乃の場面が辛くてやりきれなかった。
そして「だって、生きてるやん」「慧ちゃんは生きてるし、死んでないんやから泣くことやないと思う」(58頁)の鹿乃の台詞が、胸にずしりとくる。鹿乃のために泣いてくれる友人二人の姿に私も泣けました。
満寿さんのたまごいろにかがやく海老ピラフもやっぱりとてもおいしそう。
「あたたかい料理というのは、どうしてこう、ひと噛みごとに胸の内側に染みこんでくるのだろう。」(57頁)
心中のお話は穏やかならず、古代神話の悲恋物語とも重なって、重たくて辛かった。
でもだからこそ、椿を祝福のものと変えたのが素晴らしく、稜一さんと紗枝さんのふたりが前向きな気持ちになれたようなのも嬉しく、そんなふたりに瀧子さんがこれからは力になってくれるだろうということが、心強い。
掛け算の愛、いいですね。鹿乃ちゃんらしい。
良鷹と鹿乃がドーナッツを食べている場面も好きでした。ドーナツとココアがおいしそうでよろめきました。
慧がなぞらえた『椿姫』の一節も胸を打ちました。
最愛の妹を慧に取られたと十年前からずっと拗ねていたらしい良鷹お兄ちゃんが気の毒で可愛かった(笑)。

『月を隠して懐に』
おさるさんがかわいい。
笛の先生と年下の奥様の恋のエピソードを辿り、自身の恋とも重ね合わせて、という鹿乃ちゃんの姿が印象的でした。
慧が母親の実家へ出かけ不在というのもあり、良鷹が本当に大活躍でいったいどうしたんでしょう(失礼)。
確かに、両親と祖父母を喪い一番つらさを抱えているのは、良鷹なんだろうな、と思いました。
鹿乃の髪をゆったり着物をきせかけたりする良鷹さんのかいがいしさといったらもう。
鹿乃さえいてくれればそれでいい、というのがね。泣けますよね。
真帆さんレシピのマヨネーズ入り玉子サンドがやっぱりおいしそうです。あの良鷹が気にいってまた食べたいというのだから相当ですよね。
そして慧が鹿乃の想いを受け入れられなかった原因のひとつは、両親の姿を見てきていたからこそだったのか。
田村先生と慧の旅館にて会話の場面も好きでした。
鹿乃のお守りを心のよすがにしている慧の姿にもぐっとくる。

『暁の恋』
梨々子ちゃんと奈緒ちゃん、良鷹お兄ちゃんが煮えきらない慧ちゃんをそれぞれたきつけにくる場面が好きだー(笑)。
春野さんも、最後までやっぱりよくわからないお人だったけれど、こうなってみるとなんだか気の毒だなあ。
最初は特に本気でもなく鹿乃にちょっかいを出していたけれど、そのうち本気で鹿乃に惹かれたということだったんだろうか。
カイロをふたつ持っていたところが、なんか、春野さん好きだなと思いました。
慧ちゃんの飾り気のないまっすぐな告白と、慧への気持ちは絶対に譲れないと腹をくくった鹿乃のふたり、本当に良かったです。ううう。
美根子さんと和泉式部と梅の帯のエピソードも良かったな。和泉式部の伝説って面白いですね。はるみさんも素敵な女性だなと思いました。
草餅と牡蠣フライが食べたくなってくる(笑)。ツナと白菜の玉子とじどんぶりも想像するとおいしそう!
最後のふたりデートの場面が可愛らしくて幸せすぎました。花尽くしの着物を着て初めてのデート記念に押し花を作ろうかという鹿乃ちゃんが可愛すぎて、それは慧ちゃんもめろめろでしょうと納得でした(笑)。
それにしてもさすがにここでプロポーズが来るとは思わず、早!
でもここで結婚の言葉が出てくるのもなんだかこのシリーズらしいし、生真面目で古風な慧ちゃんらしいし、なによりこれまで同居していて一緒に台所に立ち料理を作っていた鹿乃ちゃんと慧ちゃんはもう恋人を通り越して若夫婦的な空気をまとっていたし、うん、良いんじゃないでしょうか。
鹿乃ちゃんが幸せならば。
「おまえは地面に落ちてるものを拾うのが好きなんだな」
「地面が近いから、目に入るんや。慧ちゃんは地面が遠いから気づかへんのやろ」
なんて241頁のなんでもないやりとりもお気に入りです。

『羊は二度駆ける』
良鷹と真帆さんのお話。良鷹メインのお話はやはり気持ちブラックというか救われないお話が多いかな。白露が格好良かった。
ううん、鹿乃ちゃんが慧とつきあいだして喪失感に囚われている良鷹がなんか報われなくて気の毒だな……。
良鷹のシスコンっぷりが改めてひしひし伝わってきますね。確かに高校二年生でつきあっている彼女に「妹の方が大事」とためらいもなく言ってしまうような人は間違いなく重度のシスコンですよね。
良鷹も真帆さんも、自分たちの関係について、恋愛ではないと迷いもせず否定しているけれど、私は良鷹さんと真帆さんのふたりの組み合わせがとても好きなので、ふたりで幸せになれるといいのになあ、とどうしても思ってしまう。
でもまあ、そもそも良鷹には友人が慧くらいしかいないということだったので、そう思えば今回の真帆さんのラストの台詞は大進歩なのかもしれない(笑)。
さばさばしていて賢くて弁の立つ真帆さんは、良鷹の影のある部分を上手く吹き飛ばして場面を明るくしてくれてる気がして、そういう意味でも相性がよいと思うのですが。
良鷹のビーフシチューが最後に最大の美味しそうな場面でした。

とても幸せな読書のひとときでした。ごちそうさまでした!
きれいにお話がまとまっていて、これで完結とか……ではないですよね。そうですよね?
続きもとても楽しみにしています。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: オレンジ文庫

タグ: 白川紺子 

私的本の情報メモ(7月) 

梅雨入りしたとは思えない、からっと爽やかな晴天続きですね。
そこまで暑くはなく過ごしやすいのは嬉しいけれど、近所の干上がっている田んぼとか心配……。
あじさいの花がそこかしこで綺麗に咲いています。

そんな感じで6月も半分が過ぎ、来月分の新刊購入予定メモをここらで。
あまり厳密にチェックしていないので何か間違いがあったら申し訳ないです。

『ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき恋人セレナーデ』永瀬さらさ 7月1日

『そこをなんとか 13』麻生みこと 7月5日

『かげきしょうじょ!! 4』斉木久美子 7月5日

『バーナム効果であるあるがある』川原泉 7月5日

『鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 〜群青の花と、異界の迷い子〜』友麻碧 7月11日 

『おはよう、いばら姫 6』森野萌 7月13日

『おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻』石田リンネ 7月15日

『茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず』石田リンネ 7月15日

『ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け』小湊悠貴 7月20日

『青薔薇伯爵と男装の執事 番外篇 (仮)』和泉統子 7月25日


『おこぼれ姫と円卓の騎士』の完結巻!タイトルからして気になる~ネットで公開されている書影のレティも美しい~本当にレティの人生がどうなるのか、そわそわ気になって待ちきれない。
『おはよう、いばら姫』も『そこをなんとか』も『鳥居の向こうは~』も、続きが読めるのが楽しみすぎます。
久しぶりすぎる川原泉さんの新作も嬉しい。
あと『青薔薇伯爵と男装の執事』の番外編が書籍化!この作品の番外編を読みたいがために雑誌Wingsを初購入した私は嬉しくてはしゃいでしまいます(笑)。書きおろしもあるとのことでアッシュとアンに再び会えるのが楽しみでなりません。
あと一原みうさんや白洲梓さんのコバルトの新作やちょこちょこ気になっている作品もありつつ、積み本と相談しつつ……。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

私の好きな美味しい物語11 蒼生子ちゃんのとんかつ(『きっと夢になる〜お江戸夢紀行~』倉本由布) 

超不定期連載、美味しい物語シリーズ。
今回は主に高校時代にどっぷりはまっていた、コバルト文庫シリーズより。

倉本由布さん『きっと』シリーズ。
女子高生濃子ちゃんが戦国時代にタイムスリップして若き日の織田信長に出会い……からはじまる、ヒロイン三代に渡る、長編日本史タイムスリップものラブロマンス。
主軸は安土桃山時代ですが、娘のいわゆる「時のハーフ」蒼生子(たみこ)ちゃん編では、大和時代から江戸時代まで、幅広く「たいむすりっぷ」しています。
ちょうど昨日の六月十日が時の記念日だったようですし、ちょうどいいタイミング。(後付け)

倉本さんの日本史ものコバルト少女小説はとにかくたくさんたくさん!!あって、好きな作品もいくつもあります。
そのなかでもこの『きっと』シリーズは冊数も世界観も段違いで読み応えたっぷりで、高校時代の私はもう、はまりにはまりました。
私はちょうど娘の蒼生子ちゃん編から読みだしたのもあり、いまでも蒼生子ちゃん&信澄くんカップルがいちばん好き。
もう信澄くんの生真面目でストイックで格好よくて蒼生子ちゃんひとすじなところがたまらないです。信長もものすごい人を惹くオーラの持ち主ですが、やっぱり私は信澄くん派(笑)。
たいへん惜しむらくは、蒼生子ちゃん編に区切りがつかぬまま次世代編がスタートし、その後数巻でシリーズがストップしてしまったこと……。
なんだかお話を読んでいて仕方なかったんだろうなと思いはしたのですが、できれば私は、蒼生子ちゃん編の続きをきちんと最後まで追いかけたかったな。
でもそんなあれこれを差し引いてなお、今でも私はやっぱりこのシリーズが大好きです。愛してます。


例によって前置きが長くなりましたが(笑)、そんな倉本さん作品もまた、美味しそうな食べ物がぽつぽつ登場する少女小説だな、と私は昔から思っていました。
(あくまでさりげなく、ぽつぽつですが。現代日本が舞台になるとわりと出てくる比率が高いような)
倉本さんご本人のサイトでも、ごはんやスイーツのカテゴリがあった気がする。美味しいものがお好きな方というイメージです。

なかでも私が印象的だったのは、蒼生子ちゃんと信澄くんが江戸時代にタイムスリップする『きっと夢になる~お江戸夢紀行~』。
八百屋お七のエピソードをモチーフにした巻。





江戸時代にタイムスリップしてきたあとで、現代日本に帰ってきた蒼生子ちゃんが食べていたメニューが、とんカツ。
とんカツなんて江戸時代じゃ食べられなかったものね、という蒼生子ちゃんに、確かに!と高校生の私は膝を打ちました。
ひとくちごとに幸せをかみしめている蒼生子ちゃんの気持ちがすごくよく伝わってきて、彼女が現代の自分のおうちに帰ってきた安心感も、とんかつのボリューム感からしみじみ伝わってきて、なんというか、私はこのラストシーンが現在に至るまでとてもとても好きです。
現代日本の家庭の味の象徴として、とってもいい役割してますよね~。さすが倉本さん、お上手です。
(ちなみにとんカツを揚げたのは蒼生子ちゃん本人。女子高生にして一家の主婦役で父と弟三人家族の食をまかなっている蒼生子ちゃんは本当に偉いなあと、そういう意味でもより印象に残っていました。
蒼生子ちゃんがタイムスリップで不在の間はあまり美味しいものは食べられず、帰宅した彼女の手料理を心から嬉しそうにほおばっているおとうさんと大地くんの姿もいいよね。)

蒼生子ちゃんは読んでいくだに美味しいもの好きの女子高生で、あと印象に残っているのは蒼生子ちゃん編一巻目『きっと君のそばにいる』で「母親のことを思い浮かべろ」と突然言われた彼女が真っ先に挙げるのが、お母さんが作ってくれたプリンやシュークリームやチーズたっぷりのピザが美味しかったなあ……と、食べ物ばっかりだったところ(笑)。
和みました。蒼生子ちゃんは確実に私の同類(笑)。


私は蒼生子ちゃん編初期の、こんな感じで色々な時代に気軽にタイムスリップしているいくつかの巻が、いちばん好きだな~。
倉本由布さんの日本史ものアレンジの手腕が程よく少女小説でロマンティックで色々空想かきたてられるのがとても楽しい。
この巻の八百屋お七も、どろどろはしているけれどマイルドで、蒼生子ちゃんとちょっとミーハーなちゃっかり娘のお七ちゃんの友情が楽しかったり。
お話自体で言うならば平安時代編の『きっと待っている』がお気に入り。
紫式部と清少納言のエピソードの倉本さん風アレンジが私すごく好きで、こういう風だったら本当に楽しいよね、と日本史や古典の授業なんかで妄想を勝手にくりひろげていたものです。懐かしい。

シリーズ一作目『きっとめぐり逢える』




大長編で、シリーズ完結していない上に現在ではほぼ入手困難という、人にはたいへんお勧めしにくい作品ではあるのですが、この美味しい物語シリーズとしては、ぜひとも語っておきたかったのでした。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


カテゴリ: 私の好きな美味しい物語

タグ: 倉本由布 

『京都寺町三条のホームズシリーズ』巡りの記録 

はい。
というわけで、『京都寺町三条のホームズ』シリーズゆかりの地を巡る一日観光の、簡単な記録です。
追記より。
スマートフォンの写真をブログに反映させるのにようやく成功したので画像付きです。
かばんの中にはシリーズ6.5巻『ホームズと歩く京都』&読みかけの『わが家は祇園の拝み屋さん』の最新刊。
高速バスを利用しての日帰りのおでかけ。
雨が心配でしたが、現地はいいお天気でほっとしました。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 本の話題・おすすめ本など

タグ: 望月麻衣 

『わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢』望月 麻衣 




突然自分の特殊な力を失ってしまった小春。
その喪失感に加え、想いを寄せていた澪人との関係もぎくしゃくしてしまい、落ち込む日々。
そんな中、モデルとして活躍する澪人の姉・杏奈のスキャンダル報道が流れる。
小春たちは事実無根の内容に憤るが、世間の風当たりは強くて——。


『京都寺町三条のホームズ』シリーズの作者さんのもう一つの京都ものシリーズ『わが家は祇園の拝み屋さん』シリーズ、最新巻。
ホームズさんシリーズとはまたテイストが違って、女の子らしいはんなり和風ファンタジー小説、こちらも大好き~!!
なんだかもう、表紙イラストがまず美しく可愛らしくて世界観ぴったりで、眺めているだけでうっとり幸せに浸れます。
『桜月夜と梅花の夢』というサブタイトルと相まって、春らしく淡いピンクで桜の花も美しく、小春が着ている服のレースも和菓子もコウメちゃんも、とにかくみんな可愛らしい!大好き!(語彙力が足りない)

このシリーズ、平安時代ものネタ&前世ネタなどもがっつりストーリーに加わってきて、個人的にますます美味しくなってきています(笑)。
過去と現代、それぞれのロマンスが複雑に絡まり合ってきていて、しっとり切なくて、同時にときめいて仕方がないです。
京言葉はみやびで読みやすく優しい文章もいいし、和菓子も相変わらずおいしそう。

前巻のラストで一気に突き落とされて、どうなることかと心配していたのですが。
二重に落ち込みつつも、きちんと自分の気持ちに折り合いをつけて、しゃんと生活している小春ちゃんは、強いなあ。しみじみ感心してしまいました。
吉乃さんと宗次朗さんのさりげない見守りの態度があたたかくて本当に素敵。じんわりきました。

杏奈さんのスキャンダル騒動、一旦あんなに喜んだのにまた叩き落されて辛かったけれど、こちらもまた、彼女の身内の人々の見守る態度があたたかくて、それぞれが適切な距離感で手助けし助言をしていて、素敵だなと。
杏奈さん家の三姉弟のきょうだい関係がなんだか好きだなと思いました。お母さまも出てきて、彼女にも事情がありそうですね。
宗次朗さんの懐深さにしびれました。そして最終的に彼女を追っかけていった宗次朗さんの本心を思うとときめきますね!このふたりは一体どういう風に落ち着くのかなあ。
杏奈さんはあの表裏のギャップが、危うい一方、とても魅力的なひとだなと思います。今回一皮むけたようで、これから強かにいい女に頑張ってほしいなと思いました。

はてさて、前巻から謎だった澪人の胸の内、左近衛大将視点での過去語りもあり、少しは見えてきたかな。
玉椿姫の想いの結末も切なかったけれど、愛する姫を知らず不幸にしてしまったと悔やむ左近衛大将の恋も本当に切ない……胸がぎゅっと痛みました。
若宮の過去のあの発言の真意も語られ、ああ、彼は人ではない「神様」なんだなあ。と。
若宮君が悪いわけではないんだけれど、でも、玉椿も左近衛大将も報われないなあ……。思いを持てあます。
それにしても分からないのが澪人と和人の前世&現世の関係。頭の中にはてなマークがいっぱい(笑)。
和人と小春がやりとりしていたのを誤解した澪人が、小春にあんなに強い勢いであたったのは、どういうことなんだろう。
(ちなみにあのやりとりの後できちんと謝罪する澪人とそれを受け止める小春のふたりが、なんというかきっちり誠実に相手と自分自身の心に向き合っていて、とても好きだなと思いました……そういう意味でもこのふたり、お似合いだと思うんですよねえ。)
前世からつながっている皆の想いが複雑に絡まり合っていてすぐにはほぐれなさそうな感じが、なんか、辛いですね。

小春の力はやっぱり封印でしたか……。
三善君側の事情も分かってみるとこちらも辛い。でも和解できたようでちょっとほっとしました。
力を失っていた小春が、コウメちゃんからの伝言を受け取る場面が、この巻の中で一番お気に入りだったかも。小春ちゃんをひたむきに慕い見守るコウメちゃんのいじましさに心が洗われる思いでした。
安倍さんの不器用なほどのきっちり誠実なたたずまいも、好感が持てる。
あと小春に愛衣ちゃんという親友がいて、本当に良かったな!と色々な場面で実感しました。
占星術のレクチャーは興味深かったです。私もちょっと本読んでみようかな。

ラストあたりの小春と澪人のやりとりは独特の緊張感とときめきが。どきどきしました。
ふたりのぎこちなさがこの巻でだいぶ修復されてきて心の距離もまた縮んだようで良かったです。
なんとか上手くいくとよいのですけれど。
あと若宮君の発言の意味も気がかり。今度は何が起こるんだろう。

ところでこの最新刊を読んでいたのが、実は、京都への日帰りお出かけの高速バスの中。だったりしたのでした。
先月末、かねてから実行したくて仕方がなかった『京都寺町三条のホームズ』シリーズゆかりの場所めぐり、ついに行ってきたのです!!
当初はこの記事のあとにくっつけようとしていたのですが、見辛いので、やっぱり記事をわけることにしました。

なんというか、この『拝み屋さん』シリーズはやっぱり祇園の町の雰囲気で、『寺町三条』シリーズの雰囲気は、寺町三条のアーケード通りだなあ。と実際に行ってみて感じました。
本で読んでいたのみの世界に実際に行ってみると、物語が自分の中ではっきりと「生きる」感じがして、なんか、楽しいものですね。

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 望月麻衣 

5月の読書メーターまとめ 

6月ですね。むしあつい~。

さて、月がかわりましたので、先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特によかったもの
小説  『エスケヱプ・スピヰド』『ブライディ家の押しかけ花婿』
まんが  『嘘解きレトリック』『とんがり帽子のアトリエ』『コレットは死ぬことにした』

ネット上でお好きな方が多くて気になっていた『エスケヱプ・スピヰド』、バトルものからすっかり遠ざかっていた私としては最初ついていけるかちょっと不安だったのですが、いえいえ、面白いです。九曜と叶葉のふたりそれぞれのありようと絆が何といっても好き。
『ブライディ家の押しかけ花嫁』も『若奥様~』と同じ世界のお話で、可愛らしくファンタジックな少女小説。
表紙のカラーイラストが美しすぎる。ヒロインの魔法もかわいいなあ!
まんがですと、『嘘解きレトリック』の新刊がとてもよかった。鹿乃子ちゃんの洋装姿がかわいい!徐々にふくらんできたロマンスがとてもおいしかったです。
何かと話題だった『とんがり帽子のアトリエ』もよき魔法ものファンタジーでした。

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)